ぶどうの花穂

ぶどう の栽培は初めてではありませんが、当初美味しい果実を収穫するのが目的ではありませんでした。 この地に来てから夏の日差しが大変強く、日除けとしてスダレ代わりにツルを誘引したのが始まりです。 元々どの果樹の栽培も全くのド素人で、参考書や人様の栽培を見よう見真似で戴くのと、独自の栽培法から得た知識だけで今日に至っています。 勿論店頭に並ぶような立派なぶどうには到底及びませんが、しかしこんないい加減な栽培でも毎年甘い実を付けてくれるんですから嬉しいですねぇ… 肥料の大半はお勝手で出る生ゴミ堆肥でを埋め込んでいます。 それが甘さの秘訣かな…  ぶどうは挿し木でも梅雨時期なら取り木でも種からでも簡単に増やせますし、鉢植えでも栽培出来る果樹ですから何方でもお試しを…

  巨峰

 は春新芽が出てから1ヵ月半の花房の姿です。 花と言うか実と言うのか言葉で説明のし難いぶどうの花穂ですが、早い話がぜんぜん面白みのない花です。 特に大粒の巨峰は花の咲く前後に、花穂の摘果が後の実を止める大切な作業なのですが、何せズボラな栽培者は目の前にありながら忘れてしまいます。

  巨峰の花穂

 は鉢植えにされたデラウェアの花穂ですが、まるで線香花火のようにパチパチした花です。

  デラウェアの花穂

 は階下より2階のベランダ手摺まで、本線の幹枝から三段にツルを誘引した様子ですが、この通りぶどうは這わせるといい気になってツルを延ばして行きます。 物干し竿に rick papa の船釣り竿まで総動員して、何とかツルを収めているような始末です。 

  キョホウC

 これが出発点の巨峰の樹です。 ここから物置横を通り、庭を数メートル経てベランダへ延びています。 後ろに見えるゴツゴツした太い木はリンゴふじですが、何度も太い枝を切った痕がコブのように凸凹しています。 改めて見ると痛々しいですねぇ… 

  キョホウD

     ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
 本日もお越し戴き感謝します。ついでにぜひポッチンと押してね 
[ 2008/05/31 16:13 ] 果樹栽培 | TB(0) | CM(24)

ぶどう

ぶどうの花穂ってこんなになっているんですね。
ぶどうの日除けなんてオシャレ~!!
それにしてもホントいい気になって
ツルを這わせてますね(笑
[ 2008/05/31 17:34 ] [ 編集 ]

こんにちは

これから蔓が延びてくると1階から2階までの見事な緑のカーテンが出来あがるのでしょうね。楽しみです。
[ 2008/05/31 17:58 ] [ 編集 ]

わぉ~!

わぁ~!ぶどうは、いつかやってみたい果樹です・・。
実は、父の菜園にも植えてるけど、全然ダメなんですぅ~。
物置を経由してベランダまでなんて、すごいですね~。
あっ!皮を剥いでる・・これが先日教えてくれた秘儀ですね~!!!
細い枝の方が、ベランダへと繋がってるのですよね???
太い幹の先は、どうなってるんでしょうか???
[ 2008/05/31 18:19 ] [ 編集 ]

いい感じに広がっていますね~
うちでは今年はゴーヤを日よけにしてみました。
いつかは葡萄にも挑戦したいな~
さっそく巨峰を買ってきて食べようっと!(笑)
[ 2008/05/31 23:44 ] [ 編集 ]

☆ケロコさんへ

ケロコさん こんばんは。
早速のコメントありがとうございました。 ケロコさんはぶどうの花を見るのは初めてですか… 果樹の花の中でも、1番目立たないジミーな花でしょ v-290   このようにぶどうはツルが良く延びますので、日除け代わりにするには都合がいいですね。 秋になればぶどうの房が垂れ下がって、好きな時に取って食べられますしね♪
[ 2008/06/01 20:09 ] [ 編集 ]

☆桃太郎さんへ

桃太郎さん こんばんは。
コメントありがとうございました。 ぶどうは 桃太郎 さんも栽培しておられますから、良く知っていると思いますが、葉もとても大きくなるんですよね。 同時にこの葉を食べるコガネムシや毛虫も付くので、良い反面悩みでもありますね。 
[ 2008/06/01 20:13 ] [ 編集 ]

☆cocoさんへ

cocoさん こんばんは。
コメントありがとうございます。 是非cocoさんもぶどう栽培してほしいですね。 邪魔にならない庭の隅にでも植えて、後はツルを上手く誘引すれば頭の上でぶどうが実りますから…   説明不足ですいません。 太い方の幹が庭を経てベランダの方に行ってるんですよ。 細い方は葉を付けて予備のツルにしてあるだけです。
[ 2008/06/01 20:20 ] [ 編集 ]

