キュウリとナス栽培

キュウリ栽培

キュウリにも色々な種類がありますが、大まかに白いぼきゅうりと黒いぼきゅうりがあります。
一般的に通常お店に流通しているキュウリの9割が、この白いぼきゅうりと言われています。 
「八町キュウリ」は、長野県須坂市八町地区で昭和20年代ごろに育種され当地の名産でした。
「四川キュウリ」は、四葉キュウリを改良したもので、見た目に多くのいぼがあるのが特徴で、
今年、「四川キュウリ」 6本 「八町キュウリ」 2本、計8本を植え付けました。「四川キュウリ」は
市販の種を購入し、「八町キュウリ」 は長野県の栽培者から種を取り寄せたものです。

四川キュウリ

「四川キュウリ」は、甘さと歯切れのよさをもつ、昔懐かしいキュウリです。 果実の長さは
24cm~25cmくらいと短型の四葉きゅうりで、花色は濃くてイボは高く多いのが特徴です。

八町キュウリ

ナス栽培

ナスは、昨年栽培した「千両2号」と「庄屋長ナス」から、自家採取した種を保存し苗を作りました。
F1 (1代交配種) ではありませんが、我が家では極力自家採取した野菜種を使っています。
千両2号3本と長ナス2本に、鉢植えにした各1本ずつを含め計7本に実が付き始めていますが、
全部のナスが一斉に実を付けると、夫婦2人ではナスが取れ過ぎて、消化出来なくなりそうです。

千両2号

庄屋長茄子

「庄屋長ナス」は、果長は35~40cm、果色はツヤのある黒紫色で、高温乾燥下でも石なすが
出にくく品質がとても良いです。 果実内の種子が少なく皮は柔らかで大変美味しいナスです。
草勢は強くて立性で、枝も太く作りやすい品種です。 ナスの種子寿命は長く約4年~6年。

茄子初収穫

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

梅雨に咲く花

大待宵草 (オオマツヨイグサ)

黄色とは、まさにこの花弁を指して言うのでは、と思うほど綺麗な色です。 夕方開花するので、
一般的に 「宵待ち草」 とか 「月見草」 等と呼ばれ、花径は大きく、6~8センチくらいあります。
花弁はハート形で4枚あり、花の真ん中には柱頭が4つに裂けた長い雌しべが1本見えます。
その周りに8本の雄しべが囲うようにあります。

オオマツヨイグサ

大待宵草

昔は何処でも見られた「オオマツヨイグサ」ですが、最近は余り見掛けられなくなりました。
私はこの雑草如き花が好きで、わざわざ家の周りで育てているような次第です。

コマツヨイグサ

このコマツヨイグサ(小待宵草)は、道端や空き地に蔓延って咲く小さな花弁の花ですが、
生態系を崩す事から、何と場所によっては外来生物法により要注意外来植物に指定され
嫌われているそうです。 花は淡黄色で直径2.5㌢~3㌢と小さく、葉腋に長い花序を出し
1個づつ咲かせ、夕方に開花して翌朝しぼむ(曇りの日には昼過ぎまで開花が見られます)
花がしぼむとマツヨイグサと同じように赤く変色する。

露草 (つゆくさ)

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スイカ 空中栽培

 スイカ 空中栽培

スイカの栽培は、通常地面にツルを這わせて作るのが一般的な考えでしたが、一昨年から
我が家庭菜園では、何とか狭い菜園を有効活用する意味で、スイカを棚で作る事にしました。
棚にネットを張り そこにツルを這わせてスイカを生らせると、棚にかなりの重量が掛かります。
当然、大玉のスイカは重くて吊るせませんので、小玉スイカに限定します。 小玉スイカでも
10個以上生らせると総重量では相当な重さになります。 頑丈な棚を作る必要がありますね。
ちなみに今年作っているスイカは、昨年スーパーで買った小玉スイカがとても甘かったので、
その種を保存し、今年の春播種し苗を作ったものです。

 スイカ 空中栽培の様子

☝ の写真は、昨年栽培した品種マダーボールですが、結構大きくなり棚が壊れそうなほどでした。
空中栽培のメリットは、四方から日が当たるので、色むらが出来ず 結構糖度も上がるようです。
この品種 「マダーボール」 もF1ではなく、自家採取した種から苗を自分で作り育てたものでした。

 スイカのツル

 花壇のすいか

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

庭に咲く 梅雨時の花

 あじさい4種

毎年、我が家の庭できまって梅雨時に花を咲かせる常連です。 アジサイはこの季節になると
何処でも見掛ける花ですが、梅雨時の代表花でもありますね。

 ネジバナ

このネジバナも何時頃から来たものか分かりませんが、芝生の中であちこちで咲いています。

チェリーセージ

 クレオメ

センテッドゼラニウム(蚊連草)

 小判草

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

グリーンカーテン2種

パッションフルーツ

照り付ける日差しを避ける日除け対策に、植物を有効利用したグリーンカーテンがあります。
昔から知られたものでは、朝顔がそれの代表的でしたが、我が家ではパッションフルーツを
毎年植え付けています。 今年は植え付けが遅かったので、やや成長が伸び悩んでいます。
それでも今年は80個位収穫出来そうで、赤く熟すのを楽しみにしています。

