果樹のウエスト

昔から 「桜切る馬鹿 梅切らぬ馬鹿」 なんて言われますが、幹や梢から芽吹きの良い樹木と悪い樹木があって、桜は切られると芽吹きが悪く枯れ易く、反対に梅は伐るほどに何処からでも新梢が芽吹いて茂ります。 りんごや柿・すもも等も芽吹きやすい果樹です。 我が家の庭は狭いので、果樹が大きく茂らないように毎年強く剪定せざるを得ません。 そのため枝が伸びる分主幹に栄養分が補給されて、高さより根が張って幹が太って来るばかりです。 木は元々上に伸びる自然の性質がありますから、それを無理矢理枝を下げたりすれば、根からの栄養補給がそこで停滞するような状態で、木が早く年をとって花や実を付けさせる事になる訳で、野菜の  トマトでも同じような事が出来ます。
 は林檎ふじですが、樹齢23年経ったものです。 地植えにすると大木になる見本ですねぇ… 10年前まではこの木から200個以上のりんごを収穫していた時期がありました。 近年50個弱位の実が付く程度です。

林檎ふじ

 これもりんごで品種はレッドスパーデリシャスです。 当初は鉢植えで育てていたもので、水遣りが大変な事から地に下ろした果樹です。 樹齢23年で毎年この木から50個前後の甘いデリシャスりんごを収穫しています。 熟してくると赤~く  色付いて来るのが嬉しいですね。
   
林檎レッドスパーデリシャス

 このスモモも元は鉢植えにされていたもので、地植えにしたばかりに恐ろしいほど大木になりました。 隔年の果実収穫になりますが、実が付き過ぎるので何度も摘果しないと果実を大きくする事が出来ません。 完熟期は野鳥に狙われる果実で、鳥と果実の争奪戦がこの時期に始まります。今年は実はお休みの年です。
 
すもも(ソルダム)

 これも15年前まで鉢植えで実を生らせていたもの、写真は次郎柿で隣に百目柿が並んで植えてあります。 柿も隔年結果で今年はお休みなので、極端な剪定をしてあります。 ほんとに太くなりましたねぇ… 

柿(次郎柿)
  
にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
お越し頂いたついでにぜひポッチンと押してね   

[ 2008/01/19 13:36 ] 果樹栽培 | TB(0) | CM(12)

こんにちは

果樹も二十数年経ちますとこんなに大きくなるんですね。
植える時には大きくなった時のことを考えて植えなければならんのでしょうね。
[ 2008/01/19 17:27 ] [ 編集 ]

こんばんわ

本当に立派な木に成長しますねe-2
我が家の蝋梅も大きくなるかなあe-3
2犬がいる内は無理かもしれません。v-408
やっと蝋梅が咲き始めました。v-426
[ 2008/01/19 18:39 ] [ 編集 ]

スモモは持ち直してくるんですね…ちょっと安心しました(^^;)
あんまり背が高くなると取るにも脚立を出して…が面倒で
つい鳥にあげたりしてしまうことに。
そしたら、鳥は「ここは食べ放題だゾ」って大群で来る始末です(笑)
りんご、見事ですね!
こちらは寒くて暑くてなぜか極端な土地なので無理かもしれませんが、
見てしまうと作りたくなっちゃうなあ(^^)
[ 2008/01/20 03:30 ] [ 編集 ]

☆桃太郎さんへ

桃太郎さん こんにちは。
コメントありがとうございます。 お返事が遅くなり申し訳ありませんでした。 その土地の土壌や気候風土にもよりますが、しっかり根付くと大きく育つものですね。 ここまで大きくなると簡単には植え替えは出来ませんものねぇ。 v-292    桃太郎さん宅のような広い土地がほんとに羨ましいです。 早く暖かい季節になるのが待ち遠しいですね。
[ 2008/01/21 16:13 ] [ 編集 ]

