リンコと桃に袋掛け

林檎と桃の袋掛け

我が家の庭で移植したリンゴの木に僅かながら実が付き、先日4/19日に幼果を紹介してから約40日が経過しました。 大分果実も膨らみ袋掛けの時期がやって来ました。

りんご3種

りんご袋掛け完了

果実に見合った適当な袋がないので、急遽新聞紙で間に合わせたような次第です。

桃2種

桃は植え付け後3年目ですが、今年から沢山の実を付け始めました。 まだ木が若いので果実の付け過ぎは、果樹に負担が掛かることから大分摘果しました。 それでもまだ多いかな…

桃袋掛け完了

                         にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 



[ 2013/05/30 20:34 ] 果樹栽培 | TB(0) | CM(4)

庭に咲く花

庭の花々

3年前ほんの一握りの宿根草松葉菊株を、門柱の前に植え付けました。 年々増え続け用水路際にまで垂れ下がるほど広がり、特に晴天の日は色鮮やかにまばゆいほど、今では道行く人の目を楽しませるほどに咲き乱れています。

松葉菊

ムシトリナデシコ

ムシトリナデシコ(虫取撫子)と言うと、食虫植物ではと連想しますが、食虫植物ではありません。 ヨーロッパ原産の帰化植物との事、あちこちの野原や川原で見掛ける一年草草花です。 葉の少し下の茶色い部分から粘液が出て、虫がくっついて動けなくなる事から来ているそうです。 細かい種がこぼれ自然に繁殖します。 このピンク花以外に白花もあります。

チェリーセージ

このチェリーセージはハーブで葉を揉むと良い香りがします。 可愛らしい花を次から次へと咲かせ、開花期間も長く初夏から秋まで咲き続けます。 強い植物で栽培は至って簡単です。

                         にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
[ 2013/05/28 20:53 ] 草花栽培 | TB(0) | CM(8)

ツタンカーメンのえんどう豆&ひよこ豆その後

ツタンカーメンのエンドウマメ

ツタンカーメンのエンドウ豆も花が咲き終わり、ふっくらと膨らんだ沢山のサヤが出来て、全て収穫撤収しました。 6本を植え付けましたが、思いの外かなりの収量がありました。 

ツタンカーメンの花と実

炊き込みご飯

話には聞いましたが、試しに豆ご飯にして食べて見ました。 ご飯を炊いて一晩置くと、想像以上の赤い色に仕上がる事が分かりました。 アズキやササゲで炊くのと変わりません。 豆を塩茹でにして食べるもよし、水煮にしたものを料理の飾り付けや具に、炒め物に混ぜたりと色々保存しておけば重宝しそうです。 但し砂糖煮にして熱を加えると豆が硬くなるようです。

     ヒヨコマメその後

ひよこまめの花とサヤ

日本の気候風土には栽培が難しいひよこ豆ですが、趣味で鉢やプランターで育てて見るのも興味深く、成長過程で面白いものがあります。 とうとう花が咲き実を付けるまでに至りました。 まだ若いサヤの段階ですが、本来食用で買ったひよこ豆が、種を蒔いて実になるまでを観察するのも楽しいです。 果たしてこのサヤからどんな豆になって出て来るやら…
 
 来年用に 「ツタンカーメンのえんどう豆」 と 「ひよこ豆」 の種を保存してありますので、もし試しに育てて見たい方が居られましたら、僅かずつですがお送りしますのでご連絡下さい。

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 

[ 2013/05/22 18:51 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(4)

サボテンの花

サボテンの花

サボテンはサボテン科に属する植物の総称との事、その多くは多肉植物扱いのようで、とげのあるもの無いもの種類は多種にわたります。 我が家には現在2種類のサボテンがありまして、どちらも名前は判りませんが、手入れもせずに毎年大きく綺麗な花を咲かせます。

サボテンA

このサボテンが我が家に来た経緯が単純で、今開花しているサボテンは2年前に、近くのローズガーデンが閉鎖される事で、事務所前に植えてあったサボテンが処分される運命にありました。 とげがあるのでごみ穴に捨て、土を掛け埋める寸前に拾って来たような訳です。 咲いて見れば実に綺麗でゴージャスな感じ、花の直径が12~3cmはあります。

サボテンD

庭の芝生の中でこぼれ種から自然繁殖したスミレが、踏まれながらあちこちで咲いています。

サボテンB

サボテンC

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 


[ 2013/05/20 08:56 ] 草花栽培 | TB(0) | CM(4)

トマト苗の植え付け

トマト苗の植え付け

気温も安定しトマトの植え付けを済ませました。 今年は昨年の植え付け本数とほぼ同じで、総数で53本です。 昨年は大玉種・中玉種・ミニトマト共に順調な生育ででしたが、7月初旬頃突然の不明病原菌から、大きな実を付けたまま枯死状態に陥り、全てが全滅の憂き目に遭いました。 はっきりした原因病名も分からず、今年も懲りずに再度のトマト栽培に挑戦しました。

マルチ張り

場所の関係から畦幅と植え付け間隔は基本より狭く、まさに満員電車並みの様相です。 既に耕した畑は肥料は少なめにして畦を作りました。 成長の様子を見ながら施肥の予定です。

植え付け完了

この病原菌については色々調べては見たのですが、あれもこれも当てはまる事が多く、決定的な原因が掴めませんでした。 確かに雨や風による病気も否めませんが、予防のため幼苗の内に殺菌剤 (ジマンダイセン) 800倍液を、2回程噴霧して見ました。

メロンとスイカ

実際に収穫した上の写真のトマトです。 本来ならこんなトマトが沢山採れるはずなのですが、昨年の失敗が頭から離れず、これから花が咲く時期を前に、この先少々不安がよぎります。

                         にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 

[ 2013/05/16 06:00 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(6)