パッシフロラ・エドゥリス (passiflora edulis)

パッシフロラ・エドゥリス

パッションフルーツは、夏果と秋果と二度花をつけ実を付けますが、受粉し結実した後から
熟すまでに約2ヶ月間ほど掛かりますので、露地栽培の秋果は寒さの時期を迎えてしまい
そのため赤く熟さず果実が青いままで終わってしまいますので、今生っているのが主体です。

ゴーヤでグリーンカーテン

ゴーヤもグリーンカーテンによく使われる植物で、我が家も西側の部屋の日除けに使います。
同時に実も生りますので、部屋の窓から順次収穫しては調理して食卓を飾っています。
プランターに4本植え付けてありますが、これでも充分実を収獲出来ますね。 まだ生育過程で
これからツルが伸びて雌花も出てくると思います。 下段からは既に雄花が咲き出しています。
余ったメロン (マクワ瓜) 系の苗を、ついで2本プランターに植え脇に置きました。

ゴーヤの雄花

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



カボチャの日除け

カボチャの日除け

南側に面した物置小屋に、カボチャ3本を植えてグリーンカーテンを作りました。 カボチャは
著しく成長が早く、毎日10㎝近く伸びています。 則枝が伸びてくるともっと葉で覆われます。

カボチャの日除けB

カボチャの品種は「東京カボチャ」ですが、ホクホクしたカボチャのはずがそうでもありません。
日除け代わりの副産物だと思って、味の方はあまり期待はしていませんが良く生りますね。

 カボチャの花

 カボチャの人工授粉

カボチャは虫が飛んでこないと受粉し難い性質があるので、朝9時頃迄に人工受粉します。
雄花を摘み花粉を雌花にこすりつけ受粉させますが、それ以降の時間帯になると受粉する
力も弱まってきますので、出来るだけ朝の早い内に受粉作業を済ませます。

 かぼちゃ

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

自家菜園の様子

 トマト18本

今年は天候にも恵まれどのトマトの生育も順調で、既に4段目の花が咲き始めています。
5種類のトマトは、昨年自家採取した種を蒔き苗を作りました。

キュウリ8本

キュウリはやや短めで、実の生りは少ないが美味しいと言う品種 「八町キュウリ」 2本と
いぼいぼが多くシャキッとした 「四川キュウリ」 6本の2種類が生育中です。

ナス5本

ナスも昨年自家採取した種を使った苗を育てました。 「千両2号」3本と「庄屋長ナス」2本です。
ちなみに、種子の保存寿命が長いトマト・ナス・スイカは、約4年~6年もあり発芽します。

 落花生と枝豆

落花生 「おおまさり」 は、毎年種用に確保した種を使いました。 探し当て取り寄せした種
小粒の「ジャワ13号」 5本の苗が加わります。

 ピーマン・トウガラシ・シシトウ

 サトイモとスイカ

サトイモは、昨年収獲した親芋をもみ殻の中で保存したものを植え、スイカは昨年スーパーで
買って、偶然甘かった小玉スイカの種を蒔き苗を作りました。 どんなスイカが出来るやら…

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

落花生2種

  ジャワ13号

「落花生」とはまさに名前の字のごとく、花を咲かせた後に子房柄と言う子房の下部が伸びて、
地中に潜り込んで土の中で実が育ちます。 調べれば落花生にも色々な種類がありますが、
我が自家菜園では、毎年千葉県特産で、大粒種の「おおまさり」だけを毎年栽培してきました。
「おおまさり」は大粒で煎るより茹でて食べる方が美味しいようです。 今年も既におおまさりを 
植え付けてあります。 以前から落花生の別品種を植えたいと思っていましたが、情報を経て
「ジャワ13号」という小粒種の落花生を知りました。 しかし、何処を調べても種の入手が難しく
半ば諦めていましたところ、ある種苗会社でやっと「ジャワ13号」の種を入手しました。

  ジャワ13号発芽

開花期から75日前後で収穫適期となる早生種。 草姿は立性で、草勢は強く、葉は鮮緑色。
莢の大きさは小さく、子実も小粒。 炒り落花生に適するそうで、収獲出来るか楽しみです。

 落花生(おおまさり)

                           にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

丈夫なサボテン

 サボテンの花

毎年の今頃、何の手入れもせずに半ば放任のサボテンで、種類や名前は分かりませんが、
それでもゴージャスな花を咲かせてくれます。 バラ園が閉鎖する時に、ごみ穴に廃棄処分
され埋められる運命のサボテンでした。 親指ほどの小さな株を貰ってきたのが始まりです。 

 サボテン開花間近

サボテン1

     サボテン2

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

     

トマトの誘引作業

トマトの支柱と誘引

トマトは毎年欠かさず植え付けていますが、露地栽培は毎回病気による失敗が多く難しいです。
トマトを本植えしてから16日が経ちました。 順調な生育で一段目には実が付き始めています。
高さも仮の支柱の背丈に達しているので、いよいよ本支柱を立て、そこへ誘引作業です。

支柱

 本支柱誘引作業

トマトの木をわざわざ曲げ倒して支柱に縛り直すには、それなりの訳があるのですが、
理由は背丈をずり下げて低くすることが出来るのと、トマトの実付きが良くなるようです。

本支柱に誘引作業完了

とまと

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村