こんな時期に収穫!

   パッションフルーツ見出し

パッションフルーツ(Passion fruit)の多くは、ブラジル原産の亜熱帯地域で栽培されている果樹で、花の形からトケイソウとも呼ばれています。 比較的寒さにも耐える事で、一般の家庭で栽培するのもさほど難しくありません。 我が家には現在数種類のパッションフルーツがあります。 その中でもパッシフロラ・エドゥリス (passiflora edulis)は育て易く、自家受粉性ですから1本で実が生ります。 そのため自家結実し難い他品種の受粉木としては最適です。

   真冬ノパッションフルーツ

昨年の夏から秋に掛けて沢山の実を付けました。 夜間の気温も下がる頃、寒さ対策で昨年作ったビニールハウスに取り込み冬越し準備、 朝晩の気温も徐々に下がり、若干寒くなった時期になって花を咲かせ結実、晩秋になっても実が落ちることなく、年を越しとうとう今年3月半ばを過ぎました。 何とか真冬の寒さから峠は越せた感じ、良くぞこんな時期に実を付けていたもんだ… と感心する事しきり、10個あった実も今は後4個、その内の1個を3/17日に収穫しました。 夏場と違ってやはり色の付き方も遅く、やや暗い赤みがかった果実です。

   パッションフルーツの果肉

さて切って見た中身は、果肉はオレンジ色で果汁がたっぷりですが、しかし太陽光をしっかり浴びた果実と違い、追熟なしで甘味はあるものの酸味が強く、一言で言えばスッパ~イと言う感想でありました。 パッションフルーツとは、如何なる植物かまだ良く分からない?

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 




[ 2012/03/19 09:32 ] 南国果樹 | TB(0) | CM(4)

No title

ど根性パッションフルーツ!(@-@)
やっぱり温室がよかったのでは? なんだか私も温室が欲しくなってきたヮ(^皿^)
本体のほうは、酸っぱいのは苦手なので、う~ん…ですが…
暑い頃に熟したら甘いのかしら?(^~^)
いずれにせよ、デパ地下果物売り場の上段にあるものがサラッと写っていると、
ソワソワしますね(笑)
[ 2012/03/19 10:50 ] [ 編集 ]

是非ご賞味下さいね♪

gerogeroさん こんにちわ~ コメント有難うございます。
おっしゃるように、確かにビニールハウスの効果はありますねぇv-10 晴れた日には、ハウス内の温度が、何と40℃を超える事もあります。 その点が困りますが、換気によって温度調節をする必要があります。 夜は加温設備がありませんから、かなり温度が下がりますが、そうした点を改良すれば、冬でも色々な植物を栽培できそうです。 

同じ果実を昨年夏に何度も食べていますが、暑い時期に収穫したパッションフルーツは、適度な酸味と味の濃さ糖度バランス良く、アイスクリームなどにかけて食べると最高ですよ v-291  その味を言葉で表現するのが難しいですが、濃厚な味で一度食べると忘れられない果物です。 まだ1個単価が少々お高いですが、やがてキウィくらいの値段になるのではないでしょうか… 
[ 2012/03/19 18:28 ] [ 編集 ]

No title

コメントいただきありがとうございました。
ブドウですが、今は剪定も終わり枝はないのですが、多少ですが挿し木をしてあります。もし、うまくいって根付きが確認できましたら差し上げますよ。挿し木うまくいかなかったら秋の剪定までお待ちください。(
[ 2012/03/20 22:39 ] [ 編集 ]

お心遣い感謝します♪

桃太郎さん こんにちは。 コメント有難うございました。
わざわざご丁寧にお返事を戴き、感謝します。 決してご無理にとは申しませんので、気楽に忘れたらそのままにして下さいね。 現在は以前の住まいから移植した巨峰とデラウェアがあります。 年数が経っている木なので、少しずつ実を付けそうです。 近々棚を考えなくてはいけませんねぇ(苦笑)
[ 2012/03/22 16:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/352-8ab5e54e