☆紫音さんへ

紫音ちゃん こんにちは。
コメントありがとうございました。 PCの不具合でお返事が遅くなりすいませんでした。 蝋梅は梢が広がりますので、花後に徒長する枝を適当に剪定してやると、木が太って来ますよ。 10年も経ったら見違えるような木に、きっと変わってるでしょうね v-290  ほんとに蝋梅の良い香りが漂っているのが想像出来ますよ。
[ 2008/01/21 16:23 ] [ 編集 ]

☆gerogeroさんへ

gerogeroさん こんにちは。
コメントありがとうございました。 そうでしたねぇ… gerogeroさん宅にもすももの木があったんですよね。  元気な木に復活させるのには、寒い果樹の休眠期に回りを掘って堆肥(油粕・鶏糞)などを沢山施して置くと、春に根が延びて元気になりますよ。 確かにおっしゃる通りで、その土地に合った果樹がありますよね。 極端に雨量の多い地域でなければ、殆どの果樹栽培は可能ですから、これからもgerogeroさん、果樹栽培に是非挑戦して見て下さいね。
[ 2008/01/21 16:37 ] [ 編集 ]

なんか、どれもこれも存在感ある幹をしてますね~。
うちの果樹たちは、剪定もせず伸び伸びなんですよね・・。
果樹の剪定って、いつごろがいいのかしら???
冬の間にやるといいのかな・・。
今度、八朔の全体像を撮影してきますので、
見てやってくださいね~。
[ 2008/01/21 19:08 ] [ 編集 ]

☆cocoさんへ

cocoさん おはようございます。
コメントありがとうございます。 確かに太い幹が根を下ろしている姿は安定感もあり、ここに俺は居るんだよと誇示しているようにも見えますね。  果樹の剪定は木によって地域場所によっても色々で、一概に言えませんが、落葉樹と常緑樹ではまた違いますし、 リンゴのように葉の落ちてしまうものは12月~2月頃迄済ませ、みかんのような葉が付いたままの果樹は3月の暖かくなった新芽の出る前が良いと思います。 みかんの剪定は陽が良く入るように、間の枝を間引くような形に仕上げると良いですね。 みかんは前年度に出た芽に実が付きますので、その見分けも必要なんですねぇ…
[ 2008/01/22 09:59 ] [ 編集 ]

3月ですか~。
ちょっと余裕ができたので、ホッとしました・・。
柿も、みかんも、びわも、桃も、栗も、さくらんぼも、
いちじくも・・。
とにかく、剪定なんてしてないんですよね・・。
いいかげんやらないとと、腰をあげようと思っています~。
[ 2008/01/22 17:50 ] [ 編集 ]

☆cocoさんへ

cocoさん こんばんは。
再度のコメントありがとうございました。 そうですね… まだ3月とは言え寒い時期ですが、みかんの芽が動かない内ですね。 折角延びた枝ですから上手く剪定して、果実を実らせたいですよね♪ 樹形を整えるために少々伐り戻すと、何年か果実を期待出来ないかもしれませんね。 柿・栗・桃は今時期の剪定ですよ。気をつけて頑張って下さいね。
[ 2008/01/22 20:29 ] [ 編集 ]

立派な幹ですねー。

おはようございます。温暖化の影響で、長野のフジの色づきが悪くなったり、遅くなったりしているなんて、記事を読んだのですが、パパさんの所のリンゴはどうだったのでしょう?例年と同じでしたか?
[ 2008/01/25 10:44 ] [ 編集 ]

☆みかんちゃんへ

みかんちゃん こんにちは。
コメントありがとうございました。 おっしゃる通りでりんごの表皮の色付きは、紅葉と同じように寒暖の差がはっきりしないと、色合いもはっきり出てこないんですねぇ v-292  昔のように季節の春夏秋冬が分からなくなって来た昨今、先行きどうなるかも心配ですね。 わが地域では元々フジの栽培に適していないので、残念ながら果実は大きくなるものの、赤くは殆んどなりませんねぇ。
[ 2008/01/25 17:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/62-95c03179