憎きイラガ

  イラガの繭

 ★ 虫を苦手とする方には大変申し訳ありませんが、手で顔を覆って指の間からこっそりご覧下さい。    誠に嫌な害虫ですが暑い時期になると、この幼虫を公園の木々や街路樹ハイキングの山でも見かける恐~い虫です。 寒くなると殻に閉じこもって越冬しますが、このマユは直径13mmぐらいで枝などで発見します。  毎年我が家の果樹スモモの剪定を行いますが、その時にこのマユを良く捜し一緒に退治すると、翌年イラガの発生を大幅に予防できます。 マユの内でしたら触っても決して刺されるような心配はありません。

  硬い殻の繭

 このマユは直径13mmぐらいで枝や幹肌などで発見します。 まるで恐竜の卵のようなものを見た事はありませんか? それは卵ではなくイラガのマユなんですねぇ。 指では潰せないほどそれは硬い繭なんです。

  イラガの蛹

 マユを割って見るとサナギの軟らかい虫が出て来ます。 この虫は釣具店で魚釣りの餌として現に売られています。 池や小川に生息するタナゴと言う小さな魚をご存知でしょうか… このマユの上部に穴を開け、釣り針の先を差込みクルクルと回すと、黄色い粘膜状の糸のようなものが絡み付き、これを餌として釣りをするわけですが、不思議な事に1つで何回も使えるのはどうしてでしょうねぇ…

  イラガの繭幼虫成虫

 成虫は体長16mm程で黄褐色の蛾です。 幼虫は25mmぐらいで黄緑色で頭部など茶色い部分があります。幼虫はマユ内で越冬し翌年内側の殻に穴を開け出て来ます。 上の写真の幼虫に毒の刺があり、刺されるとカブレて強烈な激痛を伴います。   下のボッチを押して下さると痛みが和らぎます 

                           にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

                       本日もお越し戴き感謝します。
                ぜひポッチンと押して戴けると更にさらに嬉しいです。
 


[ 2008/12/21 17:30 ] 付録の話題 | TB(0) | CM(27)

こんにちは

イラガは嫌ですねぇ~
今の時期剪定しているとあちらこちらに付いていますね。
>下のボッチを押して下さると痛みが和らぎます。
刺されても痛くないようにボッチさせて頂きました。 
因みにイラガは手のひらの方で触れば痛くありません。
[ 2008/12/20 20:21 ] [ 編集 ]

ぎゃー><

最初、何かのつぼみ?それにしては気持ち悪い柄・・と思ったらやっぱりi-240
途中からイヤ~な予感がしたのでササッとスクロールしながら横目で見させてもらいました(笑)
なんか気持ち悪いのがいました・・i-183
よく春になると”お庭に大きな桜の木があるのっていいなぁ”とか思いますが、毛虫とかそうゆう処理や対策もしなきゃいけないんですもんねi-182
rickpapaさんはもう慣れたのですかi-238
[ 2008/12/20 21:03 ] [ 編集 ]

見なきゃ良かった!!

私も、ギャ~ですv-12
ああ~、やっと訪問出来たと思ったのに~
封印しておけばよかったような・・・

イラガ、このあたりでは見かけないようなのですが・・・
見つけたら全体重かけて踏み潰してあげます(虫より怖いかも~笑)

虫は大嫌いですが、我が家の庭の虫は勇気!?を出して退治しています
エコにはならないけど、薬シューと
割り箸で取ってギュッです(寒!!)
[ 2008/12/20 22:54 ] [ 編集 ]

おはようございま~す^^

鶉の卵?はたまた幹に出来た虫こぶ?・・・のようにも見えました。
イラガ、初見聞です。
さすが?の私でも毒のある昆虫は苦手です^_^;
成虫も見せていただいたので見かけたら触らないように気をつけたいと思います。
教えていただいたのと万が一の為?にポチッといっぱいしていきま~す^^
[ 2008/12/21 10:08 ] [ 編集 ]

桃太郎さん こんにちわ~ コメントありがとうございました。
桃太郎さんは色々な果樹を栽培してますから、既にこのイラガはお馴染みの害虫でしょうね。 殆どの果樹全般に付き食害する悪い奴ですよね v-292   以前リンゴの袋掛け中、うっかりこの虫をわしづかみにしてしまった事があります。 右手親指と人差し指の付け根を指され、腕までポンポンに腫れ上がり、1週間医者通いの経験があります。 いやいや~! とても手の平で触るなどぉ~ v-12
[ 2008/12/21 11:17 ] [ 編集 ]

