パパイア1年生

papaya.gif

パパイア(papaya)
「蒔かぬ種は生えぬ」で、美味しく食した後の熱帯フルーツの種も、捨ててしまえばそれまでの命、蒔いてやる事で一粒の命が誕生します。 果実を収穫する事が目的ではありませんが、観葉植物としての価値は充分ありますし、上手に育てて果実の収穫も夢じゃないですよ… 特にパパイアは温度があれば発芽率は抜群であり成長も著しく早い。 熱帯果実の中でも、比較的安価に手に入るのも栽培し易い条件ですね。 自家採取熱帯果樹フルーツの種に、捨てる前に是非息を掛けてあげませんかぁ…

papayaA.gif

 果実を割ると中にぎっしりと種が詰まっています。 種をザルに取り出し流水でヌメリを良く洗い流し乾燥保存します。 1年経った種でも良く発芽します。 暑い今時期なら1週間か10日で芽が出ますから、本葉が2枚程になったら強くてしっかりした幼苗を移植します。 暑さには滅法強い植物ですから、太陽に充分当て節間の少ない株に育てます。

ぱぱいや


 僅か1年で驚くばかりのこの成長です。 熱帯フルーツ栽培も勿論ド素人ですから、詳しい育て方も知りませんが、栽培要領も本やサイトの方のアドバイスで今日に至っています。 肝心な事は寒さに弱い欠点があります。 枯死させてしまう原因の殆どが冬越しにあるようで、冬は部屋に取り込み室温を7℃~8℃以下にしないような工夫が必要です。 冬越しさえクリアすれば暖かくなってぐんぐん成長します。

papayaB.gif

背丈が50㌢で幹まわりも直径2㌢の太さになりました。 今年中にはまだまだ成長しそうです。

       ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
 本日もお越し戴き感謝します。おついでにぜひポッチンと押してね 



[ 2008/07/20 18:51 ] 南国果樹 | TB(0) | CM(16)

なかなか育て甲斐のある植物ですね!
直立で葉っぱも造形的だしたとえ実が生らなくても鑑賞用としても十分です。
そりゃあ~、実がなれば二重の喜び♪
パパイア、美味しいですもん v-9
[ 2008/07/21 05:04 ] [ 編集 ]

☆gerogeroさん おはようございます。

gerogeroさん 早速のコメントありがとうございます。
仰せの通りの植物で鑑賞用としても結構楽しめますよ。 パパイヤは実際に実を生らせ収穫された方も沢山いらっしゃいますので、かすかな淡い期待も持って育てています。 大きくなれば多少の寒さにも耐えられるようになるとも聞かされていますので、数年後には実の生った姿をお見せできたらと嬉しいですねぇ。
[ 2008/07/21 08:56 ] [ 編集 ]

こんにちは♪

凄い成長ぶりにびっくりです!
これからまだ成長するのですか~、こうなったらどこまで大きくなるのか興味津々です。
この勢いなら実も生りそうに予感がしてきましたよ~^^

[ 2008/07/21 12:09 ] [ 編集 ]

私もライチの種を取って育てたことがありましたよ~。
でも、冬は室内で越させてやんなくちゃなんないので、枯らしてしまいましたが。
りんごやみかんも、種を見るとつい土に植えてしまって、一時はミニミニ果樹園ができていました。
すごく大きく育ってますね。
もしかして、ちゃんと実がなるんじゃない?と期待してしまいます。
実がなるまで育ててね~~。
[ 2008/07/21 13:19 ] [ 編集 ]

太くなりましたね!

rick papaさん、こんにちは。
パパイヤがどのくらい大きくなったら実ができるものなのかを知らないんですが、つくまでも楽しみですね。
収穫目的ではないとのことですが、植え替え定植はせずにこのまま栽培されるんでしょうか?^^
[ 2008/07/21 14:23 ] [ 編集 ]

おお~実が採れる様になるかな~♪。
私は昨日マンゴー食べたの・・種・・育ててみようかな~。
冬・・・寒いから無理かな・・・。
[ 2008/07/21 18:28 ] [ 編集 ]

☆hanaさん おはようございます。

hanaさん コメントありがとうございました。
凄いでしょ v-12 パパイヤってほんとに成長が早いんですよ。 鉢が大きいと根が張れますので大きくなると聞きました。 でも限られた鉢のスペースですから、幹は太くなりますがある程度コンパクトに育てる事も出来ますよ。 上手くすると2~3年で花が咲くと言われてます。 パパイヤはオスとメスが異株だそうで、この先どうなりますかまだまだ知らない事ばかりです。 
[ 2008/07/22 09:20 ] [ 編集 ]

