レモンとデコポン

   レモンとデコポン

我が家の庭の片隅に植えられた柑橘類は、現在生育中のデコポン2本・レモン1本・グレープフルーツ1本・があります。 以前は皮の薄い甘くて美味しい温州ミカンもありましたが、カミキリムシの被害で根元から枯れてしまいました。 大実レモンは品種は定かではありませんが、一昨年から実を付け初め、今年は摘果した効果が出てか、大き目の果実が生っています。 デコポンは苗木を植え付け後6年目を過ぎ、毎年大きな実を付けるようになりました。

   大実レモン

       レモン

レモンの収穫適期が分からず、昨年は果実が完全に黄色くなった翌年に収獲しましたが、それでは遅かったのか、中身がスカ付いたものが半分ほどありましたので、今年は少々早目に表皮が黄ばむ頃に、収獲を始め利用したいと思っています。 年々果実の数が増えるのが楽しみです。 

   デコポン「不知火(しらぬい)」

デコポンの正式名称を「不知火(しらぬい、シラヌヒ)」と言い同じものですが、シラヌヒ(不知火)(デコポン)は「清見」と「ポンカン」の交配により作られた品種です。 熟すと大変甘くて味の濃いミカンです。 柿などは隔年結果する果樹ですが、デコポンは多少の結果数は違うものの、毎年実を付けるのも嬉しいですね。 特に肥料は限定して施してはいませんが、根元にお勝手で出る生ごみや粒状の鶏糞を与えるぐらいでしょうか…

   デコポン

        でこぽん

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/707-946e99f5