大玉りんごスタークジャンボ

スタークジャンボ

以前にも何度か紹介しました「スタークジャンボ」りんご、 袋をかぶせて遮光するとこんな青白い果実になります。しかし、適期にその袋を剥がして光を当てると、見事に真っ赤なりんごになります。現在ではテニスボールよりはるかに肥大しています。 この木で開花後9個の果実を残しましたが、その後思い切って摘果し、今は4個だけ生っています。

スタークジャンボ袋掛け

1回目の袋を掛けてからしばらく放任している内に、手の平サイズ果実がかなり肥大していました。 良く見れば、まさにしゃがんだズボンの尻がパックリ裂けたような感じ (例えが良くないねぇ)、更に大きい袋に掛け替えの時期が来たようです。 袋を外せばご覧のような色です。

スタークジャンボB

八月を過ぎる頃になって、リンゴの表皮に文字や絵を貼り付けて、リンゴの面に焼き付けるシールリンゴにする予定です。 スタークジャンボは世界一リンゴ同様に、表皮が特にに赤くなる性質を利用します。 リンゴの形は不恰好で決して姿形は良くありません。 糖度は高くありませんが、酸味の効いた爽やかなリンゴです。 紅玉と並んで調理には最高です。

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 

[ 2013/07/06 08:04 ] 果樹栽培 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/460-3c4ce4dc