自家野菜の苗作り

きゅうり

今年も3月頃から野菜その他の種まきが始まり、早い生育の苗からそろそろ本植えの時期を迎えます。 キュウリは「シャキット」と四葉キュウリの2種、どちらも表皮がイボイボの多いシャキッとした歯ざわりのキュウリです。 4/5日の播種で植え付け間際です。

メロンとスイカ

メロンはこの5種類以外にキスミーメロンが加わり、現在計6種類を育苗中です。 今年の天候不順と思い掛けない遅霜で、1回目に蒔いた幼苗を枯らしてしまいました。 急遽4/13日に蒔き直し現在に至っています。 小玉スイカ「姫まくら」にしてもしかり、3/15日に播種したもので復活した3本を除き、4/24日に追加予備苗で蒔き直しました。 気温が安定し順調な生育です。

ローゼル ゴーヤ バジル

写真の苗達も昨年自家採取した種からの苗ですが、種は極力自家採種を使う予定です。 栽培の本数が増えると、出来合いの苗は意外とお高いので、我が家で作る事にしています。


                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
[ 2013/05/13 17:30 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(2)

立派な苗ですね~

rick papaさん、こんばんは。
ご無沙汰している間に、凄い進歩でビックリです@@!
何から何まで、自家採取のタネで育てていらっしゃるのですね!
それにどれも立派。
私が昨日買ってきた苗よりも立派です。

こちらはつい数日前からようやく気温も安定してきました。
ずっと寒くて庭仕事もなかなか捗らず、ましてや畑はほったらかし状態でしたが、ようやく今日苦土石灰をまきました。

ところで、接ぎ木苗は丈夫ということで、苗を購入する時は少し割高でも接ぎ木苗を求めているのですが、実際のところどれだけの違いがあるんでしょう~
rick papaさんのタネまきから育てられた苗は接ぎ木はされていませんよね。
それでも、プロ顔負けの収穫量!
rick papaさんの手腕に寄るところ大なので、rick papaさんの場合は接ぎ木であろうが無かろうが関係ないかと思いますが、実際のところ大きく違うものなのかいつも疑問に思いながら購入しています。
[ 2013/05/13 22:08 ] [ 編集 ]

野菜作りもこれから楽しいですね♪

Yoyoさん おはようございます。嬉しいコメント有難うございました。
お褒め戴き嬉しい反面ほんとに恥ずかしいで~す v-402 褒め過ぎですよぉ! 写真ばかりで本当はお粗末なんですから v-408 

我が家は2年前に20年以上住み慣れた埼玉から、海に近いこちら千葉へ越して来ました。 気候風土や環境の違いでしょうか、野菜や移植した植物も当初は生育が上手く行きませんでしたが、昨年あたりからすっかり根付いて葉も茂り始めています。

果樹の接木は過去に多く手掛けてきましたが、野菜の接木苗は経験が少ないです。 もともと野菜を接木する場合台木は、主にカボチャやトウガを使用しますね。 カボチャは何処の土地にも対応し、連作や病気にも強い事から利用する知恵なんでしょう。 元木と台木の種を同時に蒔いて、同じ成長期に接木するわけですが、カボチャは以前私も何度か栽培した事がありました。 品種にもよりますが、カボチャだって土を選びますし、多少の病気にも掛かります。 大量に栽培するプロとは違い、家庭菜園程度でしたら多目の有機質堆肥を都度に施し、PHを調整してやれば、病気や連作障害にも結構負けませんしね。 ただ相性の悪い野菜もありますからこれは要注意ですね。 例えばジャガイモにトマトやナス等、近いと生育不良や病気に掛かりやすいです。 拙いblogですが、また懲りずにお越し下さいね v-290
[ 2013/05/14 09:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/444-4682587f