カンタロープ メロン

    スパイシーカンタロープ

「カンタロープメロン」 とは、ヨーロッパ南部やアメリカ、タイなどで栽培される赤肉種のメロンの種類です。  日本では、このメロン自体を、まず果実店でもスーパーでも殆ど見掛けることはありません。 赤肉種といえば、夕張メロン等を想像してしまいますが、それより果肉が固く甘味も薄いので、そのままフルーツとして食べるようなら、かなり日数をかけて熟してやらなければなりませんね。 有名になった夕張メロンは、果肉が赤肉系品種でスパイシーカンタロープとアールスフェボリットの一代交配種で、品種名は夕張キングと言います。

    夕張キング

    カンタロープメロン

少々不格好な姿形にしても甘味にせよ敬遠されそうなメロンですが、メロン独特の香りは熟して来ると抜群です。 我が家では、敢えてこのカンタロープを栽培して楽しんでいます。 1.2㎏以上の大きさになれば、果実も充実して甘味も増しますし、完熟させなお追熟させると、まさに夕張メロンにも劣らぬ美味しさです。 勿論カンタロープの種は何時も確保してあります。

      カンタロープA

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/698-500b90a0