ハスの種が発芽した

 ハスを種から育てよう

ハスの栽培は、根茎を休眠期に根分けして増やすのが一般的ですが、初夏になり花が咲き
其のあとに出来る種を発芽させ増やす事も出来ます。 今迄に種だけは採取して来ましたが
今回初めて種からの発芽を試みました。 種の尻を僅かに削り、水に浸して一週間前後で
簡単に発芽しました。 温度の関係か芽は日毎にどんどん伸びて行きます。

 蓮の発芽

 ハスの発芽

ハスの根っこ

日数が経つにつれ、今度は種の中から根っこが他の芽と一緒ににょきにょきと出て来ました。
ここまで来たらいよいよ土に植え替えです。

 ハスのポット植え

適当な容器が無いので、黒ポット4号(直径12㎝)の底穴をガムテープで塞ぎ水漏れを防ぎます。
そこに発芽して根の出た種を置き、土を足して水を張れば完了です。 寒くなると枯れて来ます。
後は翌年の春まで凍らないように養生しますが、根はしっかりと生きています。

 現在の生育状況

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

おお!

うちにも蓮がありますが、タネを見た事がありません。
花が咲いた後は水没しちゃうから…
ひょっとして種類が違うのかな?
[ 2017/09/09 18:37 ] [ 編集 ]

種から育てるハス

木村カエルさん おはようございます。
もしかして…それはハスではなくスイレンかも知れませんよ
ハスは最初は葉が水面上にありますが、本葉が出てくると
固くて空洞な茎や花の芽が立ち上がってきます。
もし良かったら、植え替え時の冬に根茎をお送りしますから
育ててみませんか?
[ 2017/09/11 07:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/766-5d199938