楽しいメロン栽培

 メロン栽培

メロンの栽培を始めて、かれこれ10年以上が経ちました。 と言っても所詮ド素人のメロン栽培
ですから、他人様に見せられるような代物ではありません。 未だに満足なメロンが収獲出来ず
思考錯誤の連続です。 しかし、毎年同じことを繰り返すうちに、下手ながらメロンを作る方法や
性質が自分なりに分かるようになってきました。 以外に誰でも簡単に育てられます。

 2種メロン栽培

当初メロン栽培を始めた頃は、苗や種を買い育てたのが始まりですが、種や苗の値段が意外に
高いので、ならばスーパーでメロンを買って美味しく食べて、捨てるべく種を採る事になりました。
我が家では殆どの野菜の種は、自家採取して種を保存しています。 当然一代交配種(F1)では
ありませんから、同じ品種のものが出来るとは言えませんが、まあまあ自己満足程度のものは
収穫出来ます。 今回のメロンは、 「アールスメロン」 と 「カンタロープメロン」 の二種類です。
勿論の事、どちらのメロンも食べたメロンから採取し保存し、今年種から苗作りをしたものです。

 めろんの雄花と雌花

 受粉作業

受粉後8日目のカンタロープ

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

落花生の生育順調

落花生の生育

 落花生の苗を5/16日に植え付けてから、1ケ月少々が経ちました。 根元付近に花も見られ
「おおまさり」は枝葉も伸び始め、株が大分大きく成長しています。 

 ジャワ13号

 おおまさり

 落花生の花

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

梅雨時に咲くネジバナ

ネジバナ(捩花)

 ネジバナはその名の通りに、小さな花が細長い茎にらせん状にねじれたように巻きついて
咲く花です。  何処から来たのか定かではありませんが、何時の間に我が家の庭の芝生の
中で咲き始めました。 今ではあちこちで芽生え、梅雨時期になると一斉にに咲き出します。
花が咲き終わると、どうやら種が出来て四方に広がっていったようです。

ネジバナB

         ネジバナ(捩花)X

ネジバナ

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アケビの鉢植え

鉢植えのアケビ

 アケビに似たムベは、アケビと同じアケビ科の植物ですが、別のムベ属に分類されています。
日本の山等に自生している原種は、アケビとミツバアケビと雑種はゴヨウアケビです。 同じく
掌状の葉を着けるつる性の落葉木で、葉の違いで見分けることができます。  アケビの葉は
五枚の小葉に分かれていますが、それぞれの小葉の縁はなめらかでぎざぎざはありません。 
それに対してミツバアケビの葉は三枚の小葉に分かれ、縁にはぎざぎざがあり、雑種である
ゴヨウアケビは両者の中間タイプで、小葉の数は三枚~五枚、縁にぎざぎざがあります。
 我が家で育てているアケビは、上記の説明通りに葉の縁はギザギザのない普通のアケビで
五葉アケビではありませんが、三つ葉アケビと同じ鉢に混植してあります。

 アケビとミツバアケビ、ゴヨウアケビのいずれも四~五月に花を咲かせ、秋は細長い卵形の
果実を着けます。 熟した果実は縦に裂けて口を開き、半透明の果肉を覗かせますが、食用に
なるのはこの部分で、決して美味しいと言うほどの果実ではありません。 ほのかに甘い味を
記憶されている方も多いことでしょう。
 アケビという名前は「開け実」に由来するという説があります。「木通」という漢字を当てますが、
これはつるを切って吸ったり吹いたりすると、空気が通るからと言われています。


アケビの実

アケビの実B

五葉アケビ

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

オカワカメ栽培

       オカワカメ

オカワカメとは、いったいどんな植物かご存知でしょうか? ブラジル原産のツルムラサキ科で
アカザカズラ属の 半耐寒性蔓性多年草で、南雲百薬(うんなんひゃくやく)とも呼ばれています。
この聞きなれない植物を、今年になってご近所の方から戴きました。 以前野菜のオカヒジキを
育てた事がありましたが、まさかオカワカメと言われる植物があるとは全く知りませんでした。
オカワカメには、健康維持に欠かせない必須ミネラルであるマグネシウム、亜鉛、カルシウム、
ビタミンAなどがたっぷりと含まれていて、健康野菜というよりも薬草のようですね。

