頑張れパッションフルーツ

       パッシフロラ・アラタ (passiflora alata)

我が家のパッションフルーツも、今年で5種類にまで増えました。黄色い果皮で、酸味がほとんどなく甘いと言う「アラタ」の実は、まだお目にかかった事はありませんが、運よく花を見る事が今年の夏に出来ました。花は他のパッションフルーツに比べ、派手で大きくゴージャスな花柄です。本来なら寒くなったこの時期になると、気温も下がり花は勿論の事芽の伸びも止まり、葉も黄ばんで屋外では散り始めるのが普通です。

 passiflora alata

 パッシフロラ・アラタ

今年は念願だったビニールハウスを建て、早めに挿し木苗や鉢植えの鉢植えパッションFを取り込みました。11月の半ばを過ぎても日中のハウスの中は、閉切のままだと室温40℃を超えるほどです。入り口と換気の通風孔を全開して温度の調節をしています。その甲斐あってか、今時期に戸外では咲くはずの無い「アラタ」が、現在4個も同時に開花していますが、蕾もツルの先端にまだ次々付けているのが不思議です。ハウスの中と言えども加温設備もない場所、一体何時まで花を咲かせられるのでしょう…

 イエロージャンボ

の写真は「アラタ」と同じく、戸外から鉢植えをハウスへ取り込んだ「イエロージャンボ」です。この時に既に1個果実が付いており、そのままツルをらせん状に巻いて、支柱に絡ませてあります。実の色も良く大きく膨らんでいるようですが、さて収穫までたどり着けるでしょうか?


 パッシフロラ・エドゥリス (passiflora edulis)

 のパッシフロラ・エドゥリスは、パッションフルーツの中でも最もポビュラーな品種で、花付きや果実の付が良く育てやすい品種です。我が家では夏の日除け代わりにネットに絡ませて今日に至っています。しかし秋になって次々に花が咲き、現在14個の実を付けてはいますが、しかし朝晩の冷え込みが日毎に増して、さすがに葉が黄ばんで少しずつ落葉が始まりました。寒さに耐えて戸外で生育出来るのもここまでか… 

 パッシフロラ・エドゥリス

ここまで実が膨らんでいるのに惜しいような気がしますが、今からビニールハウスに取り込むのも、ここまで大きく育っていると少々大変だ…

                       にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                  最後までご覧戴き感謝します。
              ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 


[ 2011/11/30 07:42 ] 南国果樹 | TB(0) | CM(12)

まるで・・

わぁ~!パッションフルーツの花、まるで七夕飾りみたいですね~。
東北の七夕祭りに行ったことがないのですが、こちらで体験したかのようです・・。
今年設置されたビニールハウス、なかなかの優れもののようですね~。
やっぱ、フルーツ栽培には必須ですね!

明日は、今日よりももっと寒くなるとか・・。
雨降りの今日は、窓掃除なんぞして、過ごしましたぁ~。
明日は、歯医者さんの予約なの・・。
畑仕事も少なくなるし、苦手な歯医者さん通いを、また始めることになりましたぁ・・。
[ 2011/12/01 19:59 ] [ 編集 ]

避難?!

おかげさまでパッションフルーツとビロードモウズイカを楽しませていただいてます^^
寒くなったのでパッションフルーツは今軒下に避難していますが、やはり室内かビニールハウスのほうがいいでしょうか?
葉はとっても綺麗な緑色をしています。
日除けにしていたパッションフルーツはどうなっちゃうのでしょうか・・・
私もできればパッションフルーツの日除けを育ててみたいと思っているのですが。。。
とりあえず、
パッションフルーツもビロードモウズイカも今のところ順調に育っていまーす♪
[ 2011/12/01 22:00 ] [ 編集 ]

ほんとに寒いよぉ~!

cocoさん おはようございます。何時もコメント有難うございます。
パッションフルーツには色々な種類がありまして、花の形や色も様々で結構楽しめますね。v-290 特に写真に載せた品種の「アラタ」は、独特の花の形と色合いがまるで造花のようでもありますよね。 良い香りもするんですよ。 まさに七夕の飾り付けに似たような感じですね。 仰るようにビニールハウスの効果は出ているようですが、果たして真冬の厳寒期に対応できるか不安もあります。v-292 今朝は本当に冷えてますよ。 玄関内に付けてある温度計は、現在4℃をさしてますので、外はもっと冷えてますよ。 rick papa も最近まで歯医者に通ってました。 それも半年以上ですよぉ~v-408 ほっとしたのも束の間、またまた前歯の土台が痛み始めています。 やだねぇ~v-409
[ 2011/12/02 09:25 ] [ 編集 ]

冬越しが難問ですねぇ!

hana さん おはようございます。 コメント有難うございます。
少々ご無沙汰してます。 忘れずにお出で戴き嬉しいです。v-290 さすがにこの時期になると、寒さも一段と身にしみて来ますね。 植物にとってもこれからが正念場、冬越し対策が大きな課題でもありますよね。 パッションフルーツは5℃程度までは耐えられますから、それを目安に管理すれば冬越し出来ると思います。 特に根が大事で鉢を寒さから守ってやれば、上が枯れても来春芽が出て来ますよ。 部屋に取り入れて管理出来れば良いのですが… 冬を無事越せれば温かくなるとびっくりするぐらい成長が旺盛ですので、夏場はアサガオやゴーヤの成長にも負けませんよ。 それに花も果実も同時に楽しめます。v-398 ビロードモーズイカは寒さには滅法強いのがいいですね。 我が家も寒い花壇で元気に育ってますよ。
[ 2011/12/02 09:58 ] [ 編集 ]

