ハーブチンキ剤

   有効成分抽出法

植物には人体に有益なものや有害なものがありますが、園芸用に有益な植物を使って害虫を予防出来ればこんな嬉しい事はありません。 昨今コンパニオンプランツなるもので、植物同士で病気や害虫から守る方法に人気がありますね。 其れと同じように農薬を極力使わず、自然の有益植物を使った自然農薬的なものがあれば、有機栽培で無農薬野菜に少しでも近付けるのではないかと思い試行錯誤してます。 まだ抽出液の効果はこれから実験段階で何とも言えませんが、アブラムシや青虫が実際寄り付かず嫌がるハーブもありますので、スプレーして試して見る価値は充分ありそうです。 前回1/26日にハーブ成分抽出を紹介しましたが、今回は簡単な自己流 「ハーブチンキ」 の抽出法を紹介します。 「ハーブチンキ」 とはハーブをウオッカや焼酎等、無臭蒸留酒などのアルコール液に漬け込んで、有効な成分を抽出する方法です。 つまり 「チンキ剤」 と言います。  本来のエッセンシャルオイルは 100%天然物質であって、人工的に合成したものは一切含まず完全な成分だけを指します。 純粋な成分の抽出 (精油) するには、蒸留法と言って蒸気により其の成分だけを選り分け取り出す方法が使われます。 一般的に製法が難しくこんな設備や器具は家庭では揃えられませんし、何より相当量の素材があってもほんの僅かな量しかエキス抽出できません。
  
☆ 今回ここで説明するのはアロマテラピー「香りの療法」 とは全く関係無く、ハーブの香りを楽しんだり 化粧に使うとか 健康飲料にするとか調理に使うためのものではない事を、カン違いされないよう念を押してお断りして置きます。 勿論アルコール度の高いホワイトリカーやウオッカを使って成分エキスを抽出しますので、飲めば酔いますし塗っても体質に合わない方もいらっしゃいますが、決して害のある抽出液ではありませんからご心配なく… 過去現に rick papa は薄めて飲んだり風呂に入れたりして居た時期もありましたが、決して美味しいとはお世辞にも言えませんし、香りが良くて体がポカポカ肌がスベスベしたような気がしますが、はっきり効き目があったのかは定かでありませんでした。 使用に際しては個人差もありそれぞれの判断にお任せする事にして、これからの野菜栽培の害虫防除に何か効果があり、少しでも役に立てたらと言うのが狙いで、既に園芸で活用され効果を得たりまた様々な実践方法をお聞きして、サイトの方々からのご意見やご教示を求め、野菜栽培や園芸全般の参考にしたいのが趣旨ですから、お間違えのないよう前置きさせて戴きます。

   アルコール

果物を使った果実酒は何方でも一度は作った経験をお持ちだと思います。 な~んだと思われるでしょうが、まさに同じことを利用して成分の抽出をします。 抽出に使うアルコールは度数の高いほど浸透力が高く素材からの成分エキスを引き出します。  純度の高い エタノール (エチルアルコール) が良いのですが、お値段が高く多く使えませんよね。 人体に安全なエタノールはC2H5OHで、工業用で飲むと大変危険なメタノールはCH3OHで構造式が違いますよね。 rick papa は当初実験用にこのメタノールを使ってました。 今は安心安全で手軽に使える梅酒等に使うホワイトリカー(35度) やウオッカ (40度) を使います。  ● コーヒーの空き瓶やその他の空き瓶を良く消毒してから、素材の葉をビンの口元まで軽く押しながらしっかり詰め込みます。 用意したホワイトリカー (35度) かウオッカを8~9分目まで注ぎ、完全密閉し空気を遮断し涼しい場所 (床下収納庫など) で保管します。 2~3ヵ月もすると完全に成分が抽出され素材の色に染まります。 成分抽出された溶液はフタを開けて見ると、プーンとかなりアルコールも交えた強い香りがします。 前述にあるようにエッセンシャルオイル (精油) ではありませんから、水溶性成分や油脂溶性成分他も一緒に抽出され、少々雑味の多いくどい匂いがするかも知れません。 用途を考えればこれはしょうがないでしょう…

   ラベンダーローズマリー

色々な植物の葉・根・果実に至るまで、素材の成分を抽出して見ようと思い立ったのが7年前、しかし作った液を何に使うのかまでは深く考えては居なかったのです。 何気なく身の回りの植物を改め見回して、今迄にアブラムシや青虫の害虫が、不思議に付かない葉に気が付いた事はありませんか… そんな葉はきっとアブラムシや青虫が、好まない何か葉に成分があるのでしょう。 そんな成分がもしあるならその成分を取り出して、害虫の付き易い野菜に振り掛けたらと単純な発想が浮かびませんかぁ…  過去今迄自分で作って来たチンキ剤を実際に試して効果を得たものは、前回紹介しましたが、蚊連草 (センテッドゼラニウム) とラベンダーからの抽出液に、またアマドコロの根 (滋養強壮・疲労回復) の焼酎漬けは (青臭く甘くて美味しくない)、私自身がテストして得た経験から確かに効能がありました。 ハーブは香りの好き嫌いや体質に合わない方もいらっしゃいますが、あくまで園芸用の自然薬とお考え下さい。  rick papa 自身の経験体験の独断と偏見の紹介ですから面白半分で読んで下さいね。 ラベンダーの抽出した後の搾りカスは捨てずにジッパー袋で保存、お皿に一握り位置き乾いたら水分を与えるだけで、部屋にラベンダーの香りがほのかに1ヶ月近く漂いますよ。

