古畳で腐葉土作り

  腐葉土作り

腐葉土を作りたいが上手い適当な容器が無い… なんて思案していた時に身近にこんな物がありました。 以前上敷きに使ってい不要の古畳、通常の畳幅に外し物置に丸めてありました。 4,5・6・8畳用とあって、不要になると困り物でもあります。 畳屋さんがあれば焼却処分される代物、お願いすればタダでも戴ける処分品です。 編まれている下糸がナイロン糸を使用しているので、なかなか丈夫である事も分かりました。 それに通気性と保温効果も抜群と来れば、こんな安くて嬉しい事はない…

上敷き古畳

  留める

上敷き畳は二畳分の長さになっているので、これを二重に巻くと更に枯れ葉を入れた時の強度が出ます。 今回留め具は5箇所ですがこれで充分でした。 水を含ませた枯れ葉を入れるに際し、踏み付けた時の圧力で横腹がはらむ心配がありましたが、それが何と強いナイロン下糸のお陰と、二重に巻いた強さからしっかりしたもので、自分が乗っても耐えられる強度がありました。 念のため中ほどを紐で一回り縛っておきました。 

  米糠

留め具で固定して立てて見ると、丁度ドラム缶位の大きさでしょうか… かなりの枯れ葉の量が入ります。 何よりの利点は空気の流通性があり、且つ畳の保温性に優れている事です。 腐葉土作りには適した素材だと思いますね。 いずれ畳ですからイ草も腐って来ますが、ぼろぼろになったら丸めて袋に入れ、燃えるゴミとして出せば済む事です。 置く場所は土の上が良いでしょう。 水を加え枯れ葉と来ヌカを交互に上から押し付けながら入れていきます。 やがて発酵が始まれば温度が上がって来ます。

  毛布を掛けて完了

                              にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

                           本日もお越し戴き感謝します。
                  ぜひポッチンと押して戴けると更にさらに嬉しいです。
 

[ 2009/01/13 18:17 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(29)

いいアイデアですね~。
温床作りを検索していた時に、藁の代わりに畳敷きを利用する方法が紹介されていました。
やっぱり藁や畳で囲うの一番いいんでしょうね~。
今後、どうなっていくか、楽しみにしています~。

追伸:今日、発送しました・・。
[ 2009/01/13 20:04 ] [ 編集 ]

こんばんわ☆
まさしく畳の有効活用ですね!素晴らしいですi-189
ちなみに先日教えて頂いたアブラムシ対策、早速行っていますi-199
いつもありがとうございますi-197
[ 2009/01/13 20:06 ] [ 編集 ]

rick papaさんこんばんは~☆
なるほど~!アイデアですね~!
それにエコですね!
[ 2009/01/13 21:14 ] [ 編集 ]

いいですね。
前のうちにはそんなのがいっぱいあったんですけどねぇ。。。もっと早く知っていればなぁと後悔しちゃいます。
[ 2009/01/13 22:14 ] [ 編集 ]

ナイス!(@0@)ヒット間違いなし?!
捨てられるものを有効利用、素晴らしいです。うちには畳じゃなくてゴザがあったはず…う~ん、明日からまた大掃除?(笑)
いい感じの葉っぱがぎっしり詰まってますね。
最近は河原沿いの土手に落ちている葉っぱを見てはもったいないな~とつぶやくようになってしまいました。腐葉土つくり中毒です(^^;)
[ 2009/01/13 22:57 ] [ 編集 ]

cocoさん おはようございます。コメントありがとうございました。
現在では色々便利で耐久性のある素材が沢山ありますが、やはり昔からの自然の素材が今も生きてますよね。 何時か腐って自然の土へ戻って行く事は、ごく当たり前の摂理で環境にも良いですものね。 通気性もあるので発酵促進効果もありますから、出来るだけ利用してから、最後は捨てるように心掛けたいです。 発熱してくるのが楽しみです。
[ 2009/01/14 09:31 ] [ 編集 ]

