里芋に花が咲いた!

   里芋

今年の春、里芋の種イモに昨年収穫した親芋を4個植え付けました。 生育は良好で、覆いかぶさるように葉も大きく茂っています。 今朝になって初めて気が付きました。 葉の根元から茎が伸びて、奇妙な黄色い花が咲いているのに気が付きました。

   里芋の花

毎年作ってきましたが、サトイモに花が咲いたのは初めての事で、種芋に子芋を使わなかったからでしょうか? 花が咲いた里芋からは、子芋の収量に影響があるのでしょうか…? 

    サトイモの花

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

空中栽培西瓜

    スイカ空中栽培

スイカの空中栽培は、今年で三回目になります。 毎年前年に食べたスイカの種を採種保存し、温かくなってから播種して苗を作ります。 今年は上手く発芽出来ず、小玉種マダーボールの接ぎ木苗(250円)を購入し植え付けました。 植え付け後、本葉5~6枚が展開した頃摘心し、三本を本線に伸ばし子ヅルを付けていきました。 一本の苗から元成スイカ数個をはじめ、末成りスイカ込みで、現在全18個ものスイカがぶら下がり、少々これでは付け過ぎた感じです。

     スイカ空中栽培A

これほどのスイカが一斉にぶら下がると、棚もしっかり作らないと重量オーバーで倒壊する程です。 スイカを吊り下げるための補助ネットは、百均で購入した多目的ネット(三枚入り)を半分に切って、下を絞り四点を麻の紐で吊ったものです。 これでも大き目のネットですが、スイカが大きく膨らんで来ると、ネットが一杯になってくびれてくるほどてす。 確かに手間暇は掛かりますが、それなりに空中栽培の良さは、均等に陽射しが当たるためか、表皮にむら無い色で仕上がります。 吊ってあるせいか、雨に濡れてもスイカが割れる事は今までになく、甘味も地に這わせるより幾分上がるような気がしました。 棚の下では今年枝豆も作りました。

     スイカ空中栽培C

     スイカ空中栽培B

     スイカ空中栽培D

スイカの収穫時期は品種にもよりますが、大よそ40日を過ぎた頃から収穫出来ます。 日数から収穫時期を決めるのが一番無難な方法ですが、結実の日を忘れてしまった時など、他にも叩いた音で判断したり、生っているスイカのヘタのの反対側の巻きヒゲヅルが、茶色く枯れた状態の時が収獲の目安として使える方法です。 さて6/26日結実の札を付けたスイカ、もう45日は経っています。 期待しながら一個目を収穫し計って見れば重さ3.2㎏ありました。 早速包丁を入れるとパリパリとはち切れんばかりにヒビが入る。 果肉は赤く皮の縁まで食べられるほど甘いスイカでした。 
        
                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

三尺バナナの成長

    三尺バナナの現在

バナナの生育は早く、小さな株でも一年で人の背丈にも成長します。 しかし、南国果樹だけに寒さに弱く、5℃以下になると葉が枯れてしまいます。 その年に大きく育っても、毎年冬越しで枯らしてしまう状況です。 冬越しさえ上手く乗り越えられれば、2~3年で実をみられるかも知れません。   ちなみに 「バナナ」 は、草の仲間て知ってたぁー? ええっ!バナナって樹(木)ではなくて草なんだぁ~!

    鉢植え三尺バナナ

 葉を枯らしてしまっても根を防寒してやれば、バナナの株は生きていますので、翌年暖かくなるとまた新芽が出て来ます。 我が家の三尺バナナを、何とか果実が見られるまでにしたいと思っています。 葉の大きさも鉢植えで55㎝もあります。

            三尺バナナ地植え株

こちらはもう一本の子株を、菜園の片隅に地植えにしてみました。 さすがに根が良く張れるのか生育が著しく良く、展開した葉の大きさも75㎝もあります。 これから暑さも盛りになると、ますます成長が期待されますが、夏が過ぎこれもまた冬越しが問題です。

    山ウド

春先にスーパーで買った山ウドですが、根の部分5㎝位を赤玉土に挿し木したものです。 根が張り出してから小さな鉢から地植えにしました。 暑くなると生育が活発になり、まさに独活(ウド)の大木のことわざ通り、ぐんぐん伸びて今では怖いほどの成長ぶりです。

    独活の大木

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カンタロープ メロン

    スパイシーカンタロープ

「カンタロープメロン」 とは、ヨーロッパ南部やアメリカ、タイなどで栽培される赤肉種のメロンの種類です。  日本では、このメロン自体を、まず果実店でもスーパーでも殆ど見掛けることはありません。 赤肉種といえば、夕張メロン等を想像してしまいますが、それより果肉が固く甘味も薄いので、そのままフルーツとして食べるようなら、かなり日数をかけて熟してやらなければなりませんね。 有名になった夕張メロンは、果肉が赤肉系品種でスパイシーカンタロープとアールスフェボリットの一代交配種で、品種名は夕張キングと言います。

    夕張キング

    カンタロープメロン

少々不格好な姿形にしても甘味にせよ敬遠されそうなメロンですが、メロン独特の香りは熟して来ると抜群です。 我が家では、敢えてこのカンタロープを栽培して楽しんでいます。 1.2㎏以上の大きさになれば、果実も充実して甘味も増しますし、完熟させなお追熟させると、まさに夕張メロンにも劣らぬ美味しさです。 勿論カンタロープの種は何時も確保してあります。

      カンタロープA

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村