   みかんの粉末抽出

みかんの皮がサビ病やアブラムシ予防に効き目があると、あるサイトの方から昨年聞きました。 しかしまだ自分で試した事はありませんし、その効能はこれからで定かではありませんが、実際に使って効果があったと言う方からの報告ですから、これも試してみる価値はありますね。 それ以後みかんの皮は一切捨てずにカゴで天日乾燥させ、カラカラに乾いたものは潰して  左写真のように粉にし保存してあります。 右側は半生乾きのみかんの皮をリカー酒に漬け込んだもので1週間が経ちました。 さてこれが何に効くのかどう利用して良いのかさっぱり rick papa には判りません。 この他に畑のレタス 杉の葉や松葉に竹の葉などの成分抽出も試みたいと思っています。 勿論有益と思われる葉だけを選ぶのは申すまでもありません。

                             にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

                         本日もお越し戴き感謝します。
                  ぜひポッチンと押して戴けると更にさらに嬉しいです。
 


[ 2009/02/09 12:28 ] 付録の話題 | TB(0) | CM(14)

簡単そう~!

なるほど、果実酒の要領で、ハーブを漬け込めばいい訳ですね~!
いつも、ローズマリーを剪定しては捨てることが多かったので、
一度試してみようと思います!!!
絶対、いい虫除けになる気がします~。
みかんの皮・・ついついカビを生やしてしまったり・・。
干してると、北風で飛んでしまったりとなかなか思うようにいきませんでした・・。
来年こそは・・・・・・。
[ 2009/02/09 20:02 ] [ 編集 ]

みかんの皮は何かの雑誌で読んだことあります、すごく気になってました。これなら私でも手軽にチャレンジできそうです♪
なるほど、こんな感じに、粉末にするんですね(*^_^*)とても参考になります。
[ 2009/02/09 22:48 ] [ 編集 ]

面白い試みだと思います

cocoさん おはようございます。 早速のコメント戴き有難うございました。
製法は実に簡単ですが、果たして抽出した成分エキスが、害虫に対してどの位の効き目があるのかまだ分かりませんが、仰せの通り殺虫力はありませんが、あの匂いからも虫除けの効果はありそうな気がします。 みかんの皮にしてもまだ何とも言えませんが、今回は沢山溜めてありますので、効果の程を試してみますね。 実際に試して見てまた結果を報告しますので、期待しないで待ってて下さい。
[ 2009/02/10 09:24 ] [ 編集 ]

効き目が楽しみです。

ぱピ子さん おはようございます。 コメント有難うございました。
みかんの皮の効能はご存知でしたか… 効き目が確認出来れば身近に手に入る素材で、ましてやみかんの皮は捨てるべくものですから、まさに一石二鳥ですよね。 我が家の畑では昨年ニラ畑が、秋になってひどいサビ病に掛かり、殆ど収穫出来なくなりました。 そのためみかんの皮がサビ病に効くとなれば、大いに期待してしまいますよね。 今年試して見ますので、その結果がどうなりますか… 改め時期が来ましたらご報告させて戴きます。
[ 2009/02/10 09:43 ] [ 編集 ]

こんばんは~
ホワイトリカーにタカノツメとニンニクを漬けたことはあります。木酢液とニンニクとかも・・・
虫よけにいいとかいいますね。でもこのハーブのほうが香りもよさそうだし理にかなっているし、今度試してみようかなぁ~
みかんの皮も最初干してみたけど、カビが出てしまってからやめてしまいました。ネギ苗の植え付け時に根元に撒けばいいとか?よくわからないのですけど(苦笑)
[ 2009/02/10 21:05 ] [ 編集 ]

おお~!

なんと7年前から実験されてるんですね。
すごい!
うちの主人はお酒に目がないので、
これを作っていたら、もったいない!と言いそうです(^^;が、是非作ってみたいです。

ミカンの皮は、ご近所の方に聞きまして、今、集めています。アブラムシにいいとか。

エンドウの根元に蒔いてみようかなv-22
[ 2009/02/10 21:34 ] [ 編集 ]

