スイカ 空中栽培

 スイカ 空中栽培

スイカの栽培は、通常地面にツルを這わせて作るのが一般的な考えでしたが、一昨年から
我が家庭菜園では、何とか狭い菜園を有効活用する意味で、スイカを棚で作る事にしました。
棚にネットを張り そこにツルを這わせてスイカを生らせると、棚にかなりの重量が掛かります。
当然、大玉のスイカは重くて吊るせませんので、小玉スイカに限定します。 小玉スイカでも
10個以上生らせると総重量では相当な重さになります。 頑丈な棚を作る必要がありますね。
ちなみに今年作っているスイカは、昨年スーパーで買った小玉スイカがとても甘かったので、
その種を保存し、今年の春播種し苗を作ったものです。

 スイカ 空中栽培の様子

☝ の写真は、昨年栽培した品種マダーボールですが、結構大きくなり棚が壊れそうなほどでした。
空中栽培のメリットは、四方から日が当たるので、色むらが出来ず 結構糖度も上がるようです。
この品種 「マダーボール」 もF1ではなく、自家採取した種から苗を自分で作り育てたものでした。

 スイカのツル

 花壇のすいか

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

私もやりたいのですが

天井に上らせるまではどうやったらいいのでしょうか~
こまめに誘引して引っ張って持ち上げる??(^-^;)
どちらかというとすでにカボチャが広がっていて
地面の取り合いになっていて、スイカだけでも救出したいのです…
[ 2017/06/25 11:46 ] [ 編集 ]

スイカの空中栽培

木村カエルさん 今晩は。コメントありがとうございます。
ご無沙汰しておりますが、お元気な様子安心しましたよ。

今年はもう遅いかもしれませんが、スイカツルを天井に上らせる方法は、
苗を植え付ける当初、1本立ちにするか2本(3&4本)立ちにするかを決め
私の場合2本立ちで、(葉が5~6枚の時芯止めして)新しい芽を育てます。
要するに子ヅルになるわけですよね。

伸ばすツルだけを、棒で真っ直ぐ誘引し育てます。その生育中に出る
脇芽や花芽は、目的の天井に届くまでは全て摘み取ってしまいます。
届いたら好き勝手に横に這わせると、孫ヅルには雌花が付きます。

そんな方法ですが、覚えておいても損はないと思います。


[ 2017/06/25 20:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/745-7278aaa6