真っ赤な夕日

日が沈む瞬間

 何時の時も夕暮れは寂しい。 ふと、西側の部屋から外の空を見やると、真っ赤な太陽が
林の向こうに、今沈まんとしている瞬間でした。 人影もなく、ただ静寂に包まれたひと時です。
普段見る夕日とは違って、いやに赤かったのが印象的でした。

日が沈む瞬間B

日が沈む瞬間C

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

蓮の植え替え

 蓮の植え替え

綺麗なハスの開花を思い浮かべながら、毎年毎に寒いこの時期ハスの植え替えを行います。
過去に蓮の栽培経験は無い素人ですが、観賞用ハス 「西湖紅蓮」 を、我が家で育て始めて
今年で7~8年ほどになりました。 蓮の開花時期は、種類によって異なりますが、6月下旬から
8月にかけて色々な蓮を楽しむことができます。 栽培は誰にも出来て、思いの外簡単です。

 蓮の植え替えB

 蓮根の花芽選り分け

 蓮根の花芽

 植え付け完了

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ふきのとう(蕗の薹)

蕗の薹(ふきのとう)

我が家の生垣回りに植え付けたフキから、今年もフキノトウがあちこちで見られました。
これが毎年の楽しみで、早速僅かばかりですが、春の息吹を今年もテンプラで戴きます。
ふきの花のつぼみ(花茎)のことで、ふきの根茎から葉が出る前に地面に顔を出します。
つぼみが開く前の状態のほうが食味がよく、つぼみが開くと少々苦味が強くなりますね。
地域での違いはあれ旬は3〜5月頃で、天ぷらや味噌炒めなどにして食べるのが一般的です。

 (ふきのとう)

   土筆 (つくし)

我が家の敷地沿いを流れる用水路の土手には、可愛い土筆(つくし)が沢山出始めていました。

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ツグミとヘーゼルナッツ

 ツグミ(鶫)

毎年寒いこの時期になると、我が家の庭に決まってこの鳥がやって来るのが楽しみです。
ヘーゼルナッツやリンゴの木の下で、何か懸命に餌をついばんでいます。 癒されますね。

 ツグミ

 ヘーゼルナッツ

ヘーゼルナッツは、例年より花の数が付かず、僅かに数えるほどの雌花と雄花が見えました。
これでは残念ながら、今年も実を生らせることはないでしょう。

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

寺巡り

寺巡り

我が家から車で約20㌔の場所に、テレビでも良く紹介された「坂東三十三観音札所」の
第三十一番札所として古来より巡礼の場の霊場として知られてきた 『笠森観音』 と、
合格祈願の日本三大守護神を奉る桓武天皇勅願寺『長福寿寺』に行ってきました。

参道入口

『笠森観音』の観音堂へ参道入口です。 、急な石段が、ここからしばらくの間続きます。

三本杉

笠森観音

観音堂は後一條天皇の勅願により建立され、建築様式は「国指定重要文化財」になっています。
この観音堂の上で、松尾芭蕉が "五月雨に この笠森を さしもぐさ" と詠まれた句があります。
正面の階段を登って堂内に入ることが出来ます。 入館料は200円でした。

長福寿寺

元来た道をしばらく戻ると、道沿い(406号線)にあるのが 『長福寿寺』 です。
駐車場も広く、本堂正面には対に置かれたゾウの石像が見えます。 それぞれ名前があり
右側が 「吉ゾウくん」 左側が 「結愛(ゆめ)ちゃん」 で、 どちらもご利益のあるゾウです。
当山には秘仏として『第二権現尊』が奉られ、法力を持つ日本三大合格守護神だそうです。

願い事を叶えるゾウさん

境内の大仏

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村