三尺バナナの成長

    三尺バナナの現在

バナナの生育は早く、小さな株でも一年で人の背丈にも成長します。 しかし、南国果樹だけに寒さに弱く、5℃以下になると葉が枯れてしまいます。 その年に大きく育っても、毎年冬越しで枯らしてしまう状況です。 冬越しさえ上手く乗り越えられれば、2~3年で実をみられるかも知れません。   ちなみに 「バナナ」 は、草の仲間て知ってたぁー? ええっ!バナナって樹(木)ではなくて草なんだぁ~!

    鉢植え三尺バナナ

 葉を枯らしてしまっても根を防寒してやれば、バナナの株は生きていますので、翌年暖かくなるとまた新芽が出て来ます。 我が家の三尺バナナを、何とか果実が見られるまでにしたいと思っています。 葉の大きさも鉢植えで55㎝もあります。

            三尺バナナ地植え株

こちらはもう一本の子株を、菜園の片隅に地植えにしてみました。 さすがに根が良く張れるのか生育が著しく良く、展開した葉の大きさも75㎝もあります。 これから暑さも盛りになると、ますます成長が期待されますが、夏が過ぎこれもまた冬越しが問題です。

    山ウド

春先にスーパーで買った山ウドですが、根の部分5㎝位を赤玉土に挿し木したものです。 根が張り出してから小さな鉢から地植えにしました。 暑くなると生育が活発になり、まさに独活(ウド)の大木のことわざ通り、ぐんぐん伸びて今では怖いほどの成長ぶりです。

    独活の大木

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/699-b90e6b6d