旨~い!茹で落花生

 落花生の収穫

落花生(ピーナッツ)と言えば、ポリポリ炒った香ばしい豆と云うイメージが浮かびますが、しかし掘り立て新鮮な生落花生を、茹でて食べる意外な食し方もあります。 一般に生の落花生は余り販売されていませんので、産地か自家栽培ならではの食べ方になりますね。 茹でたわりにはコリコリした食感があり、歯が悪い人でも食べ易くとても美味しいです。 私もこの地に越して知った味です。

  落花生の水洗い

昨年もこのブログで紹介しましたが、我が家の菜園で栽培するのは、オオマサリと云う品種の落花生です。 どちらかといえば、茹でピーナッツ用に開発された平成19年に千葉県で品種改良によって誕生した 『おおまさり』 と言う新種です。 豆粒が大きいのが特徴です。 毎年翌年の種用に数粒確保しておきます。 今年は8本の苗を植え付け、掘り起こしてみると約3㎏の収穫がありました。   

  落花生の茹で上がり

  落花生(おおまさり)

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

大根と白菜の間引きと土寄せ

 大根と白菜

大根と白菜を播種してから今日で25日が経ちました。 発芽してからは丁度20日目で、どちらの野菜も順調な生育をしています。 まだこの時期は害虫も多く、寒冷紗で覆っておくのが無難なようです。 ちなみに大根白菜の種は、二袋100円のダイソーで購入し、結果発芽率は100%でありました。

 大根9.8の様子

これは大根の種蒔きをしてから5日目の発芽した様子ですが、一箇所に3~4粒づつ種を蒔きます。 間引きは二回に分けて行いますが、一回目は本葉が3~4枚になったら一箇所に2~3本にします。 この時に根元に軽く土寄せしてやり、苗を立ててやります。

 大根二回目間引き

一回目の間引きをしてから数日経つと、上の写真のように本葉が何時の間に5~6枚になっています。 この頃になったら2回目の間引きを行い、丈夫な一株だけ残し1本にします。 間引き作業が終わったら、一回目と同じように土寄せをし、畝の両脇に一株当たり化成肥料小さじ一杯位撒いて耕しておきます。 以後の土寄せは、その土を寄せて行きます。

 白菜の生育

白菜も大根と同じような間引き方ですが、2回目の間引きの目安は、本葉が7~8枚出揃ったら1本にします。 我が菜園では、後数日後に間引き一本立ちするようになります。

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[ 2014/09/23 10:10 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(0)

デコポンと大実レモン

 デコポンレモン

今年で苗木を植え付けて4年目のデコポンが、昨年以上に沢山の実を付けました。 jまだ5㌢ほどの青い果実ですが、これから実が徐々に膨らんできます。 同じく花は咲けどもレモン(大実レモン)も、今年になって初めて2個が結実し、現在まで何とか落果せずに無事生っています。

  デコポン

  デコポン です

  大実レモン です

                         にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[ 2014/09/21 06:00 ] 果樹栽培 | TB(0) | CM(0)

株分け後の三尺バナナ

   三尺バナ 今年の成長

今年6月、3株に切り分けた三尺バナナが、暑い夏の最中大きく成長しました。 一株は娘家族に譲りましたが、また親株から子株が成長しています。 バナナの成長は驚くほどの早さです。 栽培は比較的易しいのですが、南国果樹の課題は、やはり冬越しさせる事が難しいです。 葉が大きく展開すると、何処へ置いたら良いものか収納場所に困ります。 上手く冬を乗り切れば、今度は果実の収穫も夢ではなさそうです。 我が家近くで露地植えで、実際に実が付いているのを見ましたから… 

   三尺バナナ子株の成長

   株分けした親株

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[ 2014/09/15 09:22 ] 南国果樹 | TB(0) | CM(2)

節約雨水貯水タンク

       雨水貯水タンク

畑の野菜や鉢物にプランターの植物に与える水は、天気が続けばその量はバカにならない。 水道代の節約も兼ねて<雨水の貯水タンクを作って見ました。 ぶどう酒造りで使っていた220ℓ入れ塩ビタルを、容器代2500円也で手に入れました。 以前から家にあった50ℓ入れの容器と連結させ、総貯水量272ℓの雨水を溜める事が出来ます。 鉢物植物と畑野菜の水遣りは勿論の事、収穫した野菜の下洗いや農機具洗浄に手洗いと大変便利で、水道水の節約に大いに役立っています。

 雨水誘引

北側家屋の屋根とテラスから集合する雨水だけでも、一晩雨が降れば満杯になるほどです。 トヨを伝ってタンクに流れ込みます。 トヨとタンク口を径違いの水道用直ジョイントを使っています。 その他接続用資材は、ホームセンターの水道部品売り場で購入し間に合わせました。

 開閉フタ取り付け

タンクフタの部分は写真のように切断して、双方に穴を開け結束バンドで結び、フタの開閉が出来るようにしました。 これで枯れ葉や虫ゴミの進入が防げます。

 水抜き開閉コック

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[ 2014/09/09 21:56 ] 付録の話題 | TB(0) | CM(0)