たまむし

昨年ブログで紹介した事のあります玉虫ですが、奈良法隆寺に収められている玉虫の羽を使った国宝 玉虫厨子(たまむしずし)は有名です。 今では殆ど見掛ける事の少なくなった大変貴重な玉虫に、先日偶然ふと思いもかけず再び出会う事が出来ました。 埼玉県は小川町にある里山を利用した「見晴らしの丘公園」へ、過日私達夫婦と孫2人連れで子供達最後の夏休みを楽しんで来ました。 大変奇麗に整備され自然そのまま残した雑木林の残る公園で、セミやバッタ・トンボ・カブトムシ等が沢山生息し、子供達に取っては昆虫採取するには格好の場所でもあります。 クヌギやコナラの雑木が茂る山道を孫の手を引きながら登る途中、腰高ほどの枯れた切り株から光り輝く一匹の虫が飛び立ちました。 とっさに被っていた帽子で払い落とすと、それはまぎれも無い玉虫ではありませんか… 孫の持つ既にセミとバッタを捕獲した虫かごに、可哀相にもごちゃ混ぜに入れて帰途に着きました。 暑い1日を孫達は遊び疲れたのか、虫かごを忘れて其の夜家に帰りました。 翌日カゴの中を見るとまだ元気な玉虫がいます。 我が家の吊り鉢オリズルランの葉にとめてやりました。 逃げる気配も無く記念にと写真に撮ったのがこれです。 奇麗に輝く羽色ですねぇ… 幼虫時代を木質部で3年過ごし、成虫になって3週間の命だと言います。 数少ないたまむしだから… その間に雄と雌が出会って子孫を残せるのだろうか… 数時間後に何処かへ飛び去って行きました。 

20070827183432.jpg

20070827183443.jpg

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
[ 2007/08/29 12:17 ] 付録の話題 | TB(0) | CM(2)

今年もご縁があって

度々失踪者の富衣美です。

去年ブログで拝見した玉虫の記事に衝撃を覚えたことを未だに忘れられません。(都会育ちの私にとってはこんなに綺麗な虫さんが存在するとは 本当にびっくりしました)
今年もご縁があって、出会うことができてよかったですね。
三週間の儚い寿命、運命の相手に出会えたでしょうかね?気になってしょうがないです 笑

今年もrick papaさんの葡萄豊作ですか?
スイカ・野菜・花、どれもお上手に育てられて、本当にいつお邪魔しても飽きないブログです。
ありがとうございます
[ 2007/08/30 13:39 ] [ 編集 ]

☆ 富衣美 さんへ

富衣美 さん おはようございます。
ちょっぴりのご無沙汰でしたが、 またコメント戴きありがとうございました。 昨年の玉虫の投稿記事憶えていて下さいましたか… 嬉しいですねぇ♪ この玉虫は昔から縁起の良い虫と伝えられて来ました。 虫と言うと苦手な方も多くいらっしゃいますが、富衣美さんはこの玉虫見ても平気ですか? 下界に飛び出してセミは1週間の命と言いますが、結ばれる相手が多ければ交尾も出来ましょう。 でも玉虫は年々減少の一途で相手が見付からずに一生を終わってしまう玉虫もいるはず… 儚い命がとても哀れに思わずにはいられませんね。
 
見よう見まねの素人野菜作りですが、やるほどに何かしら覚えてくるもので、昨年の失敗が今年の栽培に大いに役立っています。 お陰様で姿形はいまいちですが色々収穫出来て、今は野菜や果物に囲まれた暮らししてますですよ(笑) こんな拙いブログでも富衣美 さんにそんなに褒めて貰えるなら、やはりやってて良かったなぁと思うよv-290
[ 2007/08/31 10:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/14-1f9c4a89