簡単なワケギ栽培

ワケギ(分葱)

ワケギは普通の葱より粘々が少なく、香や風味も穏やかで比較的癖がなく、細かく刻んで薬味にしたり、ヌタにして良く食べられます。 一般にワケネギと混同され易いワケギとは、種はワケギでネギとタマネギとの雑種です。 ネギの一変種でネギとは違い球根があります。

ワケギ植え付け10日

プランターや鉢に植え付け狭い場所でも簡単に栽培する事が出来ます。 ワケギの植え付けは9月初旬頃が適しているのですが、10月の始め長さ70㌢×幅40㌢×深さ27㌢のプランターを使って、40個位の種球を植え付けました。 種球の植え付けは球根の頭を少し地表に出して植え付けるのがコツで、球根の先端(尖った方)に土をスッポリ被せない事です。

ワケギ(分葱)の収穫

こうして伸びた葉を根元から2~3cm残し、必要に応じて刈り取って利用します。 成長が早いのでまた直ぐ新しい芽が伸びてきます。 時折肥料を与え三回位刈り取りが出来ます。

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
                        
[ 2013/10/27 20:29 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/493-473ddedf