ruru さん おはようございます。コメントありがとうございました。
まさかこんな事が出来るとは思っていませんでした。 其の内まとめて捨てる事ばかりを考えていましたので、こんな有効活用があるなんて、腐葉土を作っていなければ思い付かなかったでしょうね。 そうですかぁ~ 効果のほどは分かりませんが、アブラムシが嫌がる成分があるのかも… 皮から成分を抽出してスプレーしたらもっと良いかも知れませんね。 実験的に暇を見て抽出液を作ってみます。
[ 2009/01/14 09:40 ] [ 編集 ]

orihimeさん おはようございます。 コメントありとうございました。
人間って困らないと創意工夫に頭が回らないもんですね。v-292  今回も困った末での廃物利用ですから、出来てみれば当たり前のものですよね。 ただいずれ腐ってしまうものですから、最終的に中のナイロン糸のみを捨てれば済む事で、量的にも僅かなものになり、確かにエコにもなりますよね。
[ 2009/01/14 09:48 ] [ 編集 ]

ゆう さん おはようございます。 コメントありがとうございました。
おっしゃる通りで我が家でも、以前は燃えるゴミとして収集場所へ捨ててました。 現在では家庭でゴミを燃やす事が条例で決められ、処分するのに困るものがいっぱいありますよね。 そんな事からこうして有効活用出来れば、まさに一石二鳥と言う事になりますよね。 多少場所が要りますが、そんな機会がありましたら、是非ゆうさんも試されたら如何でしょう…
[ 2009/01/14 09:56 ] [ 編集 ]

gerogeroさん おはようございます。コメントありがとうございました。
お褒め戴きありがとうございます。 出来上がって見れば誰でも考える大した事ではありませんが、とり合えず我が家では助かってますです。  道路に枯れ葉が落ちてるのを見て、それが枯れ葉には見えなくて、お札が落ちてるように思える… なんて言ってる方を聞きました。 枯れ葉を必要とされる方にとっては、まさに宝の山にさえ思える訳で、この言葉を単に笑い飛ばす事は出来ません。 gerogeroさんの気持ち凄~く分かりますねぇ! 市販の腐葉土は高いし決して良いものと言えません! 自分で作れば選んで良い枯れ葉を集め、葉っぱだけの純粋な素晴らしい腐葉土が作れますよね。
[ 2009/01/14 10:15 ] [ 編集 ]

ご無沙汰しておりますー。
毎日寒いですね。寒中お見舞い申し上げます。

古畳を使う話は、昔あったと聞きましたが、
実際どうやってやるのかと疑問でした。
入れ物に使うとはいいアイデアですねー。
見た目も渋くてなんだか素敵ですね@@!
[ 2009/01/14 15:49 ] [ 編集 ]

rick papaさん、こんにちわ~~~♪
こうやって、腐葉土って作るんですか・・・
我が家は生ゴミ処理機を使ってるので、その廃物をたま~~~に植木さんにあげてます♪
[ 2009/01/14 16:28 ] [ 編集 ]

nanananさん おはようございます。 コメントありがとうございました。
本当に毎日が厳しい寒さになりましたね。 お元気でお過ごしでしょうか…  最近は粗大ゴミの処分に困る事が多くなりましたが、極力出さないようにするための工夫でもありますよね。 腐る物ならなるべく土に戻すのが理想なのですが、場所の関係や匂いの事もありますから、なかなかな思うようには行かないのが現実ですよね。 この古畳の利用は置いて見ると決して見栄えも悪くないような気もします。 そう思うのは自分だけかなぁ~ v-291
[ 2009/01/15 09:48 ] [ 編集 ]

りんちゃん おはようございます。 コメントありがとうございました。
毎日寒い日が続きますが、お体の具合は如何ですか… 大事にして下さいね。 家庭から出る生ゴミも、枯れ葉の間に挟みながら捨て、時折米ぬかを振り掛けてと行くと、嫌な臭いも軽減されて発酵が進みます。 ただ場所がないと出来ないのでお勧めは出来ませんが… 生ゴミも有効活用すれば環境にも良いですものね。
[ 2009/01/15 09:55 ] [ 編集 ]