こんにちは~

イラガの怖さは知っていたのですが、成虫、幼虫は初めてみました~。トゲトゲ沢山付いているのですねー、風で脱皮した皮が飛ぶ季節には、椿の木を見ると避けて歩いていました。
マユの形も解ったので早速、探してみます。刺されないように、ポッチン押していきまーす。
[ 2008/12/21 11:27 ] [ 編集 ]

ruruさん こんにちわ~ コメントありがとうございました。
気持ち悪いもの見せてゴメンねぇ~v-292  でもこのイラガは結構何処の木にも居る虫で、刺されると本当に大変で、葉の縁などに居るのを知らず少し肌に触れただけで、そりゃ大騒ぎするほどの痛さに見舞われますよ。 公園の木にも街路樹にも身近に見られる虫ですから、知っていれば注意する事も出来ますから、初夏から秋にかけて要注意ですよ。 何をおっしゃいますかぁ~ こんなの慣れわけないですよ~ はははっ
[ 2008/12/21 11:28 ] [ 編集 ]

北国さっちゃん こんにちわ~ コメントありがとうございました。
わっはははっ ごめんごめん笑っちゃってぇ~ きっと気持ち悪いから封印したの結果的には正解だったね v-291  確かに寒い地方ではあまり発生しないようで、北国さっちゃんの地域では大丈夫ですよ。 このイラガって幼虫を潰して土を掛けても、その土に毒刺が残ると書いてありましたよ。 なるべく写真にあるマユの内に取り去ってしまえば、翌年成虫が産卵出来ませんから、やっつけるなら今の時期ですよね。 この幼虫を見る鳥肌が立っちゃうよねぇ v-12  
[ 2008/12/21 11:41 ] [ 編集 ]

hanaさん こんにちわ~ コメントありがとうございます。
ええっ! 色々な虫を写真に撮るhanaさんが、成虫は見た事なくても幼虫は見た事ありませんかぁ… 関東では結構見かけるんですよ。 特に柿の木に良く発生するのがこのイラガなんです。 仰せの通り幼虫を知っておけば、注意が出来ますものね… 寧ろ都心に近く暑い地域にも見られますから、街路樹のケヤキや梅の木・果樹類にも付きます。 公園の樹木にも見掛ける事がありますから、うっかり肌に触らないようにね。 
[ 2008/12/21 11:53 ] [ 編集 ]

Satoさん こんにちわ~ コメントありがとうございます。
Satoさんはご存知でしたか…  刺された経験をお持ちの方なら、その痛さとかゆみは猛烈に凄い事を知っているはずです。 瞬間はチクッと感じその後に痛み痒みを伴って、みるみる内に腫れて痛みが増してきます。 子供さんなら直の事大変ですよねぇ! 出来ればマユの内に発見して除去するのが1番ですよね。 
[ 2008/12/21 12:00 ] [ 編集 ]

ぎゃ!

v-12見てしまいました~~~。コイツ知ってますよ!
キンモクセイの木にいたらしく、チクツト刺され腫れてきました。
木のあちこちにいて、気持ち悪かったですよ~!

そ~~~~~っと、もう一度みました。
イヤな姿をしてますね。
ブルッ!
[ 2008/12/21 19:32 ] [ 編集 ]

おお~始めて見た~・・凄いね・・。
何だかカラフルだわ~~~。
[ 2008/12/21 21:29 ] [ 編集 ]

あわわ。。

ギョー!刺されたくないですv-302
マユのうちに退治するメモメモ。
明日、ワリバシ持って庭で探してみようv-12
[ 2008/12/21 22:55 ] [ 編集 ]

orihimeさん おはようございます。 コメントありがとうございました。
あららっ! 見てしまいましたねぇ(笑) orihimeさんも知ってましたかぁ~ 刺された経験もあるんですかぁ~! そうそうこのイラガの幼虫は好き嫌いがなくて、どんな葉でもモリモリ食べちゃうんです。 ほんとに姿も毒々しくて、憎たらしい虫ですよね。
[ 2008/12/22 09:29 ] [ 編集 ]

mimiさん おはようございます。 コメントありがとうございました。
mimiさんはこの幼虫もマユも初めてみたんですか… やはり地域によって発生する場所が限られてるんでしょうか… 刺されてからその手で他を掻くと、別の場所に患部広がってしまう危険性もあるんですよ。 毒が体内に回るとかなり腫れあがります。 ハチも恐いけどこいつも恐いですヨォv-12  
[ 2008/12/22 09:36 ] [ 編集 ]

nanananさん おはようございます。 コメントありがとうございます。
一度刺された経験のある方なら、このイラガの恐さを良く知っていますよ。 寒くなると写真のようなマユの中に身を潜めて、暖かくなる季節迄過ごしてますので、今の時期は全く安全です。 きっとこんなイラガのマユを、nanananさんも何処かで見付ける事もあるでしょうから、観察して見ては如何でしょう…
[ 2008/12/22 09:43 ] [ 編集 ]

