根深ネギ栽培

根深ネギ栽培

冬の鍋料理には欠かせないネギですが、我が菜園では毎年上手く育たない失敗の連続でした。
堆肥を施し良く耕し土を改良しはずなのに、ネギを栽培しながらスーパーで買うような始末、
この地に移転する前は上手く栽培出来ていたのに、何が悪いのか見当が付かない毎年でした。 

根深ネギ栽培1

ネギは元々細かい細い根で、大変通気性を好む野菜とは知っていましたので、それなりに
植え付け時に苗の側面に藁を入れたり、肥料や微量要素にも気を使ってきました。
種を蒔き苗作りには成功しても、その後が上手く育たない原因がやっと分かりました。
やはり植え付け方の方法に間違いがあり、土そのものではない事に今頃気が付きました。
全く初歩的な事で、要するに根に対しての通気性が悪い育て方だったようです。
:結論としては、ただ単に棒で穴を空けてそこに土を掛けずにネギ苗をぷっこむだけでした。
我が家のネギは寒さの中、只今こんな方法で元気に生育しています。

根深ネギ栽培2

   ネギのぶっ刺し植え


                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

里芋の季節

里芋の試し堀り

サトイモと言えば、里芋の煮っ転がしなんかが嬉しいですね。 スーパーで売られている一般的な里芋のほとんどが小芋と孫芋ですが、里芋の元々の形は、親芋と小芋、孫芋で構成されています。 スーパーでよく見かける里芋は、親芋が省かれた状態で、里芋の親芋の部分は、緑色で太い根のような形をしています。 親芋は、あまり食べられることのない部位ですが、食用として販売され見掛ける事もあります。

里芋

里芋の親

里芋をタネイモとして植え付ける時、孫芋の部分を普通は植えるのですが、収獲した後に親芋の根っこの部分を、発泡スチロール箱などにもみ殻を入れ、風通しの良い場所で保存し、翌年にその親芋を畑に植え付けると、大株になり収穫時期は収量が格段に増えます。

サトイモ

サトイモB

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ウドの花

   ウドの花

ウドは春に若芽や根茎の部分を食用にし、若芽は天ぷらにするとおいしい事でも知られています。 昨年の春、スーパーで買った山ウドでしたが、根の部分を僅か残して小さな鉢に植えて置きました。 やがて芽が出ると葉を展開させるほどになり、暖かくなって菜園の脇に植え付けたものが今日に至っています。 独活(うど)の大木とはまさにこのことで、大きく育って花を咲かせています。

   ウド1

ウドの花は意外に可憐な花で、最初に見た印象は、まるでパチパチと弾けて光る線香花火のようにも思えました。 虫達が寄っては来ますが、余り香りはしませんね。

   ウド2

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

落花生の収穫

   落花生の収穫

今年も落花生(おおまさり)の収穫時期になりました。 我が菜園では昨年より一週間遅れの収穫です。 落花生と言えば、一般的には煎った香ばしい豆を ポリポリ食べるものと思われていますが、この時季になるとこちら千葉県界隈では、直売所やらスーパーの地元の野菜コーナーとかで生の落花生がよく売られています。 その生の落花生の中でも 「おおまさり」 という大きな落花生の品種がありまして、茹でて食べます。 落花生を茹でちゃうの? 何て思われる方もいるかも知れませんが、「おおまさり」 は茹でて食べる落花生に向いている品種なのです。 時期が限定される生ものだけに、美味しく食べられる今が旬になりますね。


   オオマサリ

   落花生(おおまさり) は でかーい!

   茹で落花生

落花生 (おおまさり)は、大粒なので食べ応えがあります。 塩ゆでを殻つきのまま保存袋に入れ冷凍して、自然解凍すればいつでも美味しいおつまみとしていただけます。

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

枝豆と落花生

    枝豆と落花生

    枝豆

約70日取り遅蒔き枝豆の莢が、日増しに膨らんで来ました。 播種後に本葉がしっかり展開した時、葉の上の茎芯を切り落とし、付け根から出る芽を2本伸ばし育てました。 結果的には、多くのサヤ(実)を付ける事になりました。 1週間後には、そろそろ収穫する予定です。

    落花生 (おおまさり)

落花生 (おおまさり) も順調な生育をしています。 千葉県発祥のこのオオマサリは、特に莢が大きくて、煎って食べるより茹でて食べるのに適しています。 毎年収穫した種を保存して、我が菜園で何年も自家栽培しています。 茹でて食べるためには、新鮮で掘りたてが条件になりますので、自家栽培ならではの醍醐味です。 期間限定ですが、茹で落花生は美味しいですよ。

     おおまさり

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村