ノアザミ

ノアザミ (野薊)  は日本全国の野山や河原等で多く見られる、花のひと際目立つ大変奇麗な野草です。 葉や茎には細かいトケトゲがあり触ると痛い。 調べて見ると花言葉に …人間嫌いとか傷つく恋… なんて書かれてあるが、トゲトゲで人を寄せ付けないからかなぁ… 何でだろうか?

   のあざみ1

 我が家から車で約40分の場所に、町で管理され小高い山続きの公園があり、ここは遊歩道も完備されたハイキングコースになっている。 春は桜と秋にはミミジに彩られるとても素晴らしい処です。 公園入り口を入りしばらく行くと、遊歩道斜め下にノアザミが群生している場所に出ます。 平日は殆ど人影もなく、ただ風の音と鳥のさえずりだけを耳にするくらいの静けさです。 雑木林には至る所クサイチゴが蔓延って、赤く熟した沢山の実が採取する人も無く生っています。 

   のあざみ2


   ノアザミB


   ノアザミF

   ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
 本日もお越し戴き感謝します。ついでにぜひポッチンと押してね 
[ 2008/05/14 20:40 ] 付録の話題 | TB(0) | CM(4)

アザミ

>ただ風の音と鳥のさえずりだけを耳にするくらいの静けさです

いいですね。
そんな原っぱに似合う感じがします。
夏のキャンプでよく咲いているのを見た記憶があります。
風と草いきれ、です。
[ 2008/05/15 00:04 ] [ 編集 ]

うわ~♪綺麗な野アザミのお花~vvv

中学生のころ、通っていた土手に野アザミがぽつぽつ咲いていて
夕日の照る川を背景に、美しいな~っていつも見とれておりました。

タンポポさん、・・自然って美しいですね~♪

アザミ♪ごぼうの花と似ていますよね~♪(ポチポチ)
[ 2008/05/15 00:08 ] [ 編集 ]

☆tpさんへ

tpさん おはようございます。
早速のコメントありがとうございます。 人が余り入る事が無いだけに、自然がそのままの姿で残されているような処です。 昨今そんな場所も少なくなりましたよね。 おっしゃる通りで、そうした中で育ちますから、自由に根や種で増えて群生して来るんでしょうね。 まさに初夏に相応しい感じの花と言えますね。 
[ 2008/05/15 09:07 ] [ 編集 ]

☆ティーさんへ

ティーさん おはようございます。
コメントありがとうございます。 そうでしょう…♪ ティーさんも若かりし日の思い出の花でもあるわけで、誰でもきっと必ず何処かで一度は目にした花ですよね。 そうそうアザミの根は山菜としても食べられるんですよぉ… 確かにゴボウの花に似てますし、アザミの根は漢方薬にも使われるそうですから、もしかしてゴボウと親戚かもね(笑) アザミは菊科の植物だそうです。
[ 2008/05/15 09:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/98-5c9e9ffc