うわ~そんな虫なんだ~
やっぱりカラフルなのは危ないのね・・。
[ 2008/12/22 17:55 ] [ 編集 ]

イヤよね~~

今年春先に、枝についた繭が孵らない内にとカマの先でこすり落としたら、どこかにケムシの脱皮でも残ってたのか、アレルギーを起こしてひどい目にあったのよ。
ホントにイヤよね~~。
[ 2008/12/23 07:07 ] [ 編集 ]

悪ですよぉこの虫わ~!

mimiさん おはようございます。再度のコメントありがとうございました。
チクッ! と肌で感じたら直ぐに流水で刺を抜き出すように洗い、薬で処置するんですが、それでも駄目ですねぇv-292  ほんとにこいつは悪い奴だよぉ~ v-293
[ 2008/12/23 09:13 ] [ 編集 ]

ほんとに憎っくき虫ですよね!

annさん おはようございます。コメントありがとうございます。
annさんも既にこのイラガはご存知なんですよね。 果樹には付き物の害虫で、幼虫を潰して土に埋めても刺針は残っているようで、ほんとに始末の悪い虫ですよね。 幼虫の姿思い出してもぞぉ~とする気持ち良く分かります。 冬のマユの状態の時に取って処理すると、翌年はイラガの発生をかなり食い止められますよ。
[ 2008/12/23 09:21 ] [ 編集 ]

rick papaさんこんばんわ
こいつは要注意ですね!
緑色なんでいたっ!てなってからきづくんですよね~
抜け殻にも毒があるんで出来るだけ卵からかえったばかりのころを見計らって葉ごと取ってます。
その後は灯油に漬け込んでおいて焼却処分ですね。
[ 2008/12/23 19:07 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/12/23 21:40 ] [ 編集 ]

あきのりさん おはようございます。コメントありがとうございました。
あきのりさんもこのイラガはご存知なんですね。 地域によっては見掛けない場所もあるようですが… 他の害虫のように殺虫しただけで済まされない虫です。 焼却処分すれば完璧ですよね。 出来ればマユの状態の時に見付けて処分するのが良いのですが、そんな時は気にも掛けないのが普通ですよね。
[ 2008/12/24 09:08 ] [ 編集 ]

これはイラガの卵だと思っていました
その中からうじゃうじゃと幼虫が出てくるんじゃないんですね
だから葉っパの裏に兵隊みたいに並んで付いているんだぁ
この前繭探しをしてみたんですけど
結局見つける事ができませんでした
見つけたのは抜け殻ばかりで…
見つけるのって難しいですね
[ 2008/12/28 17:54 ] [ 編集 ]

jigitariさん おはようございます。 コメントありがとうございました。
少々ご無沙汰してました。 今年もあと僅かになりましたね。 イラガのマユの模様も何となく気持ちが悪いですよね。 このマユから来年幼虫が出て来て葉を食い荒らし
、蛾になって多くの卵を産み付けますので、出来ればこの状態のマユの内に退治すれば、効果が絶大なんですけどね。 特に柿ノ木の発生率が高いですから、良く観察なさると良いですね。 抜け殻でも潰した粉が肌に振り掛かると、皮膚の弱い方はカブレの原因にもなりますよ。 マユは枝ばかりに付くとは限りませんので、庭石の周りや石塀の隙間も要注意です。
[ 2008/12/29 10:00 ] [ 編集 ]

イラガの季節が来た

アケビにザクロにとイラガはどこにでもいますよ。刺されると大変ですが、痛みを和らげるいい方法があります。
直ちに、冷凍した保冷剤などの冷たいものをタオルを通して冷やして下さい。キット効果があるはずです。虫刺されクリームは効きません。冷やすことが一番です。お試しあれ。
[ 2013/07/09 13:36 ] [ 編集 ]

ご親切に有難うございました

アツイ・暑い!さん 初めまして コメント有難うございました。

痛みに対する対処法を、わざわざ詳しくお教え戴き、有難うございました。
この虫にはほとほと手を焼きましたね。 以前リンゴを栽培しておりまして、
袋掛けの最中にうっかり右手の平で、イラガの幼虫を握ってしまいました。
手は腫れて腕は肩までポンポンに晴れ上がり、さすが医者に駆け込みましたよ。
そんな過去の苦い体験が今も重い浮かびます。
[ 2013/07/10 08:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/194-0bbf7913