こだわり腐葉土

  こだわりの腐葉土作り

腐葉土とは読んで字の如く葉っぱが腐食し出来た土の事で、これでなければいけないと言う定義はありませんが、枯れ葉を腐食させればどんな葉でも腐葉土になります。 とは言っても木によっては腐り易い葉と腐り難い葉がありまして、腐食促進のためにヌカや油粕を入れてもなかなか発酵して来ない等、腐っても脂分を含んだものや、葉脈が壊れて完全に泥状になってしまうもの等があります。 過去私は果樹の鉢植え栽培を長年して来た関係、用土作りには必ず腐葉土が必要でした。 毎年作る内に完成した腐葉土にも良し悪しがある事に気付き、以後枯れ葉に拘るようになりました。 選べる余裕があればどうせタダで戴けるものですから…

   くぬぎ
   こなら

クヌギとコナラはいわゆるドングリの実の生る雑木で、昔はよく木炭にされた木です。 特に椚 (クヌギ) はカブトムシやクワガタが樹液を吸いに集まる木で知られています。 クヌギとコナラは木の肌が良く似た木ですが、クヌギの方が木肌が荒く溝が深いのが特徴です。 葉は写真で見るようにクヌギは細長くコナラは少々丸みがあります。 この両者が腐葉土作りには最適の枯れ葉で、私はわざわざ探しに選んで出掛けるほどです。 そんな場所が我が家近くにあるのも幸いしています。 出来上がった腐葉土は腐食しながらも型崩れし難く、通気性に富み弾力もある最高品で、菊を栽培される愛好家の方なら大変喜ばれるはずです。

  ケヤキ

公園や街路樹に一般的に多く植えられているケヤキ、暮れに掛けて最も目にし大量に集めやすい枯葉でもあります。 腐葉土には適していますが過去の経験から少々難点もあります。 葉自体が薄くてガサの割りに出来上がりが少なめで、葉脈が薄いため腐葉土になった後、微塵になり泥化し易く弾力と保水力に欠けるようです。 其の他にも色々な枯れ葉がありますが、緑葉時に病気に掛かった樹木も気を付けたい枯れ葉です。 我が家近くの農協で米ぬか(15㎏)が一袋100円也で、この米ぬかと枯れ葉だけで毎年腐葉土を作ります。

   腐葉土には適さない枯れ葉

勿論枯れ葉ですからいずれ水分があれば時間を掛けて腐って行きますが、樹木の枯れ葉によって腐食する時間が大きく違います。 桜の葉は元々桜餅等にも使われるように、腐食途中は大変良い香りがします。 防腐効果があることから腐りにくく、イチョウの枯れ葉も脂分が含まれているため腐食するのに時間が掛かります。 また松の葉もイチョウの葉と同じく腐り難い他に、葉面積の無い見るからに針のような葉から腐葉土には向かず、市販の腐葉土で松葉が多いものは決して良い腐葉土とは言えませんね。 イチョウやサクラの枯れ葉に対しては他の葉を比率的に多く混ぜると良いでしょう。 参考までに覚えて置くと便利です。

                            にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

                         本日もお越し戴き感謝します。
                  ぜひポッチンと押して戴けると更にさらに嬉しいです。
 




[ 2009/01/24 17:53 ] 野菜栽培 | TB(1) | CM(16)

はじめまして

今まで、HCなどで買っていました
自分で、良質の腐葉土ができるといいですよね
肥料からいいものを作れる・・・とてもうれしい事です
とても勉強になります。またお邪魔させてくださいませ
[ 2009/01/25 09:52 ] [ 編集 ]

rick papa様
こんにちは
桜の葉は腐葉土にするときも良い香りがするのですか。。
公園の枯れ葉はすぐ片づけられてしまうので、気がつきませんでした。
市が清掃した公園の枯れ葉は燃やされてしまうのでしょうね。
同じ二酸化炭素を放出するのであれば、腐葉土にした方が役に立ちそうです。
人里近いクヌギやコナラの森は大事な腐葉土の供給源だったのですね。
[ 2009/01/25 10:34 ] [ 編集 ]