 オカワカメB

葉を触ってみると、やや厚みがあってゴムのような感触があります。 生育に至っては旺盛で
葉を摘み取ると脇芽のツルがどんどん伸びてきて、葉も次々出て来ます。

 オカワカメC

 オカワカメ出来上がり

まだオカワカメのレシピは良く分かりませんが、、シンプルにオカカをかけ醤油で食べて見ても
美味しくいただけ、全くくせのないワカメのような食感でした。 栄養価が大変高いそうです。

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

キュウリ二種収獲

家庭菜園

きゅうり 「ときわかぜみどり」 6本と「八町きゅうり」 6本計12本が、支柱の頂点に達したところで
頂芽を摘んで親ツルを止めました。 既に小ツル孫ヅルも伸び始め、張ったネットも満ヅル状態
小ヅルに咲いた花にキュウリが出来始めました。 毎日数本が収獲出来ています。 これからは
収穫本数も増え続け、取れ過ぎちゃって困るような贅沢日が続きそうです。

 2種類のキュウリ

「八町きゅうり」 は、長野県の伝統野菜で、現在は余り多く栽培されていない品種のようです。
1つの要因として、他のキュウリに比べ収量が少ない事と、日持ちがしない点が挙げられます。
私が 「八町きゅうり」 の種を入手したのは一昨年の事、長野で栽培している方から数粒を購入、
昨年栽培したものから自家採取して種を保存しています。 確かに他品種に比べ実が少ないが 
味は抜群で、シャキシャキした歯ごたえと軟らかさに惹かれました。 

 ときわかぜみどりと八町きゅうり

キュウリの収穫

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

梅雨時期の花

ホタルブクロ

我が家の敷地沿いに、田んぼの用水が流れています。 7年前ツツジの根元に植えた一株の
野草ホタルブクロが根を蔓延らせ、この時期になるとあちこちで花開かせ楽しませてくれます。
ところどころに好きで植えた雑草オオマツヨイグサが、やはり根やこぼれ種で増えています。
どちらも雑草とは言え、今では余り見かける事が少なくなった、捨て難い懐かしい植物ですね。

ホタルブクロA

 ガクアジサイ

我が家のアジサイは、全て二人の娘たちが母の日プレゼントで贈られたものですが、どれも
品種名が分からなくなっていますが、大株になったアジサイだけでも現在7種類くらいあります。

アジサイとカエル

 マツバギク

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アンズ三年目

品種 「新潟大実」

アンズの木を庭に植えてから 今年で3年目になりました。 そろそろ実か色付いて来ましたが
実を虫がかじったせいか、どの実も表皮に小さな傷がついています。 今年は昨年の2倍で
20個位収獲で木さそうです。 アンズは香りが良いので、果実酒を作る予定です。

品種 「新潟大実」 あんず

アンズ

あんずが色付く

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

トマトとスイカの二所帯住宅

スイカ空中栽培準備

 限られた場所の家庭菜園、何とか上手く活用できないか試行錯誤して考えた方法です。
約1m70㎝のトマトの支柱を立て、先ずはトマトを誘引していきます。 縦方向をパイプで固定
横方向に支柱棒を渡し留め金で固定し、天井に20㎝升のネットを引っ張りながら張ります。

トマトの生育状況

トマトは大玉トマトと中玉トマトを、両サイドに9本づつ植えてあります。 こうすることでトマトにも
日が当たり、上のネットに這うスイカも良く日が当たります。 まさに一階がトマト二階がスイカと
共存して野菜が出来る場所の節約です。 こんな栽培方法で4年目を迎えました。

スイカ空中栽培

スイカの成長はまだ支柱の中ほどを過ぎたくらいですが、上のネットに届く少し前迄は芽欠きを
続けて成長を促します。 ネットに這いだしたら小ヅル孫ヅルを伸ばしていきます。 成長過程を
また記載したいと思っています。

昨年度スイカ空中栽培

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

桃86個の袋掛け

 桃に袋掛け

桃が開花してから50日以上が経過しました。 果実もピンポン玉に近くなるほど肥大しています。
害虫除けと日焼け防止も兼ね、袋掛けが今年も始まりました。 写真のように最初二種類の桃を
同時に抱き合わせ植えてあり、苗木を植えてから7~8年が経ちます。 実数を制限しながら毎年
増やしています。 実数を増やせば、きりのないほど生りますが、大きな果実を収穫出来ません。 

 ネクタリンと白鳳

 桃の袋掛け

 モモの袋掛け

 桃の袋掛け終了

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村