チンゲンサイ(青梗菜)

  チンゲンサイ

チンゲンサイ(青梗菜)はアブラナ科の野菜で、中国料理には良く出てくるお馴染みの野菜ですが、チンゲンサイは油との相性が良くて、炒めたり茹でたりすることで色付きが良りなり、炒め物やスープなどの料理に用いるのがお勧めです。 今年は例年にない寒さ続きで、野菜の値段が上がりお台所のやりくりも大変ですね。 我が家では遅蒔きしたチンゲンサイが、真冬の現在ビニールトンネルの中で、僅かながらすくすく育っています。 面倒でもトンネルを掛け、マルチをして地温を上げる事で、生育に大きな違いが出ますねぇ。


葉物野菜

チンゲンサイの栽培は素人でも簡単で、プランターや鉢でも容易に作れます。 野菜の値段も高く少ない時期、新鮮でみずみずしい野菜が、手元で収穫出来るなんて贅沢ですよね。 採れ立て新鮮な野菜を即調理すると、野菜の癖や食味感さえも違って、嫌いだった野菜でも好きになってしまうほどです。 チンゲンサイにも色々な種類があるようですが、ちなみにトーホク種苗交配のチンゲンサイ(緑陽)です。

トンネル栽培

5mの長さの畝に5㌢間隔穴の黒マルチに植え付け、適当に空気穴を空けた半透明のビニールを掛けました。 これが二列ありますので、我が家で消費するには毎日食べても余るほどです。 今時期はヒヨドリが来襲してますが、トンネルが防鳥の役目も果たしています。

                        にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                  最後までご覧戴き感謝します。
              ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 




[ 2012/03/06 06:00 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/348-8d34325c