パッションフルーツでグリーンカーテン

   IMG_4605.jpg

今年も暑さに滅法強いパッションフルーツ (品種・エドゥリス) で、幅が約6m×高さ2mのクリーンカーテンを作ってみました。 まだまばらに側面にツルが張り付いたような状態ですが、これから側ツルも徐々に伸びて、一面パッションフルーツの葉で覆われて来ます。 咲く花を楽しみながら、美味しい果実ものまで収獲出来るとは、まさに一石二鳥のグリーンカーテンですね。 パッションフルーツは、害虫が付かないのも不思議です。

   IMG_4603_2016070420131321a.jpg

              IMG_4621_20160704201313e0f.jpg  IMG_4602_20160704201312f27.jpg  IMG_4615.jpg

   IMG_4613.jpg

       IMG_4610.jpg  IMG_4611.jpg  IMG_4614.jpg  IMG_4629.jpg

今時期は毎日のように花を咲かせている状況です。 パッションフルーツは、夏果と秋果の2回果実が生りますが、赤く熟すまでに2ヶ月近くかかりますので、秋に結実したものは完熟するまでに、日数足らずで収獲は期待が持てません。 現在こちらの南側だけでも、60個以上の実がなっています。 まだこれから結実しますのでもっと増えそうです。

   IMG_4628.jpg

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

パッションフルーツの様子とプレゼント

   パッションフルーツ(Passion fruit)

南国フルーツのパッションフルーツで、夏の日除けを兼ねたグリーンカーテンを作りました。 朝晩がすっかり涼しくなった今、ご覧のように青々と元気に育っています。 パッションフルーツは、夏花と秋花が咲き共に実を付けますが、果実が熟す期間に約二か月程掛かりますので、関東地域では秋果が結実しても、熟すまでに寒さが訪れて収穫には至りません。 それでも現在沢山の実がぶら下がっています。 今年は夏果を約80個位収穫しました。 

   パッションフルーツ

   パッシフロラ・エドゥリス (passiflora edulis)

   パッションフルーツの苗木

来年の植え付け用に、予備の苗も含めて今年挿し木苗を作りましたが、勿体ないと思いつつも少々苗が多過ぎて廃棄する予定です。 「エドゥリス」 は自家受粉する品種ですが、「オオミノトケイソウ」 は自家受粉しません。 しかし花はアラタ系の大きく綺麗な花を咲かせます。

   パッションフルーツ二種


                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

パッションフルーツの収獲

  パッションフルーツの収穫

夏の日除け対策のグリーンカーテンに、今年も70個を超すパッションフルーツの赤い実を付けています。 熟すと果実が自然落果し、甘酸っぱく美味しい食べ頃になります。 このところ毎日落果するので、ヨーグルトやバニラアイスに混ぜて、デザートで食しています。

   パッションフルーツ

   パッションフルーツの糖度

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

色付くパッションフルーツ

         パッションフルーツ(Passion fruit)

毎年夏の日除け対策を兼ねて、ダイニングルームの南側と東側にネットを張った棚が作ってあります。 そこに南国果樹パッションフルーツを絡ませてあります。 今年は天候の不順で、例年より生育が悪かったパッションフルーツでしたが、暑さには俄然強い南国フルーツ、後半の暑さで生育を盛り返しています。 大まかに生った果実を勘定して見ると、大小合わせ50個以上の実がブラブラしています。 パッションフルーツの実は表皮が赤くなると、熟した証拠で自然に果実が落ちます。 

    パッシフロラ・エドゥリス

後 数日もすると、果実が落下しそうな色合いになっています。 出来れば落果したものを、また数日追熟させ食べると、なお一層甘味や香りも増します。 先に結実したものから順次色が付きだしていますので、今年も美味しい南国フルーツを、我が家の庭で収穫出来そうです。

      パッシフロラ・エドゥリス (passiflora edulis)A

    パッシフロラ・エドゥリス (passiflora edulis)B

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

三尺バナナの株分け

   三尺バナナ

バナナの品種の中でも比較的耐寒性が強く栽培しやすいと言われますが、やはり熱帯の植物ですので、夏の暑さには滅法強いが寒さは苦手です。 毎年注意はしているのですが、温度管理を怠り冬越しで枯れ失敗しています。 10℃以下で生長が止まり、5℃以下で葉が枯れたり萎れたり寒害を受けます。 冬は温室か、もしくは日当たりの良い室内での管理が必要になります。 冬場は玄関や室内など、温かい場所に移動できるようにするのが無難でしょう。 地表に出た部分が枯れても、根を保護してあれば生きていますので、暖かくなると株の根元から新しい芽が出て来ますので、また一から出直して育てられます。 何とか冬を上手に越させれば、我が地域でもバナナの収穫も夢ではありません。

   三尺バナナ株分け

今年も親株の根元に2本の育った子株が出来ました。 ナイフで切り離し植え替えました。

   三尺バナナ差し上げます

少々大きくなる植物ですが、育ててみたいご希望の方が居られましたら勿論無料で差し上げます。 梱包その他で日数お時間が掛かりますが、但し送料をご負担戴ける方に限ります。 素人栽培ですので、植物に如何なる不都合が生じても責任は負いかねます。

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村