FC2ブログ






猛暑に咲く草花

センニチコウ『千日紅』

 我が家の花壇には、さすがに猛暑の中咲く花も少なくなりましたが、それでも暑さに負けず
咲き続ける草花があります。 最初の写真は、今年種を蒔き育てた二色の「千日紅」です。
千日紅(センニチコウ)」の花は、字のごとく1000日も色あせず咲き続ける等と言われるそうで、
草花ではありませんが、サルスベリの花も同じく100日(百日紅)と書き、それだけ長い期間を
咲くことで知られている花です。 実際にはそんなに長くは咲いてませんが… 

『千日紅』B

『千日紅』A

ノコギリソウ

 葉っぱのフチが細かく切れ込んでおり、その姿をのこぎりに見たてこの名前がついたようです。
主な開花期は夏で、長く伸びた茎の先端に小さな花が固まって咲きます。 宿根草です。

ノコギリソウA

  マツバボタン(松葉牡丹)

松葉ボタンはお馴染みの花で、こぼれ種から自然に発芽して勝手に咲いているという感じです。
暑さに強く何処にでも生えて、色とりどりの花色が目を楽しませてくれます。

                           にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/847-a7ef4b47