ニッキの木

        ニッキの木

「ニッキ」の木なるものを、皆様はご存知でしょうか? 我が家にこの木が来たのは三年前で
知人から戴いたものです。 ニッキはこの木の細根を切って 束ねたもので、昔は駄菓子屋や
縁日でニッキ水とかニッキ飴、赤い帯紙に束ねた根を売っていたのを懐かしく思い起こします。
樹皮を乾燥させた物は独特の香りと味があり、「桂皮」、「日本肉桂」など として香辛料や
薬用に使われています。 ちなみに、ニッキとシナモンは違いますが、同じ香りがします。

 ニッキの木A

地植えにすると大木になるので、鉢植えにしてあります。 根が写真のように旺盛に張るので
毎年植え替えが必要です。 【分類】 としては、クスノキ科/クスノキ属 常緑広葉/高木 で
はっきり言えば、余り役に立たない庭木として植えるような木ではなさそうですね。

 ニッキの木B

記載した写真の根を口に含んで噛むと、ピリッ辛くて独特のニッキの味が口中に広がります。
私が子供の頃は、駄菓子屋で5㎝位に切った5~6本の細い根を、赤い帯で束ね売ってました。
ちなみに当時のお金で5円位でした。 まだ1円の半分5銭なんてお金が流通してました頃…

                         にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/785-a12f4e65