複輪オダマキ

オダマキ には大変種類も多く、またオダマキに魅せられ集めている愛好家もいます。 我が家も以前は色とりどりの西洋オダマキが、毎年こぼれ種からも増え続け花壇を賑わしていたものです。 しかし何時の間にやら消滅してしまい、今では唯一写真の可愛らしい複輪オダマキが1本残るのみとなりました。 珍しい姿形で品種名は分かりませんが、10年以上前に保険外交員のおばちゃんが、我が家のオダマキを大変お気に召して交換したものです。 オダマキは種を採取後、取り蒔きすれば容易に発芽します。 我が家の絶滅品種オダマキを絶やしたくないですねぇ…

オダマキ


おだまきB

おだまきC

 アマドコロ 斑入りアマドコロは園芸品種として売られていますが、花は似ていますがナルコユリとは別のものです。 アマドコロは茎に角があり、ナルコユリは丸く葉も少々細目なので区別が付きます。 ナルコランとも呼ばれていますが、厳密には違うそうでどう違うのか分かりません。  アマドコロの根を水洗いし乾燥させ、焼酎に漬け込んだものがアマドコロ酒ですが、これを造るがために このアマドコロを rick papa が在職中に、会社の裏藪から採取し花壇に植えたその名残です。  ほんなら 「アマドコロ酒」 とは何ぞや? アマドコロの根は確かにかじると甘い! 出来た酒は変に甘く決して美味しくはない。 まずいまず~い!  ある漢方薬の本を見てる内に目に止まったのがたまたま 「アマドコロ酒」 でありまして、滋養強壮体力増強に効果ありとの能書き… 寝しなに盃一杯飲めば元気溌剌を信じて毎晩飲みましたねぇ… その結果ですかぁ~ な~んだろねぇ… 効いたか効かねえんだかさっぱりわがんねぇ…

斑入りあまどころ

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
 本日もお越し戴き感謝します。ついでにぜひポッチンと押してね 
[ 2008/04/26 17:58 ] 草花栽培 | TB(0) | CM(18)

ミステリアスな話ありがとう

「アマドコロ」というんですね。
この花は昔実家のほうの山で見た記憶が。。
記憶だけなんですが、これユリに似てませんか?
なつかしいな~

「おだまき」
駐車場のわきに一本だけ立ってます。
写真撮りたいと思うんですけど、向こうを向いてて撮りずらい・・苦笑
そういう花姿なのでしょう。
こっち向いてほしいのにな。











[ 2008/04/26 18:56 ] [ 編集 ]

ほほう~~

アマドコロとナルコユリは違うんだね~。
こないだ、おばちゃんに怒られたんだ、「ナルコユリと違う、アマドコロだ」って。
ということは、アマドコロのほうが品がいいというわけなのかな?

おだまき、これは八重咲きというのか、何枚もの花びらが重なり合ってるのね。
きれいです~~~。
[ 2008/04/26 19:01 ] [ 編集 ]

苧環

オダマキはきれいですよね。
今年はまだ残念ながらお目にかかっていません。
複輪のオダマキも珍しいですね。
オダマキをはじめとして、ボタンやアヤメといった本格的な楽しむ花たちの季節になってきましたね。
[ 2008/04/26 20:25 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/04/26 21:19 ] [ 編集 ]

☆yoshiさんへ

yoshiさん おはようございます。
早速のコメントありがとうございます。   ミステリアスな話はコメントしたものの、後から余計な話題だったかなぁ… なんて思いましたよ。 実は銀杏の根がどの骨にも絡みつき、しっかり握って離さないような、本当はもっとリアルな話なんですが、それでも軟らかく書いたつもりです。(苦笑)
アマドコロは地下茎で増えるので 昔は何処でも見られたでものでしたね。 オダマキは今が最盛期で、あちこちのお庭で花を咲かせている草花です。 
[ 2008/04/27 08:51 ] [ 編集 ]

☆annさんへ

annさん おはようございます。
コメント何時もありがとうございます。  確かに現物を見ると、花はチョウチンのようで良く似てますよね。 オダマキには色々な種類がありますが、花弁が他の花に比べて殆どが変な形をしてますねぇ! でも花壇にこの花が植えてあると、派手さはありませんが、何処と無く目立ちますよ♪
[ 2008/04/27 09:03 ] [ 編集 ]

☆tpさんへ

tpさん おはようございます。
コメントありがとうございます。 何時も野の草花では楽しませて頂いてます。 v-290   今時期ですと、よそ様のお庭で結構オダマキの花を見かける事がありますよ。 ただ余り花の咲く期間が長くないので、この季節限定かも知れませんね。(笑)  我が家の庭で白いぼたんと、畑に植えたあやめが数日で咲きそうな気配です。
[ 2008/04/27 09:11 ] [ 編集 ]

☆みかんちゃんへ

みかんちゃん こんにちは。
何時もコメント頂きありがとうございます。 ちょっぴりのご無沙汰です。     コメントを頂きながら -管理人のみ閲覧できます- を (過去悪戯コメントが多く) 開かずに居りました。 只今見まして、みかんちゃんとは知らずにごめんなさいね。 v-421   折角いただいたコメントの意味が何か把握できなくてすいません。 オダマキの写真みて頂きありがとうございました。     
[ 2008/04/27 10:50 ] [ 編集 ]

きゃ~・・!!((^◇^;))

rick papaさん、

こんにちは~♪早速庭に駆け出しちゃいましたよ~笑

(そばで寝ていた猫が、きょと~ん?!)