土を微生物いっぱいにすると、病気には、ならないと思いますよ。

こんばんわ。
今年は、それぞれ、野菜にあったハーブを植えてみたいと思っています。今は、抽出までは、考えていません。魚沼は、よく雨がふるので、噴霧しても、長持ちしないのです。
アブラムシや錆び病などの被害はあまりありません。
土を健康にすると、作物も病気にならないようです。
ミカンの皮は、何年間もずっと冬の間、乾燥させては、春に畑にまいて、耕していました。効果は?です。ミカンの皮のお蔭だったのでしょうか?
今年は、面倒なので、コンホストに生ゴミと一緒に入れています。ミカンの皮は油分があるので、堆肥になりにくいので、今までは、乾燥させていたのですが、ためしに、一緒に混ぜてみました。
私の知ってる人はネギに皮を使ってみたけれど、赤錆病になってしまったそうです。
ミカンの皮は、漢方薬として使われていますから、何かの効果はあるのかもしれませんね。
[ 2009/02/10 22:32 ] [ 編集 ]

試作してみます♪

ハーブチンキ我家でも、早速作ってみようと思います。ハーブ類は数種類植えてありますが、利用した事がほとんどありませんでした。これからはミカンの皮も捨てないようにしなくては、出来上がりが楽しみです。
rick papaさんはいろいろな事に挑戦されていて、いつも参考にさせていただいています。
[ 2009/02/11 11:24 ] [ 編集 ]

へぇ~(失礼^_^;)

漬け込むだけでいいんですね~。
私にも出来そう^^
みかんの皮も無駄にならないんですね。
研究熱心なrick papaさんにいつも頭が下がります~!
我が家はレンゲ米というのを買って食べています。
レンゲを有機肥料にして作ったお米なんだそうですが、安心して食べられる上に美味しいですよ。
[ 2009/02/11 15:50 ] [ 編集 ]

やはり結果がもの言いますからね…

空(クウ)ままさん こんにちわ。 コメント有難うございました。
今迄空(クウ)ままさんが作られた抽出液は、実際に青虫やアブラムシに対して防除出来る効き目はありましたか… まだ実際に作った抽出液を害虫にスプレーした事がないので、何ともその効果をコメント出来ないのですが、アブラムシが元々付かないハーブのエキスを振り撒けば、何かしら効き目があるように思うのですが… みかんの皮に付いてもまだ何とも言えませんが、効果があったと言う方が居られるので、自分でその効果を実際に確かめたいと思っています。
[ 2009/02/11 18:09 ] [ 編集 ]

効果があるといなぁ~

nanananさん こんにちわ。 コメント有難うございました。
確かに2002年に抽出したラベンダーやミントのハーブ抽出液が今もあります。 でも当初は香りを楽しむものであって、害虫に対しての防除は全く考えていませんでした。 其の前にあらゆる果実をホワイトリカーで漬け込んでは、果実酒を造って飲んで楽しんでいました。 勿論ハーブも有益植物からの成分抽出ですから、炭酸で割ってカクテルとしても飲めます。 でもハーブ類は果実と違って雑味が多く飲み辛いです。 みかんの皮チンキは自分で効果を確かめるまで、まだ何とも申し上げられないですが、 良い香りがして飲みたくなりますねぇ…
[ 2009/02/11 18:25 ] [ 編集 ]

肥沃な土作りが大切ですよね

みかんちゃん こんにちわ。 コメント有難うございました。
植物からの成分抽出液ですから、農薬のような効き目や効果は余り望めないとは思います。 コンパニオンプランツにしてもしかりで、その効果の程は緩やかではっきり分からないのが本音ですよね。 家庭菜園やプランターで使用する程度で、とても大量には出来る代物でもありませんから、徐々にゆっくり様子を見て行きたいと思っています。 みかんの皮の効能は、効くと言う方効かないと言う方も居られるので、先ずは自分で確かめて結論付けたいと思ってます。 みかんちゃんの仰せの通り、土を微生物いっぱいにするために、化学肥料に頼らず堆肥などを混ぜ混み肥沃な土作りが大事ですよね。
[ 2009/02/11 18:39 ] [ 編集 ]

ダメで元々ですからまず挑戦!

Satoさん こんにちわ。 コメント有難うございました。
興味と期待は大いにあるのですが、果たしてその効能や効果の程は、正直な処まだ rick papa に皆目分からないと言うのが実状です。 でも実際に挑戦してみない事にはその効果は分かりませんから、もし成分抽出液の効き目が大きければ、それなりの成果があったと試した甲斐もある訳で、楽しみと期待に賭けてます。 まだ他の植物からも色々成分抽出液を作って置くつもりです。
[ 2009/02/11 18:50 ] [ 編集 ]

やはり自然のものが良いですね♪

hana さん こんばんわ。 コメント有難うございました。
そうなんですよ… アルコール度の高いお酒にただ漬け込むだけなんですよ。 其れに寄ってアルコールがその素材に浸透して成分を引き出すんですねぇ! 素材は色々ありますから、用途に応じて抽出液を造ってみるのも面白いですね。 コーヒー豆から抽出したコーヒー酒なんてのもありますよ。 レンゲは昔から有機肥料として、耕作する前に田畑一面にピンクの花が咲き乱れていました。 今はあまり見掛けなくなりましたねぇ! レンゲのハチミツも独特の香りで美味しいですよね♪
[ 2009/02/11 20:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/213-d97c4f83