ツタンカーメンのエンドウ豆

 ツタンカーメンのエンドウ

ツタンカーメンのエンドウの種は、当初blogサイトの方から分けて戴き、3年目の栽培になりましたが、今年は特に実の付きが良いようです。 現在日本で栽培されている種は、古代エジプト産で、エンドウの原種と思われます。 今花は咲き終わったようで、日増しに実が膨らんで来ています。

 ツタンカーメンのエンドウ1

やや表皮の紫色があせて来るとサヤが膨らみ、中の豆が大きくなっているのが分かります。 順次今年初めてのツタンカーメンのエンドウ豆を収穫して見ました。 

 ツタンカーメンのエンドウ2

豆の色は綺麗なグリーンで、形はやや四角ぽいのが特徴です。 出来の良いサヤには、7~8粒のふっくらした豆が入っています。 

 300gのツタンカーメンのエンドウ

皮を剥いて取り出した豆は300gほどありました。 さて豆の食べ方として、ツタンカーメンのエンドウ豆ご飯がありますが、米と一緒に炊き込むとこれは不思議、こんなグリーンの豆なのに、ご飯が薄いピンクになるんですから… 一晩置くとさらに色が濃くなり、まさしくお赤飯と同じ色になります。

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
[ 2014/05/11 06:00 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/539-fdddf39c