茎にカドがありました♪正式名:斑入りアマドコロに決定!



徳島ではなるこらんが店や華道教室での通り名になっておりました~(^ ^;)
[ 2008/04/27 17:43 ] [ 編集 ]

分かりました。

こんにちわ。そうですか。根もの野菜の所の非公開のコメントも私です。そこを見ていただくと、分かると思います。すみませんでした。お返事がないなーと思っていました。非公開にするほどの内容でもないのですが。
[ 2008/04/28 13:28 ] [ 編集 ]

☆ティーさんへ

ティーさん こんにちは。
コメントありがとうございます。  あららっ! ネコ踏まなくて良かったねぇ v-291  確かにアマドコロは四角ぽっいですよね。 でもティーさんが投稿された記事の 「ナルコラン」 でも正解なんですよ。 どちらも斑が入り、見た目では区別が付けにくいと言いますから、正式名じゃないかも知れませんよぉ v-292   末尾に書かれた通り名の方が、アマドコロより奇麗でいいじゃありませんか~ v-291
[ 2008/04/28 18:35 ] [ 編集 ]

☆みかんちゃんへ

みかんちゃん こんにちは。
わざわざコメント頂き、ありがとうございました。  早速そちらも確認しまして、改めメールにて送信しました。 ご親切を何の返事か分からず、お尋ねしてしまいましたが、不手際大変失礼しました。
[ 2008/04/28 18:43 ] [ 編集 ]

こんばんは

我が家のオダマキも短命です。
お気に入りのものはやはりタネをしっかり採っておくのが賢明ですよね。
このオダマキはドレスのようなとても華やかなオダマキですね~

「アマドコロ酒」なんて作れちゃうんですね。
rick papaさんはいろんなことにチャレンジされていて、ほんとビックリ!尊敬してます。
我が家にも斑入りのアマドコロ、あります。
他の植物の間から、ニョキッと逞しい新芽が出ていると、ギョッとしてしまいます。
すぐ抜くようにしてますが…
ところで斑入りのものでもお酒は作られるんでしょうか…(作る気はないんですけど、ちょっと気になったものですから)
[ 2008/04/28 22:25 ] [ 編集 ]

☆Yoyoさんへ

Yoyoさん おはようございます。
コメントありがとうございます。 確かにおっしゃる通り、オダマキは奇麗ですが花持ちのしない草花ですよね。 でも花後に必ず種が出来ますので、これからは採取するように心掛けます。 何たって最後の1本になりましたものねぇ v-292    アマドコロの根は漢方薬として使われるそうですが、根に独特の青臭いような甘みがあるんですよ。 最初は飲むのに勇気がいりました v-15   芽がニョキッと出た様子は、まるでヘビが鎌首あげるようで気味が悪いですよね。 斑入りのアマドコロでは作りませんでしたが、根を見るとやや小振りですが、地下茎は殆ど同じようですから出来ると思います。 でも現在はさすがに 「アマドコロ酒」 を作る気はありませんねぇ (笑)
[ 2008/04/29 10:01 ] [ 編集 ]

rick papaさん♪こんにちは~vv

猫♪笑。

猫って変ですよね~?
おじゃまなところに寝ていても、此方がよけて踏むまいとしているのに、
いきなりぴくーん!と駆け出して、わざわざよけている真下を駆け抜けたり(苦笑)
ぎゃ~~!!!と、そんな猫を再度よけようと
自ら転倒しかけちゃう、2足歩行のティーで~す(笑)

>自然農薬・・

今日、「竹酢(?)」とか言うの、ペットボトルでいただいたんで、
(虫の嫌いなにおいらしい?)早速水で薄めてナスにかけてみました~(^ ^)

モシ効くようなら、リンゴの新葉のアブラムシにも、
霧吹きでかけてみようと思っております(6 <)

でも薄めた液の匂い、・・なにやらティーには、懐かしい、いいにおいに?
[ 2008/04/29 12:58 ] [ 編集 ]

☆ティーさんへ

ティーさん こんにちわ~
わざわざお知らせコメントありがとうございます。  そうそう… 猫って進み出したらまっしぐらで、迷わず躊躇しないんですよね。 反面犬は立ち止まってしまうか、すくんでしまう違いがありますね。

>自然農薬・・ 研究しながら考えましょうね。 
我が家では以前から「木酢液」 を使っています。 でも 「竹酢液」 の方が効き目が良いらしいですねぇ。 ただ木酢より竹酢の方がお値段が高いんですよね。 燻したような臭いは独特ですよね。 炭を作る時に出る煙を冷やし蒸留したものですから、当然けむり臭いですよねv-291  こちらからも何か情報がありましたら、ティーさんにまず連絡しますね。    
[ 2008/04/29 16:51 ] [ 編集 ]

びっくり!真実はそうでしたか。

骨に絡み付いて離さなかったんですか?!
そのまま書いても良かったですよ。

またの機会に、また教えてくださいね。
[ 2008/05/02 19:06 ] [ 編集 ]

☆yoshiさんへ

yoshiさん こんにちは。
コメントありがとうございました。 先日のお話の件ですね… 実際にあったお話しで、墓の移転工事に携わった方の体験談でもあります。 他にも色々なミステリー話もありますが、またの機会にお話ししますね。
[ 2008/05/03 11:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/91-2c46624a