ボラの掛け釣り

ボラの掛け釣り

ボラと言う魚をご存知でしょうか… スーパーや鮮魚店で見掛けない魚で馴染みが薄いかも知れませんね。 ボラはスズキと同様、成長と共に呼び方が変わる出世魚です。 ボラの卵巣は高級珍味のカラスミの原料として高値取引されます。 釣り人の間では敬遠される魚で、釣っても家に持ち帰る人が少ないようです。 その要因の一つが生息する場所によって臭いとか、下ごしらえの面倒くささにあるのかも知れません。 しかし三枚に下ろし皮を剥いでしまうと、全く生臭さも匂いもなく、ややピンクががかった白身で、外海で獲れたボラなら刺身やあらいにして美味しくいただけます。 フライや天ぷらにすればまさに高級魚で、鳥のササミのように淡白で何の魚か分からないほどです。 過去のボラに関しての概念や思い過ごしから印象を悪くした魚のように思えます。 癖もなく調理次第では魚嫌いの子供にも喜ばれる味の魚だと思います。

ボラ釣り

魚釣りには色々な漁法がありますが、この引っ掛け釣り (ギャング針釣り) は、どうも自分には邪道に思えます。 とは言いつつ勝手なもので、今回私は始めての引っ掛け釣りに挑戦しました。 当日は晴天で絶好の釣り日和でした。 我が家から車で約40分で行ける漁港近くです。 餌釣りとは異なり、イカリ型の針に引っ掛けて引き上げるのですから、魚も慌てて猛烈に暴れまくり強烈な引きをします。 釣る側も逃げようとする魚との引き合いに興奮しますね。 

釣果

釣果は1時間弱の間に、大きさ40㌢~43㌢サイズのまあ良型、短時間で8匹でした。 

                         にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 

[ 2013/11/07 20:17 ] 付録の話題 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/496-a0facaa6