ササゲ豆

 小豆

 ささげには大粒種と小粒種がありますが、通常はささげといわれるものは小粒種の方です。
関東地方ではあずきに代わってお赤飯に用いられます。これは、あずきは煮たときに皮が
破れやすいため、「腹切れ」→「切腹」という連想から武家社会で嫌われ、煮ても皮が破れない
ささげの方を用いるようになったのだと言われています。
ササゲを植え付けから1ヶ月少々、成長が早く次々に花を咲かせ、同時に莢を付けています。

      小豆の花

花はエンドウ豆の花よりやや薄い藤色で、朝の内が色濃くその日の内に色褪せてしまいます。

 小豆)の花

 あずき

                           にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/763-e163a930