自家菜園の様子

 トマト18本

今年は天候にも恵まれどのトマトの生育も順調で、既に4段目の花が咲き始めています。
5種類のトマトは、昨年自家採取した種を蒔き苗を作りました。

キュウリ8本

キュウリはやや短めで、実の生りは少ないが美味しいと言う品種 「八町キュウリ」 2本と
いぼいぼが多くシャキッとした 「四川キュウリ」 6本の2種類が生育中です。

ナス5本

ナスも昨年自家採取した種を使った苗を育てました。 「千両2号」3本と「庄屋長ナス」2本です。
ちなみに、種子の保存寿命が長いトマト・ナス・スイカは、約4年~6年もあり発芽します。

 落花生と枝豆

落花生 「おおまさり」 は、毎年種用に確保した種を使いました。 探し当て取り寄せした種
小粒の「ジャワ13号」 5本の苗が加わります。

 ピーマン・トウガラシ・シシトウ

 サトイモとスイカ

サトイモは、昨年収獲した親芋をもみ殻の中で保存したものを植え、スイカは昨年スーパーで
買って、偶然甘かった小玉スイカの種を蒔き苗を作りました。 どんなスイカが出来るやら…

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

落花生2種

  ジャワ13号

「落花生」とはまさに名前の字のごとく、花を咲かせた後に子房柄と言う子房の下部が伸びて、
地中に潜り込んで土の中で実が育ちます。 調べれば落花生にも色々な種類がありますが、
我が自家菜園では、毎年千葉県特産で、大粒種の「おおまさり」だけを毎年栽培してきました。
「おおまさり」は大粒で煎るより茹でて食べる方が美味しいようです。 今年も既におおまさりを 
植え付けてあります。 以前から落花生の別品種を植えたいと思っていましたが、情報を経て
「ジャワ13号」という小粒種の落花生を知りました。 しかし、何処を調べても種の入手が難しく
半ば諦めていましたところ、ある種苗会社でやっと「ジャワ13号」の種を入手しました。

  ジャワ13号発芽

開花期から75日前後で収穫適期となる早生種。 草姿は立性で、草勢は強く、葉は鮮緑色。
莢の大きさは小さく、子実も小粒。 炒り落花生に適するそうで、収獲出来るか楽しみです。

 落花生(おおまさり)

                           にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

トマトの誘引作業

トマトの支柱と誘引

トマトは毎年欠かさず植え付けていますが、露地栽培は毎回病気による失敗が多く難しいです。
トマトを本植えしてから16日が経ちました。 順調な生育で一段目には実が付き始めています。
高さも仮の支柱の背丈に達しているので、いよいよ本支柱を立て、そこへ誘引作業です。

支柱

 本支柱誘引作業

トマトの木をわざわざ曲げ倒して支柱に縛り直すには、それなりの訳があるのですが、
理由は背丈をずり下げて低くすることが出来るのと、トマトの実付きが良くなるようです。

本支柱に誘引作業完了

とまと

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

トマトの植え付け

   トマトの植え付け

毎年恒例の我が菜園トマト栽培ですが、今年もやっと苗の本植えをしました。 3/20日に
播種したトマトも成長し花芽が見え始め、何とか植え付けの時期になりました。 半月前に
既に植え場所を確保し、黒マルチを掛け植え付けの準備は出来ています。 今年は色々と
5種類18本のトマト植え付けです。 今年初めての新顔「黒トマト」とはどんなトマトが生るか
形はどうか? 色はどうか? 味はどうなのか今から楽しみにしています。

 コンパニオン プランツ

我が菜園では毎年トマト栽培で、「青枯病」 や 「立枯病」で何本も枯れては廃棄してきました。
トマトとニラの混植は、ネギ科植物の根に共生する拮抗菌が「青枯病」や「立枯病」の病原菌を
抑えると言われています。 ニラは畑の隅に雑然と植えてありますが、今回それを使いました。
トマトは雨を嫌い、濡れると病気に掛かり易い野菜ですが、少しでも効果が現れれば幸いです。

支柱

植え付け完了

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

エンドウ豆

 絹サヤツタンカーメンエンドウ

毎年栽培しているエンドウ豆ですが、その生育(収獲)期間は実に短く、僅かに10日前後で
絹サヤとツタンカーメンのエンドウもそろそろ花も終わりに近づいています。 一度に沢山の
実を付けるので食べ切れず、消費出来ないものは冷凍保存し、必要時に利用しています。

  絹さやエンドウ

  ツタンカーメンのエンドウ豆

「ツタンカーメンのエンドウ豆」は、丈夫で育てやすいエンドウ豆です。 サヤが硬くなってから
収獲するのですが、豆をご飯と一緒に炊き込んだりしていただきます。 これが不思議な事に
炊き上がったご飯が、何と赤飯のように赤くなるんですねぇ!

 ツタンカーメンのエンドウ

                           にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村