☆gerogeroさんへ

gerogeroさん こんばんは。
コメントありがとうございました。 結果的にはこんな感じのぶどうの日除けになりましたが、冬になってツルだけになれば、そのツルを再度外して好き勝手にツルの配置換えも出来ます。 来年は2階のベランダのツルを下げて、一段低い日除けにしようと考えてます。 ぶどうの収穫にも低い方が取りやすい事もありますので…
[ 2008/06/01 20:27 ] [ 編集 ]

長崎は雨です

コメントありがとうございます。

ぶどうの葉で日よけとは、ステキですね!
ぶどうを見て「わぁ~、美味しそう~」と思わず言ってしまいました。ぶどうの幹もですが、りんごの幹は大きいですね。ぶどうの花はまじかで見たのは、初めてです。この様な花なんですね。
[ 2008/06/02 09:21 ] [ 編集 ]

rick papaさん、こんにちわ~~~!
巨砲ですか・・・すごいですね~~~♪
ぶどうがこの様なお花だとは知りませんでした・・・
ティーちゃまに教えていただいて、暖地サクラの苗木を買いました。
育て方、ご指導くださいね(*- -)(*_ _)ペコリ
[ 2008/06/02 13:54 ] [ 編集 ]

☆恋みかんちゃんへ

恋みかんちゃん こんばんは。
コメントありがとうございます。 こちら埼玉でもまた今夜から雨の予報が出ています。 もうすぐ入梅になりますね。 ぶどうの花は面白くありませんが、秋になって熟した大粒の黒々とした巨峰は、姿形はよくありませんが、けっこう甘みはありますよ。 素人の栽培ですからそれで自己満足してま~す v-290  リンゴは樹齢約23年を過ぎました。 
[ 2008/06/02 21:34 ] [ 編集 ]

☆りんちゃんへ

りんちゃん こんばんは。
お元気ですか… 少々のご無沙汰です。 コメントありがとうございます。   ぶどうの花を初めて見た率直な感想は… 「なんじゃ~これぇ どこが花だか分からん」 と言いたいでしょう v-12
エエッ! ほんとですかぁ… りんちゃんが暖地サクラの苗木買ったんですかぁ! でも嬉しいですねぇ♪ これからは少しでも同じ話題で話せるじゃありませんか… いえいえこちらこそ宜しくね。  
[ 2008/06/02 21:43 ] [ 編集 ]

こんにちは~♪ポチポチvv

りんちゃん♪頼れるrick papaさんに♪

お任せですよ~♪笑笑笑v(6 <)


葡萄・・・((グラグラグラ))
ちょっと園芸店を、のぞいてき~ましょっと♪
[ 2008/06/03 13:11 ] [ 編集 ]

☆ ティーさんへ

ティーさん こんばんは。
コメントありがとうございます。  ティーさん宅は畑も広いので、ぶどうの栽培には適しているかも知れませんね。 夏の日差しをさえぎる場所としても、竹などを使って棚でも作ったら、ちょっとした休憩場所が出来そうじゃないですか♪
[ 2008/06/03 22:13 ] [ 編集 ]

rick papaさん・・

それなんですよね~・・(ふぅ~・・)

貸し菜園、「建物と果樹は禁止!」なんですよ~・・(= = )

もの凄~~~く!残念!!!!!!(> <)

ヤッパリ自分の土地じゃ、ないと~・・
畑に東屋、にも憧れているんですよ~(^ ^;)
[ 2008/06/04 16:25 ] [ 編集 ]

☆ティーさんへ

ティーさん こんばんは。
再度のコメントありがとうございました。 そうだったんですか… てっきりティーさん宅の土地だと思っていました。 残念ですねぇv-292  確かに借地ですと建物や樹木は、後々立ち退きが面倒になりますものね。 特に桜の木は根が張りますし、大きくなるので植えるのを地主さんは得てして嫌うようですね。 
[ 2008/06/04 19:49 ] [ 編集 ]

葡萄の花穂はどこから出てくるのでしょうか
昨年デラウエアーを植えていまや緑の葉が沢山、つるも枝も伸びています。
花穂は枝から出てくるんですか
それともつるの延長が花穂ですか
二つ伸びた弦の片方に花穂らしきものが出てきていますが
それがそうなのかよく見分けが付きません
楽しみでうずずしています
初めての訪問ですみません
お教え下さい
[ 2009/04/23 21:35 ] [ 編集 ]

