60個の実が生った

  トロピカルフルーツ

パッションフルーツ(果物時計草)の種類は実に多くありますが、我が家に現在7種類のパッションフルーツがあります。 現在花が咲き結実しているものは2種類で、エドゥリスと大実ルビスターの新品種です。 成長は著しく早く結実年数は、春に小苗から育てても年内に花が咲き、実生(みしょう)からでも翌年か2~3年後には収穫出来ると言う、花と実を楽しめるのがこのトロピカルフルーツです。 我が家のグリーンカーテンは、今年数種類のパッションフルーツです。

  パッシフロラ・エドゥリス (passiflora edulis)

パッシフロラ・エドゥリス (passiflora edulis)は、通常売られている品種の殆どがこれです。 自家受粉性で1本で結実します。 丸くて熟すと紫色になり自然に落果しますが、その時が食べ頃です。 実に良く実が生る品種で、今年は既に鉢物も含め56個の果実が生っています。

  ルビスター新品種

 この品種は昨年 「大実ルビスター」 の種を購入し、実生から育てたものですが、本来の 「大実ルビスター」 ではない花が咲き、勿論結実した実の形も違います。 ルビスターは自家受粉性ですから、他の品種の授粉木としても用いられます。 そのため既に何かの品種と交配された種が混じって来たようです。 いわゆる新品種かも知れません。 花は別品種の パッシフロラ・アラタ (passiflora alata)に良く似ています。 ちなみにこの新種は自家受粉しませんので、パッシフロラ・エドゥリスの花粉で交配しました。 写真はそれで着果したものです。
 

パッシフロラ・エドゥリス

7/13日現在、鉢植え栽培のパッションフルーツも含め、パッシフロラ・エドゥリスが56個と、大実ルビスターの新種が4個を合わせ、60個のパッションフルーツの果実を数えました。

                         にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                    最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 




[ 2012/07/14 06:00 ] 南国果樹 | TB(-) | CM(6)

No title

rick papaさん、こんにちわ(^^♪
パションフルーツの実が沢山なってますね!(^O^)
私はマンゴーが大好きなのですが
南国の温かい所の果物は冬の管理が大変そうなので
二の足を踏んでおります。

あの~ パションフルーツ食べたことないんですけど
美味しいですか?(^_^;)
[ 2012/07/15 12:30 ] [ 編集 ]

パッションフルーツの花

こんばんわ~♪
パッションフルーツの鈴なり、それも60個とは凄い量ですね。

私が戴いた実生大実ルビスターの花はエドゥリスと同じ花なのですが、rickpapaさん宅の新種の花はかなり変わった花ですね~。アラタの水色のモジャを省略してしまったような花、果実の形もアラタに似ているようですね。熟したら何色の果実になるのでしょう?そしてお味は、、興味津々です。
[ 2012/07/15 20:28 ] [ 編集 ]

栽培は比較的簡単ですよ♪

けいちゃん おはようございます。コメント有難うございました。
仰るように南国フルーツは、如何に冬越しさせるかが、大きなポイントになりますね。 私もマンゴーを育てた事がありますが、部屋に取り込んでも寒さに勝てませんでした。 やはり加温設備が必要なんでしょうか v-292 パッションフルーツは、その点部屋に取り込めば、何とか冬越し出きるようです。 パッションフルーツの果実は、まだ店頭に多く出回ってはいませんが、以外に値段も高いので見過ごされてしまうようですね。 好き好きがありますが、一度食べると癖になるような濃厚で酸味と甘みがある味です。 私は好きになりましたよ。v-290
[ 2012/07/16 08:55 ] [ 編集 ]

ほんと興味津々ですねぇ!

Sato さん おはようございます。コメント有難うございました。
その後次から次へと花が咲き、人工授粉はしていますが、結実数が増えています。 まだ他の品種も伸びていますので、最終的には100個を超えるかも知れませんね。 今思えばパッションフルーツを知ったのは Sato さんのお陰、楽しいフルーツ栽培が出来ています。v-10 
大実ルビスターとして苗を育てていましたが、いざ花が咲いてみて、ツルの状態や葉も同じなのに… なぜぇ~? と言う思いでした。 果実は先が尖っていますね。 もしアラタの系統が入っていれば、果実は大きくなると思います。 色はルビスター系なら赤、アラタ系なら熟すと黄色っぽいかも知れませんね。 いずれ楽しみがふえました。
[ 2012/07/16 09:12 ] [ 編集 ]

No title

まじめまして はまたけさんのところからやってきました
当方は神奈川で趣味で色々と栽培をしておりますm(__)m
60個とは凄いですね~ うちは今年は全然です
私はアラタの受粉に遺伝子違いの株か同系異品種が良いと聞きアラタの改良種のルビーグローを用意してあります はまたけさんの仰る通りオオミノトケイソウもアラタの血が入っているので良さそうですね とはいってもうちでは同時開花がなかった為 受粉させられませんでした^_^;
アラタは実は自家受粉率は非常に低いですが まれに率の高い株が現れる様で その株を農家さんでは元株にして増やすようです
[ 2012/08/01 12:12 ] [ 編集 ]

パッションフルーツ栽培は奥が深いですね

トリマーおやじさん 初めまして 嬉しいコメント有難うございました。
拙いブログへようこそお越し下さいました。 私はある切っ掛けからパッションフルーツ栽培を始めてまだ4年ですが、未知の部分が多く判らないことが沢山あります。 今年は現在2種類のパッションF合わせて、現在では70個以上の実が着いていますので、熟して来るのが楽しみです。 アラタは昨年も沢山の花は見ましたが、受粉木が上手くかみ合わず、未だ着果するに至っていません。 エドゥリスは比較的どの品種にも相性が良いのですが、アラタにはどうも合わないようですね。 私も同系の異品種で交配したいと考えています。 現在我が家にもルビーグローや他の品種もあるのですが、開花時期がなかなか合致しないのが悩みです。 はまたけさんのように、自家受粉出来るアラタは本当に羨ましいですね。v-290 トリマーおやじさんのブログにもお邪魔させて戴きます。 これからもどうぞ宜しくお願いします。 
[ 2012/08/02 08:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する