大根の息子と娘

根もの野菜で大切な事は、フカフカとした深くて軟らかい土と言いますが、そんな理想的な土は我が菜園ではちょっと程遠いい。 元々田んぼだった土地柄、雨が降れば水はけも悪くネトネト、乾けばカチカチで砕いても石ころのような土質です。 それでも今年で2年目、ワラに腐葉土に堆肥等多くすき込んで、大分土質が当初より改良されて来ました。 クワ1本でここまで老体に鞭打って頑張ってます  小型の耕運機が欲しいよぉ~

20071101160330.jpg

 は 「大助」 大根息子でありまして、男の子のシンボルあり相違ありません。 (不愉快な方は目を背けてね) 土質が悪く小石やや直接肥料にぶつかるとこのように悩ましい姿に分岐してしまいます。

20071102135036.jpg

 は 「根子」 大根娘であります。 土質が良ければこのように根が真っ直ぐ伸びて来ます。 現在40~50㌢の長さで、後1ヶ月も置けばもっと太くて長い大根に成長して来ます。 

20071101160354.jpg

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
[ 2007/11/02 14:00 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(6)

大根の形

rick papaさん こんばんはー
素晴らしい畑に毎度感心しています。丹精込めて育てた野菜類もいつもおいしそうで羨ましいです。
時々変わった形の大根や人参を頂く事があり不思議に思っていましたが、理由がわかりました。変形野菜も訳ありなのですねー。
[ 2007/11/03 21:25 ] [ 編集 ]

大根、元気に育っていますね。
私は大根を間引いたのを、植えるので、こういう大根がよく採れます。でも味には変わりはないので、作っています。
「土ごと発酵」をさせればいいのではないでしょうか。
私は来年から、深く耕さないで、畝もこわさないで、やってみようと思っています。
サツマイモのこと、ブログに載せました。
読んでみてください。
[ 2007/11/03 23:25 ] [ 編集 ]

見事な大根ですね~ v-10
もと田んぼだったところを畑にするのは大変ですね(^^;)今年、熱意が認められて(?)もらった畑は、もと田んぼなので、よーくわかります(笑)
根菜類って、本当に、障害物に弱いんですね。
[ 2007/11/04 11:42 ] [ 編集 ]

☆Satoさんへ

Satoさん おはようございます。
お返事が遅れ申し訳ありません。 コメントありがとうございました。 野菜の成長お褒め頂きありがとうございます。 野菜でも草花でも、まずは土作りからなんて言いますものね。 軟らかく肥沃な土であれば、後はお日様次第で植物は喜んで成長してくれます。 我が家の大根やニンジンも、徐々に真っ直ぐしたものが取れるようになって来ました。 また遊びにお出で下さいね。 
[ 2007/11/05 08:50 ] [ 編集 ]

☆みかんちゃんへ

みかんちゃん おはようございます。
お返事が遅くなり申し訳ありません。 コメントありがとうございました。 そうですよね… 商品として出荷するなら、姿形に拘る必要もあろうかと思いますが、自家利用なら新鮮で美味しければ、なんの文句もありませんものねぇ。 v-290 「土ごと発酵」 これは例の本で読みましたが、事実そのような方法で野菜を作られている方が居られます。 まさにこれが自然農法の原点だと共感しました。 これは家庭菜園であっても、無農薬を心掛けるなら、大いに取り入れるべき素晴らしい事だと思います。 またお邪魔しますね。  
[ 2007/11/05 09:02 ] [ 編集 ]

☆gerogeroさんへ

gerogeroさん おはようございます。
嬉しいコメントありがとうございます。 大根の出来褒めて頂きありがとうございます。 おっしゃる通り、土の改良は思った以上に大変ですね。 今年もまた山へ枯れ葉を集めに行く予定です。 腐葉土を沢山作って土に混ぜると、大いに土の改良に効果がありますね。 根菜類は地中で大きくなるわけですから、地上で育つ葉もの野菜とは別の考えが必要ですね。 また遊びに来て下さいね。 v-290
[ 2007/11/05 09:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/36-8c2da287