ひめりんご

ひめりんご (姫りんご) と言えば、庭木や小さな実を生らせて盆栽などでお目に掛かる、一般的に観賞用果樹として知られています。 実は1㌢前後の小さなりんごで、秋になると真っ赤に表皮が染まり、見るからに食べて見たくなるような姿形をしています。 しかし熟しても渋くて酸っぱいのがひめりんごなんですねぇ  果実酒としては利用できますが、もっぱら鑑賞用としての果樹でしょう。 実がとても可愛らしいですねぇ…

20071010220853.jpg

 姫林檎の花は、我が家にある普通のりんごの開花時期とほぼ同じ頃に咲きます。 唯一あるひめりんごの目的は、実を採る為でもなく観賞用でもありません。 受粉用としてです。 りんごの品種は違っても、同じ地域で同じ栽培条件下に置かれると、不思議に5月初旬前後同時期に一斉に花開きます。 普通食用りんごは単体では受粉せず実には殆ど生りませんが、ひめりんごの花粉は殆どのりんごと相性が良く、傍に置いておくだけでミツバチ達によって交配されます。 花自体は普通の食用りんごの花と余り変わりません。

20071010220943.jpg

20071010220922.jpg

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
[ 2007/10/11 11:47 ] 果樹栽培 | TB(0) | CM(4)

カワイイね

いっぱい実がなってるね。
私、姫りんごとアルプス乙女と、どっちを植えようかとかなり悩んで、少し実の大きいアルプス乙女にしました。
姫りんごも欲しいわあ。
大きめの鉢に、寄せ植えにしてあったのを見たけど、一万円くらいするのよ。
苗木だと安いから、一本買ってもいいな・・・。
受粉樹にするのですか、なるほど。
それにしてもrick papaさんのおうちは住宅地だと聞いた気がするけれど、たくさん果樹を植えておられるのですね。
実りの秋とは、まさにこのことですよね。いいなああ。
[ 2007/10/13 07:28 ] [ 編集 ]

実りの秋

こんばんわ
近所のクリーニング屋の店先に比較的大きなヒメリンゴの木があります。実がたくさん生って、なんだかうれしくなります。
受粉用に植えられているとのこと、ノウハウという感じですね。
我が家のベランダでは出来そうもないところが残念です。。。。
[ 2007/10/13 23:41 ] [ 編集 ]

☆annさんへ

annさん こんばんは。
コメントありがとうございました。 そうなんですよ。 ひめりんごは花の数だけ実が付くようで、生り過ぎる傾向があります。 rick papaはアルプス乙女は育てた事はありませんが、生った実は食べられるのでしょうか? ヒメリンゴの実は完熟しても、渋くて食べられません。 我が家ではあくまでヒメリンゴは、他のりんごの受粉木として育てていますので、実はなるべく早く採取するようにしています。 我が家の庭は恥ずかしいくらい、本当に狭いんですよ。 そんな庭に通勤ラッシュ並みにぎゅうぎゅう植えてあるんですから、果樹も文句言いたいでしょうね(笑) v-15
[ 2007/10/14 18:17 ] [ 編集 ]

☆tpさんへ

tpさん こんばんは。
コメントありがとうございました。 そうですねぇ… ヒメリンゴも地植えにすると、かなり大きな木になる性質がありますよね。 それだけ丈夫で成長力があると木と言う事でしょう。 一応小さいながらもりんごの形をしてますから、赤く色付いた実が沢山ブラブラ生っているのを、見ているだけでも楽しいですね。 ヒメリンゴは良く盆栽に栽培される木ですから、場所がなくても鉢で楽しむには、手頃な果樹ではないかと思います。
[ 2007/10/14 18:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/28-be960214