kuki さん おはようございます。 コメントを戴き有難うございました。
体調を崩して居りましてお返事が遅くなり、大変申し訳ありませんでした。 仰せの通りブドウの花穂の区別はつけ難いですよね。v-290  ブドウの苗を植え付けてから2年以上経つと、上手くすると花芽が出来て花房を見る事が出来ます。 花穂を沢山付けるには、如何に其の年内にツルや葉を丈夫に、沢山育てるかにあります。  花穂(花房)は前年に付いた葉の付け根から、花芽分化したものの中から生まれて来ます。 ブドウは芽が伸び始めた時点で、既に花房の形が出来て伸びて来ますから、誰が見ても一目瞭然で分かりますよ。 またブログに写真を近々載せますね。 kuki さんのブドウ苗はまだ若いので、花房を期待せず出来れば今年はまずツルを1本に絞って、肥料を与えて丈夫に長~く育てる事をお勧めします。 お話しでは分かりませんが、鉢植えかそれとも地植えにされているのでしょうか? 我が家には鉢植えにされた4年ものデラウェアがありますが、今年も花房が既に付いています。 甘いですよぉ~デラウェアは… お分かりにならない事がありましたら、お気軽に遠慮なく何時でもお越し戴きお尋ね下さいね。  
[ 2009/04/26 10:06 ] [ 編集 ]

ご指導ありがとうございます。
ブログのURLを載せてみました。
体調がよろしいようでしたら覗いてください!

地植えにしています
ツルを1本に絞るとは主枝と思われるもののみを葉を残して育ててその他の枝は今の時点で切り取ってしまうということでしょうか?切り取る枝の位置ですが2芽残して切り取るんでしょうか?剪定の方法で本に書いてありましたが

つまらない質問ですみません

デラウェアーの花穂の写真をアップしてくれtらら幸いです
ではまたお願いします。
[ 2009/04/29 20:26 ] [ 編集 ]

kuki さん こんばんわ~ 再度のご訪問ありがとうございました。
なかなか言葉では上手く説明出来なくてすいません。 早速貴ブログを拝見しました。 私は定年退職後は以前からの果樹の栽培の他、四年前に近所に50坪程の畑を借り、試行錯誤しながらのド素人野菜栽培を楽しんで居ります。   ブドウは地植えにされているんですね。 剪定はkuki さんの書かれておられる通りです。 ブドウの主枝を基本に将来そこから出る芽から、側枝を作りブドウの実を付けさせて行きます。 どこにツルを這わせるかを決められると良いですね。 我が家では二階のベランダに沿って日除けも兼ねて這わせています。 ブドウの剪定は今年延びたツルなら切っても大丈夫なのですが、前年度に伸びた木質になった枝を切ると、樹液が固まる事無く垂れ流しのような状態になりますので要注意です。 木質化した枝を剪定する時期は、12月から2月頃で樹が休眠期の時です。  主枝を決めたら其の後に出て来るいわゆる脇芽ツルは、葉を5~6枚残して先端を切り主枝の芽に栄養分を送ります。  いえいえ… >つまらない質問… だなんてとんでもありません。 私とて果樹栽培は素人で、ただ単に今までの経験や体験からお応えするだけのお粗末なものですのでご容赦下さい。 我が家には巨峰とデラウェアの2種のブドウだけです。 こちらからもお邪魔させて戴きます。
[ 2009/04/29 21:14 ] [ 編集 ]

ブログ楽しみに拝見させていただいております。
トマトのプランターも参考になりました。
ぶどうについて再度の質問です。
剪定についてですが
主枝と思われるものはそのままにしておき
5月中にその他の蔓は摘んでしまうということなのでしょうか
蔓があちこちから生えてきておりますもので・・・
それともその作業は冬季にした方がいいのでしょうか?
お教え下さい
[ 2009/05/24 23:26 ] [ 編集 ]

kukiさん おはようございます。 コメントありがとうございました。
説明させて戴いたように主枝となるツルを残し、今年伸びて来る新しいツルは必ず葉を5~6枚残して、全て先端を摘んでしまいます。 今年はこの繰り返しです。 どのツルも残してしまうと養分が分散して、将来の主幹となる枝振りが悪くなりますので、ツルの若い軟らかい内にこの作業が大事です。 面倒ですが頑張って下さいね。
[ 2009/05/25 08:33 ] [ 編集 ]

再度の質問で申し訳ありません
主枝と思われる以外の蔓の先端を、切り落としてきました。
ありがとうございました。
冬の剪定のときはまたご指導お願いします。
[ 2009/05/25 11:34 ] [ 編集 ]

kukiさん おはようございます。 わざわざお返事有難うございました。
kukiさん宅のブドウも、きっと来年は花芽が付き花房が見られる事とおもいます。 後は年々房も増えて来ますから、楽しみも倍増しますね。 期待して楽しみに待っています。
[ 2009/05/26 09:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://apple789.blog113.fc2.com/tb.php/107-ddb50e23