怖い!トマトの青枯病

        怖いトマトの青枯病

トマトの青枯病 (あおがれびょう) て知ってますか? 今まで元気だった株が日中、急にしおれて、初めのうちは夜間に回復するのですが、やがて立ち枯れを起こし、病気の進行が急激なので、青みが残ったまま枯れる病気です。  関東も梅雨に入り強烈な雨が大量に降り続き、太陽の光から暫く遠ざかる日がありました。 乾いた畑には連日溢れるほどの水がいきなり注がれ、毎日の雨降りにも関わらず徒長するように成長だけはしていました。 4~5日ほど前の事になりますが、その後嘘のように今度は30℃前後の暑い日が今日まで続いています。 

 青枯病

そんな晴れ間の最中、畝の端から二本目の大玉トマト、突然中ほどから下の葉が垂れるように萎れているのです。 水分はあるのに何故だろう? 芯食い虫にでもやられたかな? 等と思いつつ2日間様子を見ました。 朝になると幾分元気になるものの、昼間は全く葉は垂れたままで、その症状は上に向かって頂芽に達して来ました。 3日目には完全に青いまま全葉が萎れたままになりました。 トマト栽培は毎年続けて来ましたが、こんな病気は初めての経験です。 現在端の2本だけが侵されていますが、他のトマトに伝染しなければと思っています。

 青枯病B

調べて見ると、『高温時に多発し雨が続いた後、晴天になって気温が上昇し、地温も20℃を超えてくると多発します。 病原菌は土中で長期間生存するので一度発生した場所では毎年発生しやすくなります。 病原菌は水やりや雨水で移動し、土を耕したときや、土壌害虫の食害などによりできた根の傷から侵入することもあります。』 と書かれていました。 またトマトだけに限らず、他の 草花、野菜 (ナス、ピーマンなど) などにも同様な病気があるそうです。

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 

[ 2014/06/16 20:45 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(2)

はじめまして

はじめまして。

私は園芸初心者で家の小さなお庭でちょっとした野菜を育ててます。
青枯病ってこういう感じなんですねぇ。
せっかく大きく育ってきたトマトだったのに残念ですねぇ。
青枯病にかかってしまったら、治す方法とかはないのでしょうか。
[ 2014/07/03 21:20 ] [ 編集 ]

トマト栽培は奥が深~いですね♪

K さん おはようございます。 コメント有難うございました。
拙いブログへ、ようこそお越しくださいました。
Kさんも野菜を育てておられるとの事、お仲間が出来て嬉しいです。
私も家庭菜園を長く続けて来ましたが、進歩のない初心者も同じです。
トマトは毎年我が家の恒例野菜で、50本前後植え付けていますが、
今回の青枯病は初めての経験です。 一昨年は風雨による菌の病気から、
大きく実を付けたトマトが全滅になり、がっかりした思いがありました。
青枯病は土の中で水により伝染する病気との事、抜き取って廃棄するしか
ないようですね。 天候で高温との温度差や、湿度が影響するようですね。
こちらからもお邪魔させて戴きます。
[ 2014/07/04 08:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/550-0563efab