激甘いちぢくバナーネ

超甘いちぢく

昨年鉢植えから庭の東側へ地植えにしました。 イチヂクにも色々な品種がありますが、昨年春に2本購入した (2年苗) 通算4年目の 我が家のバナーネ(Banane、Longue d'aout) です。 過去にもイチヂクは育てた経験がありますが、害虫の被害が大きく (カミキリムシ)、その後栽培を断念しましたが、 "激甘イチジク" との見出し文句に釣られた 言わば衝動買いです。

バナーネ (Banane)

木で熟した少々軟らかくなった実を23日に収穫しました。 勿論採り頃がありますが、ここまで完全に熟成した果実は店頭には出せませんねぇ… バナーネは夏果と秋果と二度生りします。 夏果は果重150g~300g 秋果60g~110g位になるとは説明書曰く、色々栽培条件にもよりますが、果たしてそんなに大きな実になるのか疑問です。 それでも鉢植え時より大きくなりました。

糖度

果物は甘みばかがとかく優先されがちですが、やはり甘みと酸味の調和された果物が本当の美味しさです。 その点このバナーネは、まさに甘みばかりが優先されたようなイチヂクですね。 ねっとりとした食感と、口の中で粘り付くような強い甘み、喉越しに刺激があるほどの糖度です。 糖度と甘みの違いは微妙で、糖度はブリックス (brix:Bx) と呼ばれることもありますが、意味するところは同じで、単位は、”度”あるいは”%”で表わされます。

どの部分で実際は糖度を計るのか分かりませんが、 の写真の部分から採った果汁の糖度値です。 実の先端部分は特に甘く、木の柄近い方は甘みが薄くなります。 そのまま生食するのも良いですが、何かデザートの加工用に利用すれば喜ばれそうです。

                         にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                    最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 

[ 2012/08/25 07:07 ] 果樹栽培 | TB(0) | CM(2)

きゅうり種は自家採取

きゅうり種採取

我が家では毎年野菜の種は、極力自家採取しています。 特にきゅうりは自家採取種の発芽率は高く、種の保存さえ注意すれば4~5年は発芽しますので、繰り返し使えて安上がりです。

おばけきゅうり

きゅうりは採り忘れると、直ぐに大きく育って硬くなってしまいますね。 そんなオバケになってしまったもので十分、種用に出来るだけ最後までツルに残して置きます。 出来れば腐る寸前まで置けば、より充実した良い種が採取出来ます。 器に種を掻き出して水を満たします。 良い種は底に沈み、浮いてくる軽い種は全て捨てます。 この動作を数回繰り返して、ヌメリや果肉を取り除き後は乾燥させます。 乾燥したらふっくらして、丸みのある大き目の種を残します。

きゅうり種
今回の自家採取した種は、選別して約80粒ほどでした。 これだけあると余りますねぇ

                        にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 

[ 2012/08/22 06:00 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(2)

完熟パッションフルーツ

楽しいパッションフルーツの収穫
我が家に今年8種類のパッションフルーツが揃いました。 日除けを兼ねて棚に這わせたパッションフルーツも、徐々に早く結実したものから果実に色が着き始めました。

 パッシフロラ・エドゥリス .ルビスター

初夏の頃、花が咲く度に毎日人工授粉を欠かさずが日課でした。 パッシフロラ・エドゥリス は特に着果率が高く100%の結実でした。 現在70個以上の果実がぶら下がっていますが、蔓が伸び葉の陰に隠れて今はよく見えない状態です。 果実は1個約80g前後です。

パッシフロラ・エドゥリス (passiflora edulis)

パッシフロラ・エドゥリス (passiflora edulis)は、果実の表皮が赤くなると自然に落果していきます。 この時が熟した目安になりますが、さらに果実の表面にシワが出るまで追熟すると、甘くいっそう濃厚な味を楽しめます。 甘酸っぱい濃厚な味は、何と例えて良いのか言葉に表せませんが、一度好きになると病み付きになる味だと思います。

自然落果後

完熟

デザート

甘酸っぱい濃厚な味と香りは、アイスクリームに乗せて食べると良く合いますね。

                        にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 

[ 2012/08/18 06:00 ] 南国果樹 | TB(0) | CM(15)

グリーンカーテン 八分出来

  グリーンカーテン

パッションフルーツとゴーヤで日除け作りをしました。 昨年は間にアサガオも入れて見ましたが、今年は2種類で生育や日陰具合の様子を確認しています。 植え付けが遅くなった事で、まだ全体的に8分の出来、完成に棚を覆うには後一週間は必要のようです。

パッションフルーツ
南側のダイニングには、竹で3m幅で棚を作りツルを誘引しています。 これから日毎に側枝が発生し、こんもりと茂って来そうな勢いです。 既にこの棚には2種類のバッションフルーツの夏果 (約70個) が現在生っており、早いものでは赤く色づいて来ています。 

パッションフルーツB
5/25日から2ヵ月半を過ぎた今、結構夏の暑い日射しをさえぎってくれています。 プラ鉢に植え付けてから、そのまま地面に置いてあるので、鉢底から根が地中に張っているものと思われます。 そのため水遣りの手間が省け、留守をして枯らしてしまう心配もありません。 もともと水切れにも耐える南国フルーツで、耐寒性は若干弱いものの暑さには滅法強い植物です。

ゴーヤのグリーンカーテン
ゴーやも日除けには多く使われる植物で、実を食用に出来る事から重宝な植物です。 しかし限られたスペースの鉢やプランターでは、畑で栽培するのと違って根が浅く張るので、水切れに弱く水遣りをこまめにする必要がありますね。

                         にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                    最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 


[ 2012/08/12 10:20 ] 付録の話題 | TB(-) | CM(4)

スイカの出来はいかがですか

 今年のスイカ後9個

今年のスイカ栽培は、我が家は小玉2本を植えつけました。 当初20個の収穫予定でしたが、場所の関係で半分にとどめました。 先日初収穫の元成スイカ (中空洞) を試食、出来はいまいちでしたが、天気続きで甘さは十分でした。 現在2種類のスイカ9個が転がっています。

 スイカ4個

 のスイカは品種を忘れましたが、購入苗は小玉スイカ (マダーボール) のはずでした。 しかし現在直径25㎝前後とまだ生育中、昨年も同じ品種を作っているのでこりゃ間違いですね。 このまま行けば10㎏前後にはなるでしょう。 喜ぶべきかほんとにこれは小玉スイカなんでしょうかねぇ? この種のスイカが5個生っていますが、収穫は8月半ば頃になります。

 小玉スイカ

 のスイカは果肉が黄色で、小玉スイカとして購入した苗ですが、現在4個15㎝前後に膨らんでいます。 購入時の写真では丸いはずでしたが、実際に生ったスイカはやや楕円形をしています。 初めて近所にあるS種苗店で買った苗で、ここまで来て今更苦情文句も言えませんが、甘いスイカが収穫出来れば、結果的に許されるんでしょうかねぇ…

  我が家のスイカ畑

                         にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                    最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 

[ 2012/08/04 10:32 ] 野菜栽培 | TB(-) | CM(6)