メロンのルーツ

 メロンのルーツ

市販されるメロンの殆んどは、姿形や甘さ食感など品種改良され、種が交配された一代交配種「F1」と云い、収穫し食した種を再度蒔いても、親と同じものが出来ない仕組みになっています。 当然交配した元(原種)の親があるわけで、その父親と母親が何だったのか、探るのも興味深いものがあります。 例え立派なメロンが出来なくても、食したフルーツの種を蒔いて発芽させ育てる楽しみと面白みは、素人の趣味と道楽を十分楽しませてくれます。

 アールスカンタロープ

夕張メロン(夕張キング)を美味しく食べ、その種を保存し始めて播種したのは3年前、甘くてこんなに美味しいメロンが自分の畑で出来たら…と、大それた期待と悪戯半分て育てたものです。 しかし出来たものは想像もしないカボチャのような変な形… いったいなんじゃこりゃ? 首を傾げるばかりでした。 後に知ったこれがカンタロープメロンで、夕張キングのつまり父親なんですねぇ! この時に収穫したカンタロープメロン、香り甘さとも申し分なかった。 母親は優しい香りと甘さがあるアールスメロンで、この二つの掛け合わせのようです。

 カンタロープメロン

一方このカンタロープ(Cantaloupe)と云いますと、写真のような変な形で確かにカボチャ、1.4㎏で収穫後3~4日の追熟しての試食、お世辞にも美味しいとは言い難く、甘さに欠けたプリンのようで、ただ香りと食感のみで今回は終了でした。 勿論種の採取はしてあります。

 キスミーメロン元祖

今年メロンのビニールトンネル栽培は、東側からカンタロープ2本・夕張キング1本・キスミー1本を並べての4本を植え付けました。 このキスミーメロンを元に、色々な形のメロンが出来たのには驚きました。 少なくとも3種はあるようなものでした。 ネット入りの丸いものやら綺麗な形の親に似たもの、写真のように先がやや尖ったものなど、キスミーメロンのルーツはまだ謎ばかり、しかしネットサイト仲間のmelonmaniaさん から、大変貴重な情報を得ました。

『キスミーメロンの親は神田育種農場の「ローラン」と新潟県で育成された「ふかみどり」の交配固定系とサカタのタネの有名な品種「アンデス」と固定種の「夏系アールス」の交配固定系をかけ合わせた品種です。なお「ローラン」はアンデスを素材とした品種で、 「ふかみどり」・「アンデス」の2品種は「アールス」を素材とした品種です。 「アンデス」の片親は「アールス」と「ハネデュー」の交配固定系なのでもしかしたら ひいおじいさんやおばあさんに当たる「ハネデュー」の性質を受け継いだものが出てきてもおかしくはないのかもしれません。』

 F2メロンの変り種

今回のメロン栽培では、カンタロープは沢山実を付ける事が分かりましたが、しかしどのメロンも甘みが薄く、先ず美味しくないと言う結果でありました。 父方と母方の良さを受け継いで出来た市販のメロン、原種と言えども美味しくないはずは無い… 懲りずに再挑戦してみたい。

                       にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                  最後までご覧戴き感謝します。
              ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 


[ 2011/08/08 10:17 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(8)

No title

昨年を思い出し懐かしく。
貴方から頂いた種で、昨年ほぼ同じものができました。
あの白いデカメロンには驚きました。

早く蔕が外れたり、腐敗が早くて、
結局美味しく頂けることは無かったのですが、楽しい思い出でした。
今年作ったタキイのパンナFTの親を探る、
これはどうするか?、まだ決めてませんが・・・。
[ 2011/08/08 15:47 ] [ 編集 ]

No title

カンタロープ、沢山生るのですね。
以前、カンタロープについてネット検索で調べたときは、香りは特別に良いものの、甘くないので砂糖をかけて食すのが一般的な食べ方と書かれたサイトがありました。実際の物は見たことが無いためよくわかりませんが、rickpapaさんの作られたカンタロープメロンが正にそのようですね。
私の育てた夕張キングF2は、そこまでカンタロープに似たものはできませんでしたが、来年も挑戦してみようと思います。
[ 2011/08/09 01:50 ] [ 編集 ]

面白い体験でした♪

Shimadaさん おはようございます。コメント有難うございました。
本当に姿形良く甘くて美味しいメロンを作るのはプロの仕事、我々素人は趣味と道楽での栽培ですから、まあ気楽に楽しみながらやれればと思っています。 しかしこのメロン栽培に於いては、いろいろ不思議な経験や体験で勉強になりました。 また来年も試行錯誤しながら、メロン栽培を続けるつもりです。
[ 2011/08/12 09:05 ] [ 編集 ]

カンタロープメロンとは?

