ツマグロヒョウモン

 ツマグロヒョウモン

 「ツマグロヒョウモン」 の幼虫は毒々しいので、毛虫嫌いの方は見ないで通り過ぎて下さいね。

ツマグロヒョウモンとの出会いは、遡る事10年以上になります。 埼玉県を流れる荒川の土手で
ツマグロヒョウモン蝶が確認されました。 元々が九州や沖縄で見られる南国育ちの蝶でしたが、
関東の北限で見つかった珍しい蝶と、当時は思われていました。 やはり地球の温暖化によって
住処を北上させたのではないかと言われています。 我が家庭で良く見かけるようになりました。

ツマグロヒョウモンの雄と雌とでは模様違うので見分けが付きます。 雄は黄色地に黒い斑点の
いわゆる豹紋ですが、この写真にあるように雌は前翅の表側が紫がかった黒色をしています。
ちなみにこの模様は、毒を持っていて鳥に敬遠される 「カバマダラ」 という蝶の模様にそっくりで、
毒のある蝶に姿を似せることで、天敵から身を守っているのでしょうか…
 
 ツマグロヒョウモンの幼虫

幼虫は写真を見る限り如何にも毒があり、触ると痛いとかかぶれたりしそうな姿ですが、様相と
全く違い、毒も無ければ刺したりかぶれる心配はありません。私の孫達も今は平気で触ります。
この刺のようなものは実は軟らかく、外敵に対しての単なる見せかせのようですね。
スミレ系のパンジーやビオラの葉が好きで、他の植物には全く寄り付かないのも不思議です。
ガーデニングを趣味としている方々には、蝶の幼虫は大食漢なので嫌われるかも知れません。


 ツマグロヒョウモンのサナギ

蛹(サナギ)になるとこのようにぶら下がります。 腹にあるこの金色の突起物は何なんでしょう?

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

こんにちは!

とても蝶の幼虫には見えません!
私に見つからない方がいいかも(^m^)
パパさんのところで養生して下さい(笑)
[ 2017/07/29 10:49 ] [ 編集 ]

ツマグロヒョウモン蝶

木村カエルさん おはようございます。
その通りで、綺麗なチョウのイメージを壊す姿ですよね。
ツマグロヒョウモンを知らなければ、見つけ次第彼の世行きですねぇ
我が家では、以前からのお付き合いで可愛がってますよ はははっ
[ 2017/07/31 08:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/755-f311ba1f