こんにちわ^^
葉っぱにもいろいろ種類があるんですね、
腐葉土に適さない葉があるというのは知りませんでした!
rickpapaさんは葉を見ただけでパッと何の葉なのか分かるのですか??
[ 2009/01/25 15:27 ] [ 編集 ]

エフタマさん こんにちわ コメントを戴きありがとうございました。
腐葉土は意外にお値段も高いものですが、手間暇考えるとそれも致し方ないかも知れませんね。 私も近くのHCで間に合わせに買う事がありますが、色々な葉が含まれ決して良いものとは言えません。 手前ミソになりますが自分で作る腐葉土とは大きな差があります。 腐葉土自体には肥料気はありませんので、これに鶏糞や牛糞などを混ぜて更に発酵させると、嫌な臭いも全く無く土に優しい有機肥料が出来ます。 是非また気楽に遊びにお出で下さいね。 お待ちしています。
[ 2009/01/25 16:33 ] [ 編集 ]

tpさん こんにちわ 嬉しいコメントありがとうございました。
最初の頃は近くの公園で桜の木が多い事から、枯れ葉を沢山一度に集める事が出来ました。 いざ庭の片隅で腐葉土作りを始めてみたものの、なかなか発酵が始まりません。 普通の雑木類の枯れ葉では、米ぬかと水を適度に加え積んで置くと、僅か4~5日すると発酵が始まり内部が温かくなり、温度が40~50℃位まで上昇してきます。 桜の葉もなかなか腐りませんが、時間を掛けて徐々にではありますが腐食して来ます。 その時に桜餅の葉のような素敵な香りが庭中に漂いましたよ。 こうして作った腐葉土はまた自然に返っていくんですよね。
[ 2009/01/25 16:50 ] [ 編集 ]

ruruさん 再度のコメント戴きありがとうございます。
腐葉土になってしまえば何でも構わないのですが、どうせ作るならと都合の良い枯葉を集め、良質な腐葉土を作るようになりました。 植物に直接悪影響を与えるような腐葉土はありませんが、例えば土に混ぜ合わせたときの、ふかふかに改良させる役割の良し悪しに違いがあります。  いえいえ~自分に必要な葉は記憶してますが、それ以外はあまりよく分かりませんよ(苦笑)
[ 2009/01/25 17:00 ] [ 編集 ]

>くぬぎやこなら♪

どんぐりのなる樹♪懐かしい~vvv
このごろあんまり見かけなくなりました。
そんな豊な樹が身近にたくさんあったら
うれしいですよね~vvv(^◇^)vvv
[ 2009/01/25 17:53 ] [ 編集 ]

こんばんは♪
何でもいいというわけにはいかないのですね~、とても勉強になりました。
落ち葉の季節にいつもカサカサと落ち葉を踏みながら吾妻山を登っていますが、役に立つ落ち葉なんですね。
話は違いますが・・・
クヌギの実ってイソギンチャクに見えるのは私だけ???
私のフィールドでもこのイソギンチャク良く見かけます^^
[ 2009/01/25 18:12 ] [ 編集 ]

ティーさん こんばんわ~ コメントありがとうございます。
子供の頃は身近な里山にも雑木が沢山ありましたから、ドングリの実で色々な遊びもで来ましたよね。 宅地開発や色々な施設に工場の建設で、雑木が切り倒されすっかり昔の面影が少なくなりました。 山も杉やヒノキばかりが植林され、雑木林がなくなりました。 当然ドングリの木もなくなりますよねぇ。
[ 2009/01/25 20:50 ] [ 編集 ]

hanaさん 今晩は 楽しいコメントありがとうございます。
無ければ何でも使いますが、枯れ葉を選べるような場所があるだけ幸せですよね。 落ち葉が堆積して腐ると、其の場所はふかふかした土に変わって来ますから、新しい苗が育つのに最良な土壌になるわけですよね。  はははっ まさにおっしゃる通りで、ソギンチャクかフジツボみたいですよねぇ!  そんな見方をするhanaさんは、やはり只者ではありませんねぇ v-291
[ 2009/01/25 20:58 ] [ 編集 ]

