アヤメとアイリス開花

 あやめ

今年もアヤメの花を見る季節になりました。 アヤメ独特の花弁の色と花の姿は、着物の柄や襖絵にしたら素晴らしいのではと思いつつ眺めています。 当初数株を植え付けたものが毎年増え続け、今では群生するほど横に株が延びて咲くようになりました。 この他に丈が伸びない 「三寸あやめ」 もあります。 切花にして生けますが、花は余り長持ちしないのが残念です。

 あやめ2

 ジャーマンアイリス

ジャーマンアイリスも毎年根茎によってよく増えます。 今では暮れになると、根茎を堀上げ捨てているような始末です。 以前は3種類ありましたが、今はこのくすんだ色の1種類だけになりました。

 ジャーマンアイリス2

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 

[ 2014/04/30 16:59 ] 草花栽培 | TB(0) | CM(0)

三時草(多肉植物)

 三時草

多肉植物で和名を照波(テルナミ)と言い、不思議な事に3時頃になると咲く事から、別名三時草とも呼ばれています。 黄色い花の大きさは4㌢弱で、花数が多くなり一斉に開花すると見栄えも良く華やかです。 実際に我が家では昼過ぎから咲いていますが、4時過ぎには花が閉じます。 栽培は至って簡単、植えっ放しで自然に増えて行き、水枯れには大変強い植物です。  

 三時草2
 
 三時草3

 三時草4

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 

[ 2014/04/28 17:32 ] 草花栽培 | TB(0) | CM(0)

リンゴの花ほころび♪

   リンゴの花ほころび

今年も我が家の三種のリンゴが、僅かばかり花が咲き出しました。 リンゴの花は一つのツボミから、5個の花が咲きます。 その中の1個に絞って実を大きく育てるわけですが、それも沢山の花が咲くようになれば、もぎって丸かじり出来る日が近いです。 当地に越して移植したリンゴが徐々に根付き、毎年花数が増えるのを楽しみにしています。 リンゴの花に魅せられて始めたリンゴ栽培、一時は品種が20を数えました。 今は僅か3種類になりました。 以前「レッドスパーデリシャス」は、真っ赤な400g前後の実を、毎年庭で50個位生らせていた事がありました。 今となってあの頃が夢のようです。

 レッドスパーデリシャス

 ゴールデンデリシャス

 ゴールデンデリシャス2

 スタークジャンボ

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
[ 2014/04/24 09:15 ] 果樹栽培 | TB(0) | CM(4)

ブルーベリー花盛り

ブルベリー花盛り

思えばスーパーの店頭に無造作に並べられ、売られていたブルーベリーの挿し木苗、今年で4年目になりました。 当時ポット苗が80円也は安かったので、4種類を衝動買いしてしまいました。 現在8号の素焼き鉢で育てていますが、そろそろ根も張って植え替えが必要のようです。 昨年より実の収穫が結構出来るようになりました。 大した手入れもせず楽しめています。

スワニ

エッセル

サウスランド(ラビットアイ系)

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 

[ 2014/04/22 07:00 ] 果樹栽培 | TB(0) | CM(2)

ジャガイモとタマネギ

 じゃがいも3種生育状況

我が家の "プチ自給自足を目指して" の必需野菜として、タマネギ・ジャガイモ・トマトは毎年恒例のように何が何でも作ります。 今年はダンシャクとメークインの種芋を各1㌔は市販品、キタアカリは昨年の余り貯蔵品で、合計約3㎏を植え付けました。 現在順調な生育で、芽欠きを近々する予定です。 ジャガイモは元イモの約10倍量が収穫出来ますので、これだけあれば我が家では十分です。 

 タマネギの生育状況

タマネギは何の料理にも重宝する野菜で、主役ではありませんが脇役で欠かせない存在ですよね。 苗の良し悪しから一番の心配だったトウダチ(ネギボウズ)今のところなさそうで、辛みのないサラダに向く大玉タマネギ(アトン)も根元が少々膨らんで来ています。 一方長期保存が出来ると云う晩成型平安球型黄(翌年2月頃迄)も順調な生育で、麦刈りの季節6月頃が玉葱収穫時期になります。

 タマネギ二種

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 

[ 2014/04/17 07:00 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(0)