☆annさん おはようございます。

annさん コメントありがとうございました。
そうですかぁ annさんも実生果樹を育てていた事があるんですね。 仰せの通り熱帯系の果樹ですから、冬越しが問題ですよね。 余り増やすと室内には置き切れなくなっちゃいますし、真冬は室内でも温度がかなり下がりますよね。 パパイヤは実を生らせるのは差ほど難しい果樹ではないようです。   何時か必ず果実が生る写真をアップしたいと思ってます。 嬉しい応援ありがとうございます。 v-290
[ 2008/07/22 09:29 ] [ 編集 ]

☆zukkyさん おはようございます。

zukkyさん コメントありがとうございました。
熱帯果樹園の温室で実際のパパイヤを見た事がありますが、高さ2㍍以上で横に枝が広がった大きな樹でした。 鉢植えでしたらそんなに大きくしなくても、剪定によってコンパクトに育てられます。 植え替えも実に楽ですよ。 樹の大きさによって1年に一度くらいです。
 
[ 2008/07/22 09:37 ] [ 編集 ]

☆mimiさん おはようございます。

mimiさん コメントありがとうございました。
栽培のコツが判ると以外に立派なパパイヤ収穫出来るんですよ。 実際に鉢植えで果実を収穫なさったサイトの方がいらっしゃいますよ。 甘くて美味しかったそうです。 mimiさん マンゴーの種捨てちゃだめですよぉ~ 立派に芽が出ますから蒔いて下さいね。 マンゴーは比較的寒さにも耐えますよ。 熱帯フルーツ栽培はmimiさんに合ってるような気がしますよ v-291
[ 2008/07/22 09:45 ] [ 編集 ]

パパイヤ

これは楽しみですね
私は先日台湾で食べたマンゴーのおいしさにびっくりしました。日本でも輸入品を買いましたが、残念ながらためを捨ててしまいました。
惜しいことをしたかも。
[ 2008/07/22 21:51 ] [ 編集 ]

☆tpさん こんばんは。

tpさん コメントありがとうございます。
最近マンゴーの人気が高まっていますよね。 まだ少々お値段が高い果物なので、つい買い難い点もありますが、大変美味しいフルーツですね。 南国フルーツを美味しく食べて、その種から新しい命が生まれるって素敵じゃないですか♪ マンゴーも簡単に今時期なら発芽しますので、今度は是非種を確保して蒔いて下さいね。
[ 2008/07/22 22:40 ] [ 編集 ]

rick papaさん、こんばんは~vポチポチv

マンゴーの種を掘り起こそうと思ったら土が・・暑い!

今日明日と旅の空ですので、水遣りの出来る明後日に
掘り起こそうと思います。
(ホテルの貸しパソコンからお邪魔しております)

今年の夏は高3娘の希望学校めぐりのアッシーしてます。
・・・なんとか、娘の希望が叶ってほしいものです。(^ ^;
[ 2008/07/25 21:10 ] [ 編集 ]

☆ティーさん こんばんわ~

ティーさん コメントありがとうございます。
只今ご旅行中なんですね。 お泊りのホテルの様子は如何でしょう… たまには我が家を離れ、上げ膳据え膳でのんびり宿でくつろぐのも命の洗濯ですよね♪ ごゆっくり楽しんで来て下さいね。 娘さんの思いがきっと叶いますよう、陰ながらお祈りしています。 
[ 2008/07/26 20:13 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/12/04 15:22 ] [ 編集 ]

Re: パパイヤ


初めまして rick papa と申します。
この度はblog【趣味の園芸談話室】へお出で戴きありがとうございました。
パパイヤは私も育てた経験がありますが、栽培適地ではなく温度管理の不手際で、
育てては枯らしてしまい失敗の連続でした。まだ実を付けさせた経験がありません。
残念ながら適切なお答えが出来ず本当に申しわけありません。

しかし私のブログ友達で、パパイヤ栽培に詳しい親切な方がいらっしゃいますので、
Rick papaの紹介だと言って下されば分かります。是非そちらに伺って見て下さい。 
下記にブログアドレスを記して置きますね。

“バルコニーで フルーツ栽培記”
http://blog.goo.ne.jp/sato55_2005


> パパイヤに関してご質問があります。私も昨年から庭でパパイヤを育てています。順調に育ってくれていて今年になってから実をつけてくれています。今回初めて育てているのでまったくわからないのですが一度実をつけてくれたパパイヤの木は更にまた後ほど新しい実をつけてくれるのでしょうか。それとも実をつけてくれるのは一度っきりなんでしょうか。万が一お分かりでしたらお返事いただけますか。よろしくお願いします。
[ 2012/12/08 14:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/129-4dc3c206