こんばんは~
腐葉土は2年続けて作ってみました。1年目は思いっきり踏みつけ詰め込んだら切り返しが出来なくなって(苦笑)去年は普通に出来たかな(?)って思ったものの葉の形がそのままで米ぬかだってわかる状態で腐熟したのって疑問。
今年はやめちゃいました~枯葉も米ぬかも手に入るのに・・・面倒になっちゃって~v-292
日陰で作ると腐らないのでしょうかぁ~
出来上がりの腐葉土って売っているのと同じようになるんですか?
ちなみに葉はほとんどケヤキです。
是非、教えてください~~~i-184よろしくお願いします。

[ 2009/01/25 21:43 ] [ 編集 ]

そうなんですよね~針葉樹は腐葉土には使えませんからね。
近くの山に行けば落葉樹の天然腐葉土がとり放題なんですが、ついついホームセンターで買っちゃいます。
で、安いのを買うので未熟なものが多く1年は野積みしておいてから使ってますね。
さすがに畑は高くつくので草むしりした後のものを野積みして腐葉土状になったものを入れたりしてます。
今度、暇を見つけて山にとりに行こうかな~~
[ 2009/01/26 00:49 ] [ 編集 ]

空(クウ)ままさん こんばんわ コメントありがとうございました。
そうですかぁ… 二年も続けて腐葉土作りしたんですねぇ! 失敗続きで苦労が報われず残念でしたね。 v-292  腐葉土は腐らせると言うより発酵させる事が肝心で、それには水分と空気は不可欠ですよね。 仮に日陰でも条件がある程度満たされれば、時間が掛かっても必ず発酵が始まり発熱して来ます。 失敗の原因は幾つかありますが、まず水分が多過ぎるか少な過ぎる。 空気が遮断されたようなビニール袋、米ぬかとの混合割り合い等が挙げられます。 上手に発酵すれば4~5日で中が熱くなり、1週間くらい続き熱が下がってきます。 そこで切り返し(入れ直し)になるわけですが、空気を入れ直し更に二次発酵させます。 二次発酵が終わるこの時点で葉は既に黒ずんできますよ。 三時発酵まですれば完璧です。  当初容器に入れる時点で、先に枯れ葉を湿らせて置き、面倒でも米ぬかと事前に良く混ぜてから容器に入れて行くと、失敗が少ないと思います。
[ 2009/01/26 21:05 ] [ 編集 ]

あきのり さん こんばんわ コメントありがとうございます。
分かりますよぉ~ 手間暇掛ける事を考えると、大量に使わない限り面倒ですからやはり買ってしまいますよね。 v-290  市販のものは弱冠未熟なものや針葉樹等が混ざってる時もありますので、再度発酵をさせる方が無難ですよね。 腐葉土も買うと結構お高い値段でバカになりませんから、畑では腐るものなら何でも堆肥化させて使わなくては、経費が掛かってたまりませんよねぇ~v-291 
[ 2009/01/26 21:16 ] [ 編集 ]

米ぬかが15キロで¥100とは、お安いですね~。
わたしったら、今年は楽をして、公園で積み上げてるのを拝借してきたんです・・。
松の葉がだいぶん混じってましたぁ~。
それに、違う公園で拾ってきたものは、桜の葉っぱだしぃ・・。
今日は、そんなものでも、切り返しをしておきましたぁ~。
やっぱり葉っぱもこだわらなくっちゃですよね・・。反省~。
[ 2009/01/28 18:07 ] [ 編集 ]

cocoさん コメント有難うございました。
自動精米所では場所によってタダと言う処もあちこちにありますが、米袋でたった100円なら買った方が楽で早いですよね。 畑には土壌改良で安い米ぬかと牛糞を混ぜ、今迄に沢山撒きました。 どの枯れ葉だって腐れば同じようなものですが、確かに作る段階では腐食し易いし難い葉がある事は事実ですね。 畑に入れる腐葉土ですから、拘る必要はないとも思います。 何たって枯れ葉はタダですからねぇ… v-291
[ 2009/01/29 09:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/208-bf01b773


落ち葉堆肥の切り返し

1/28・・。 簡易温室を移動したついでに、目についたので・・。 落ち葉堆肥を切り返すことにしましたぁ~。 ここの落ち葉は、ずるをして、公...
[2009/01/29 17:38] URL cocoside-blog