とっても、いいアイデアですね。

すばらしいですね。私も春になったら、使ってみたいです。
冬は雪の下になるので、ちょっと無理かも。私は、杉の丸太で囲った中に入れ、シートを掛けた通気性抜群です。これでも、春には、堆肥になっています。
聖護院カブ、私も作りましたが、やっぱり漬物が一番美味しいと思いました。
[ 2009/01/15 15:10 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/01/15 16:16 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/01/15 18:06 ] [ 編集 ]

腐葉土も自家製ですね!エコ~~♪
[ 2009/01/15 18:38 ] [ 編集 ]

菜葉ももさん こんばんわ~ コメントありがとう
落ち葉もタダで古畳も捨てるべくもので皆タダです。
[ 2009/01/15 20:59 ] [ 編集 ]

みかんちゃん こんばんわ~コメントありがとうございました。
そうですよね どうせ捨ててしまう物なら、何か有効活用出来れば捨てられる物も喜びますよねぇ~ みかんちゃん宅のように広い敷地があれば、杉の丸太で囲ってシートを掛ける遣り方が、どんどん放り込めて良いですね~♪  仰せのように聖護院カブは漬物が美味しいですね。 昨年は聖護院大根を作りましたが、やはりカブとは全く違う味と食感、それなりに調理の仕方も違いますよね。
[ 2009/01/15 21:12 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/01/15 21:16 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/01/16 09:03 ] [ 編集 ]

春に向けての腐葉土づくり!
素敵ですね~♪♪♪

それにしましても畳・・って文化ですね~。
・・青畳の匂い・・
あ~なんだか
ずいぶん擦り切れてきた和室の畳替えをしたくなりました~

[ 2009/01/16 18:39 ] [ 編集 ]

グッドアイデアですね^^
いつもながらrick papaさんには頭が下がります。
面倒見が良くて・・・私とぜんぜん違います~。
少しは見習わないとです!
[ 2009/01/16 20:55 ] [ 編集 ]

すばらしい!ぐっどあいであ!!
そんなこと思いつきもしませんでした。
もっとも、畳表なんて、うちにはないですけど。
一番上の画像を見て、なるほど、通気性もいいし、丈夫だし、天然素材だし、と目からウロコ
そういえば、知り合いの畳屋さんは、古い畳を柿の木の根元に置いて、自然に堆肥化するのを待つって、言ってました。
それもアイデアですよね。
[ 2009/01/17 06:54 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/01/17 11:15 ] [ 編集 ]

ティーさん こんばんわ~ コメントありがとうございました。
お返事が遅くなりすいませんでした。 腐葉土作りは毎年恒例の行事みたいになりました。 畑を始めてからは無くてはならない腐葉土で、このお陰もあって有機肥料の野菜も出来るんですね。 今は掃除も楽な洋間が多くなって、畳敷きの和室も少なくなりました。 日本人はやはり畳の部屋があると、ほっとする気分になれるんですよねぇ♪
[ 2009/01/18 17:48 ] [ 編集 ]

hana さん こんばんわ~ コメントありがとうございました。
お返事が遅くなりすいませんでした。 お褒め戴きありがとうございます。 何をおっしゃいますかぁ~ 捨てればすっきりする物を置き去りにしてあるだけで、タダの廃物利用を有効活用なんて聞こえがいいだけですよ。 見習いたい事はこちらこそ hanaさんからいっぱいありますからね~(苦笑) 
[ 2009/01/18 17:57 ] [ 編集 ]

annさん こんばんわ~ コメントありがとうございました。
お返事が遅くなり申し訳ありませんでした。 アイディアを褒めて頂きありがとうございます。 ほんとに昨今洋室が多い家屋になりましたから、昔ながらの畳敷きをする部屋が少なくなりましたよね。 今日で5日目を過ぎ徐々に発酵が始まったようです。 手を畳の間に入れると温かさを感じました。 畳は通気性と保温性があって、いずれ腐って堆肥になっちゃうものですから、意外に使い道があるのですが、普通は邪魔物扱いにされるのが普通ですよね。
[ 2009/01/18 18:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/204-e21c8921