トマト32本全滅!

   立ち枯れ病と青枯れ病

今年は梅雨入り後、例年以上に雨も多く、また強い風も交えた日も続き、露地トマト栽培には最悪でした。 被害が出る事は予期していたものの、これほどまでに無残な光景は想定外でした。 こうなると手の施しようがありません。 立ち枯れ病や青枯れ病は、土壌に媒介する菌から次々発生し、日中萎れ、曇りの日や夜間には一時的に回復しますが、病勢の進展が早く、やがて回復しなくなり緑色のまま枯死してしまいます。 今年春に種蒔きから始まり、育苗しここまで育って大きな実を付け、全く収獲も出来ないまま枯れてゆく姿は、何ともたまらなく切ない気持ちになりますね。 来年のトマト栽培の良い教訓と捉えて、自らの気持ちに言い聞かせてはいますが、全滅とは内心悔しく穏やかではないですね。

   立ち枯れ病

   トマト全滅

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

わーん!

お気の毒です(T_T)
いや、明日は我が身かも…
このところ太陽を見たことが無いような。
ここ一二週間は晴れても数時間でした。
ずっと雨です。。。予防といってもどうしようもないです。
パパさんのトマトはひときわ大玉で見事なのに!
残念!
種からここまで育てるのってかなり大変でしょ。
支柱立てに芽かきに追肥に…
私ならショックで寝込みそうです。
お慰めしたいけれど言葉が見つかりません。
[ 2015/07/07 00:35 ] [ 編集 ]

疲れがどっと出ましたよぉ~!

gerogeroさん おはようございます
お察しの言葉を戴き、有難うございました。
本当に今年の天候は、例年になく不安定な天気が多いですねぇ!
日照不足は、どの野菜作物にとっても良い影響がありませんからね。
自然が相手の栽培ですから、自分に文句をつけるしかないですね(笑)
土に病菌が一度入ると、2~3年は土中で生息する厄介者だそうで、
調べてみるとトマト栽培には向かないそうです。 被害昨年以上でした。
来年は水耕栽培で、トマト作りを始めようかな… なんて思っています。
[ 2015/07/07 09:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/638-6425db46