めろんF2

メロンF2

今年我が家のメロン栽培は、夕張キング・キスミーメロン・カンタロープメロンの3種です。夕張とキスミーは数年前に食べたメロンから採取した種を蒔いて苗を作りました。 カンタロープは夕張メロンの先祖がえりで原種です。 調べて見ると、カンタロープはアメリカで食されるポピュラーなメロンで、また家畜の飼料用にも利用されるとか、加工品(ドライメロンなど)としても利用されるそうだ。カンタロープを品種改良したものが、つまり夕張メロン(夕張キング)の親となるわけです。 「夕張メロン」は商標名で、カンタロープとアールスメロンの掛け合わせが、品種名「夕張キングメロン」ですね。 美味しく食べたら種を保存し、翌年種を蒔いて楽しみましょう…

遅かった

危機一髪

メロン栽培に付いてはズブの素人、今回の収穫時期が遅かった事は大きな失敗でした。収穫した時にはヘタの部分が軽く取れてしまいました。切って見れば既に完熟を過ぎた感じ、トロ~リとした食感で美味しかったが、甘さが薄くていまいちでありました。 こりゃダメだぁ~!

カンタロープメロン

残るは期待のカンタロープ、これは以前に一度収穫した実績があります。 1㌔以上の大きさのものが5~6個転がってる。 表皮がややオレンジ色を帯びた頃が熟して来た証、収穫して数日追熟すれば美味しく食べられる。 肥料の関係かなぁ…甘みが少々心配ですねぇ…

                        にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                  最後までご覧戴き感謝します。
              ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 

[ 2011/07/22 17:48 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(6)

No title

こんにちは。先日の台風以来、湿気の少ない涼しい日が続いています。
一昨年、貴方に頂いた3種のメロン種、その節は有難うございました。
昨年それを育て、(状況や結果は、昨年のブログに画像と共に記してますが)
貴方のこのブログ画像と全く同じ結果が出ました。
白い大きな表面ツルツルのメロンも全く同じ、カンタロープも幾つか出来ました。
いろんな実が生って、大変楽しい初メロン栽培、楽しかったですよ。
こういう知識も初めてしりました、生物(果実植物)の神秘ですね。

当方、今年は、タキイのパンナFTの買い種から育てていますが、
メロンは、最適採り時の管理が難しく、更に追熟も必要と、
美味しいメロンが口に入るかどうか?、今もって不明な状況です。
[ 2011/07/23 14:21 ] [ 編集 ]

No title

こんにちは。rick papaさんが栽培された夕張キングF2を、私も今年初挑戦しました。
植えたのは3株でしたが、1株枯れ、残り2株は無事に収穫しました。
ひとつはカンタロープ風で、もうひとつは夕張キング風。同じ実から採取した種でも、
さまざまなメロンに育つというのはやはり面白いですね。
収穫時期は私も毎年苦労しています。日数管理や積算温度管理でも失敗することがあります。
たくさん栽培していれば、一個試し取りして糖度を計れば残りの玉の収穫日を計算できるのですが・・・。
その点、夕張キングF2はとてもわかりやすい品種ですよね。あれなら取り間違いは起きませんね。
あと、メロンの糖度に関わる一番の要素は、水管理だと思います。
収穫日の2週間前から、土壌水分を少しずつ減らしていき、
収穫日に土壌水分が2.8PF(テンシオメーター)となるように管理し、
株はそこまで水切りしても耐えられる(枯れない)ようにそれまでに作りこんでおく。
文章で書くのは簡単ですが、その通りに栽培するのは非常に難しいです。
[ 2011/07/23 22:17 ] [ 編集 ]

面白いですねぇ♪

Shimadaさん おはようございます。コメント有難うございました。
各地に被害をもたらした大型台風も、何とか去ったようで一安心です。 
そうだったんですか… Shimadaさんもこのメロン栽培では、同じような経験体験を
されたんですね。 "(状況や結果は、昨年のブログに画像と共に記してますが)"
是非拝見させて戴きたいと思います。 いずれどの品種も原種に戻るわけで、
育ててみなければ分からない、その先祖を知るのも大変興味がありますよね。

今年はタキイのパンナFTを育てておられるとの事、またこのF1から採取した種が
果たして次回どんな子孫の実を残すかも興味が湧きます。 果実や野菜栽培も
何度も経験する内に、自分なりの地域にあった栽培法が生まれて来ますね。
奥が深いメロン栽培だからこそ、次は次はと引き込まれてしまいますねぇv-292 
Shimadaさんもこれからも懲りずにメロン栽培を続けて下さいね。
[ 2011/07/24 09:35 ] [ 編集 ]

興味あるメロン作りですねぇ♪

hideさん おはようございます。 コメント有難うございました。
hideさんも夕張キングF2を栽培されていたんですねぇ! "カンタロープ風で、もうひとつは夕張キング風" 同じ親から遺伝子的に色々な子供が出来る… 全く親と同じものが出来ないと言う不思議さは、毎年収穫するまでの楽しみですね。 長年栽培しているhideさんでも、収穫時期には苦労しているとの事、同じ品種だけの栽培なら、確かにおっしゃるように試し取りと言う手もありますよね。 夕張キングF2の栽培はこれで2度目になりますが、hideさんのアドバイス以来、少しずつですが元親の様子が分かってきました。 

"メロンの糖度に関わる一番の要素は…" 丁寧な説明を戴き感謝します。 まだメロン栽培では手探り状態の中、これから先の栽培過程で、とても助かります。 まだまだ疑問だらけの事ばかり、これからもよろしくお願いします。v-421
[ 2011/07/24 09:58 ] [ 編集 ]

No title

こんにちわ、見事なメロンが収穫できましたね。
わたしは昨日、秋作のメロンを植えたばかりです。収穫したキスミーF2の中に異様に白い皮のものがありますね。とうとうハネデューの血が蘇りましたか、来年キャンタロープメロンを栽培してみようと思います。何世代か経って性質が変わったときはまた種子の交換でもしてみたいです。固定が進んだら、他の品種とかけ合わせてオリジナル品種を作ってみるのも楽しみですね。
[ 2011/08/03 10:26 ] [ 編集 ]

先ずは固定種を見付けます

melonmaniaさん おはようございます。 コメント有難うございました。
キスミーメロンに関しては、まださっぱり分かりませんが、melonmaniaさんがおっしゃるような変わったメロンが出来てますね。 さてさて味や甘みに食感も問題で、香りこそ素晴らしいのですが、甘みは薄くてどうにもいけませんねぇv-292 カンタロープは以前初めて出来た時は、大変甘く夕張キングに近い味と甘みがありました。 肥料配分やら栽培過程に於ける水分調節など、何か関係しているものと思われます。 自分なりにこれからの課題ですね。 F2から出来たそれぞれのメロンからも完熟させて、種を採取しておくつもりです。 
[ 2011/08/04 08:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/308-89900350