No title

こんにちは。

アラタは酸味が少なくて甘味が強いので美味しいですよ。
果肉も厚くて、洋ナシのような食感で美味しいですね。
花も豪華で見応えがあり、栽培していて楽しい品種ですよね。
[ 2011/12/05 21:41 ] [ 編集 ]

「アラタ」の実 食べて見たいです♪

はまたけ さん こんにちは。 嬉しいコメント有難うございました。

ご無沙汰しています。 お返事が大変遅くなりすいませんでした。 「アラタ」 は今年初めて花を咲かせ、その花の美しさに感動した次第です。 はまたけ さんは既に果実を生らせその味をご存知ですが、是非今度は果実の味で感動したいです。 「アラタ」は自家受粉しないと聞いていますので、他のパッションフルーツを数種用意しています。 エドゥリスの苗は沢山あるのですが、この花で受粉は可能でしょうか? 来年は何とかアラタの実を収穫して見たいです。v-398 今年ビニールハウス(2坪)を作りました。 その中に一回り小さいもう一つのハウスを作り二重にしてありますが、果たしてこれで冬越し出来るのかも課題です。 日中は温度が上がりますが、朝晩の冷え込みでどの程度の温度が保てるのかまだ分かりません。 はまたけ さんは厳寒期には加温しているのでしょうか。? 昨年の我が家ではドラゴンフルーツ(3鉢)と、パイナップル(5鉢)を寒さで枯死させてしまいました。 南国果樹はこの点が心配です。 これからも色々とご教示宜しくお願いします。
[ 2011/12/07 17:28 ] [ 編集 ]

お久しぶりでございます

こんばんは。
ようやくブロクを見ることが出来るようになりました。
パッシフロラ・アラタと言うパッションフルーツは、なんとエキゾチックな花でしょう!初めて見ました、すっばらし~い花ですね。花だけでも価値があるように思います。加えて実も生るとは…グッドですね。
私は未だパッションフルーツの実を食べたことが有りません。色々なブログを拝見していて、種の部分だけをスプーンですくって食べるものと思っていました。上の「はまたけ様」のコメントによると果肉部も食べられるのですね。へェ~、パッションフルーツを見直しました。
色々と勉強になります。
[ 2011/12/08 00:01 ] [ 編集 ]

注目のパッションフルーツです

夕焼け雲さん こんにちは。 コメント有難うございました。

ホームページを移転されたんですねぇ! それにハンドルネームまで変えられて、また別の意味で新たな出発進行ですね。v-290 これからも懲りずにお越しくださいね。v-398 仰るように 「アラタ」 の花は、独特の色と姿形をしています。 クラゲのような感じもしますし、ビニールで出来た飾り付けの造花のようでもありますよね。 まさに花を鑑賞するだけでも価値がありそうです。 私もまだ 「アラタ」 の実は食した事がありませんが、パッションフルーツでも一般的な 「パッシフロラ・エドゥリス」 は 、我が家で良く実を付け赤く熟します。 大変味が濃厚なのが特徴です。 来年にまた実を付けましたら、お送りしますから、是非夕焼け雲さんにも食べて頂きたいと思いますよ。
[ 2011/12/08 16:52 ] [ 編集 ]

No title

こんにちは。

アラタですが、エドゥリスの花粉でも受粉できると思いますよ。
うちにある株は自家受粉できる株のようで、
私も教えていただいたのですが、極まれに自家受粉できる株ができるそうです。

越冬に関しては、うちでは室内に退避した鉢以外は、
外の温室とビニールハウスで越冬させているのですが、
温室は温風機、ビニールハウスは灯油ヒーターを設置しています。
小型のものなので、ぽかぽかに温まりはしないのですが今のところ毎年無事に越冬できています。
この冬は厳しい寒さになるかもということなので、なんとか無事に越冬させたいですね。
[ 2011/12/08 20:35 ] [ 編集 ]

ご親切に感謝します

はまたけ さん こんにちは。 親切にコメント有難うございます。

自家受粉出来る「アラタ」もあるんですねぇ! 羨ましいですが、そのような株は何故出来るのでしょう。 その親株から挿し木をすると、自家受粉できる苗が出来るのでしょうか… 大変参考になりました。 来年の開花が楽しみになって来ました。
 
植物によって低温に耐えられる種類も色々ですが、やはり最低限の加温設備は必要かも知れませんね。 過去にマンゴーやアボカドにミラクルフルーツ等も、やはり寒さでだめにしてしまった経緯があります。 何とか色々工夫して見ます。 
[ 2011/12/09 16:14 ] [ 編集 ]

今年もよろしく☆

rick papaさん、新年あけましておめでとうございます。
今年も楽しいブログを楽しみにしています。
本年もどうぞよろしくお願いいたします☆
[ 2012/01/01 15:20 ] [ 編集 ]

No title

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

パッションフルーツの調子はどうですか。
寒い日が続いてますが、早く暖かくなってほしいですね。



[ 2012/01/05 20:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/346-468e38db