デコポン収穫しました

 デコポンの収穫

庭の片隅に植えてある2本のデコポンが、今年もすっかり色付きそろそろ収獲期を迎えました。
デコポンはこんなに色付いても、収獲し直ぐには酸味が強く温州ミカンの様に食べられません。
酸味を抜くためにある程度寝かせる「追熟」段階を経て、果実内の酸が糖に変わっていきます。
収穫後から1ヶ月ほど寝かせる事で、甘味と酸味のバランスが取れてやっと食べ頃を迎えます。

 デコポンの収穫A

 デコポンの収穫B

 デコポンの収穫C

収穫したデコポンを、早速試し切りして見ました。 果汁が滴るほど如何にも美味しそうです。
試食してみると、大変味が濃厚で甘味もありますが、まだ酸味が強くやはり追熟が必要です。

 収穫後のデコポンの木

デコポン収穫後は、根元にたっぷりと「お礼肥え」して、また来年の果実収穫に備えます。
ちなみに、デコポンの頭が何で出っ張ってるの? それは実のなる位置が枝に近い事で、
自然にこういう頭部が尖った状態になるそうで、 出てても出なくても味は一緒だそうです。

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/786-e2d987fa