hideさん おはようございます。コメントありがとうございました。
カンタロープはまさに大小含めて、ゴロゴロという表現が相応しいほど生りました。しかしどれも甘さに欠けて、香り食感共に良いのですが、メロンとしては敬遠されますねぇv-292  これで甘ければ姿形は悪くても、近所へお裾分け出来るんですけど… 以前埼玉の畑で初めて出来たカンタロープは、香りも甘みも申し分ないものでした。 何故でしょうねぇ? 我が家のカンタロープの種で、 hideさんに栽培して貰いたいですv-290 そして甘みを出させる方法を、何かお教え戴きたいですね。 是非またこれからも色々アドバイスをお願いします。
[ 2011/08/12 09:17 ] [ 編集 ]

スパイシーカンタロープ

メロンを甘くするには・・・毎年、甘くしようと作っていますが今のところ糖度14.0以上の物が出来たためしがありません。
基本に忠実に作る事が甘くする方法だと思っています。苗作り、仕立て方、着果数に着果位置、摘心位置、遊び蔓の整枝、ステージ毎に異なる土壌水分管理。そして、収穫時まで枯れることのないスタミナ体質作り。このような事を、先人のプロが書かれた本で勉強されると良いと思います。私も日々勉強中ですので、なかなか教えれるほどの知識と経験がありません。
今年作られたカンタロープ風のメロンは、初めて作った時よりも、よりスパイシーカンタロープの特徴が強く出ているのではないでしょうか?
スパイシーカンタロープは、甘くしたくても、なかなか甘くは出来ないと思います。それは私が作ったとしても同じと思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%97
最初は夕張キングの実から採取した種で栽培したメロンなので、見た目はカンタロープに近くても、中身はアールスフェボリットの遺伝子の影響が少し出ていて甘かったのではないでしょうか?
メンデルの法則については詳しくないので違っていたら申し訳ありませんが、育てたメロンの中からカンタロープに近いものを選んで翌年そのメロンの種を栽培することを何年も続けていけば、カンタロープに近い遺伝子でメロンの特徴が固定してくるのかなと思います。
rickpapaさんのカンタロープ・・・どんなものか育ててみたいですね。rickpapaさん、私の育てたメロンの種と交換しませんか?ご希望の種があれば幸いですが・・・。
[ 2011/08/12 17:25 ] [ 編集 ]

来年が楽しみになりました♪

hideさん おはようございます。 丁寧なコメント有難うございました。
今年の夏の暑さは異常ですよねぇ v-12 連日の暑さでその内干物になりそうです。v-292  素人のメロン栽培なりに疑問が多く、まだまだ奥が深く未知の部分に興味が湧きますねぇv-290 カンタロープから採取した種を何代か続けて栽培し、本当の意味での原種に辿り付きたいと思っています。 甘くて見た目の良いメロン作り以外にも、こんな不思議なメロン栽培も面白いです。 生活のかかるご商売にされている方が、こんな無駄な事ををしてはいられないでしょうが、何故だろう? と思う事を我々は暇に任せて実践し、それなりに納得して行くのも、決して無駄な事ではないと思っています。 メロン栽培はまた来年になりますが、 hideさんのblogをまた参考にさせて戴き、新たなネットメロン栽培に挑戦したいと思ってます。
[ 2011/08/14 08:18 ] [ 編集 ]

No title

ありがとうございます。
以前、わたしが書き込んだことを記事にして取り上げていただき感謝します。
今年のカンタロープの中に緑白色の果肉のものが出現していますね。これもまた新しい品種として独立させることが出来ます。因みにもっと糖度の高いものを選抜するには最低でも1品種10本は栽培してマスクメロンみたいに親蔓1本仕立てにしてある程度離して植えて支柱立ちにして(他の株の花粉の影響を受けないようにするため)1本の樹に1個だけ実を成らせて目標とする外観・食味・糖度に当てはまる株の実からのみ種を取り、後は廃棄して残した系統の種子を栽培するというのを繰り返していけば早くて5年、長くて10年でオリジナル品種が生まれます。元々スパイシー・カンタロープはそれほど糖度が上がらない系統なのですが、この場合は見た目が似ていても純系のスパイシーではないので、糖度の高くなる遺伝子を持つ株を見つければ甘いスパイシー系の品種が生まれると思います。後、名前をつければ愛着がわきオリジナル感を引き立てることまちがいなしです。毎回長文ばかりですいません。
[ 2011/08/22 21:02 ] [ 編集 ]

アドバイス感謝します

melonmania さん おはようございます。嬉しいコメント有難うございます
何時も色々参考になるご意見やアドバイス本当に有難うございます。 メロンに付いてはまだまだ知識が浅く、これから自ら納得の行くように実際に栽培し、勉強して行きたいと思っています。 あくまでも趣味と道楽の範囲ですから、さして専門的な知識は必要ありませんが、楽しい栽培と気楽に考えています。 

追伸… 過日メロンの秋果の収穫を目指して育てていた苗ですが、やはり暑い時期での栽培は、なかなか温度管理が出来ず、成長に支障が出てしまいました。 現在枯れてはいないものの、成長も止まり萎れ気味の状態です。 残念ながら、メロン栽培は来年にする事にしました。 色々有難うございました。
[ 2011/08/23 09:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/315-9e7ade46