頑張れパッションフルーツ

       パッシフロラ・アラタ (passiflora alata)

我が家のパッションフルーツも、今年で5種類にまで増えました。黄色い果皮で、酸味がほとんどなく甘いと言う「アラタ」の実は、まだお目にかかった事はありませんが、運よく花を見る事が今年の夏に出来ました。花は他のパッションフルーツに比べ、派手で大きくゴージャスな花柄です。本来なら寒くなったこの時期になると、気温も下がり花は勿論の事芽の伸びも止まり、葉も黄ばんで屋外では散り始めるのが普通です。

 passiflora alata

 パッシフロラ・アラタ

今年は念願だったビニールハウスを建て、早めに挿し木苗や鉢植えの鉢植えパッションFを取り込みました。11月の半ばを過ぎても日中のハウスの中は、閉切のままだと室温40℃を超えるほどです。入り口と換気の通風孔を全開して温度の調節をしています。その甲斐あってか、今時期に戸外では咲くはずの無い「アラタ」が、現在4個も同時に開花していますが、蕾もツルの先端にまだ次々付けているのが不思議です。ハウスの中と言えども加温設備もない場所、一体何時まで花を咲かせられるのでしょう…

 イエロージャンボ

の写真は「アラタ」と同じく、戸外から鉢植えをハウスへ取り込んだ「イエロージャンボ」です。この時に既に1個果実が付いており、そのままツルをらせん状に巻いて、支柱に絡ませてあります。実の色も良く大きく膨らんでいるようですが、さて収穫までたどり着けるでしょうか?


 パッシフロラ・エドゥリス (passiflora edulis)

 のパッシフロラ・エドゥリスは、パッションフルーツの中でも最もポビュラーな品種で、花付きや果実の付が良く育てやすい品種です。我が家では夏の日除け代わりにネットに絡ませて今日に至っています。しかし秋になって次々に花が咲き、現在14個の実を付けてはいますが、しかし朝晩の冷え込みが日毎に増して、さすがに葉が黄ばんで少しずつ落葉が始まりました。寒さに耐えて戸外で生育出来るのもここまでか… 

 パッシフロラ・エドゥリス

ここまで実が膨らんでいるのに惜しいような気がしますが、今からビニールハウスに取り込むのも、ここまで大きく育っていると少々大変だ…

                       にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                  最後までご覧戴き感謝します。
              ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 


[ 2011/11/30 07:42 ] 南国果樹 | TB(0) | CM(12)

貴重なデコポン

      デコポン

少々読み難い「不知火」(しらぬい) とはこのオレンジの品種名で、「デコポン」 は商標名との事だそうです。 あの有名なメロンでも「夕張メロン」 は商標名で、「夕張キング」 が品種名のように、今迄知らずにいました。 最近スーパーの店頭で並べられた実の付いた果樹「デコポン」を、1400円と安いので、また衝動買いしてしまいました。  当初10個付いていた実は、木に負担がかかるので3個を残し摘み取りました。 現在10号の鉢植えにしてあります。 既に黄色い果実は少々酸っぱいものの、味が濃くて甘味も強く美味しく食べられました。

       3年目のデコポン

の写真は既に三年前に購入した「デコポン」で、地植えにして育てているオレンジです。 今年初めてこの木に生った貴重な2個の「デコポン」です。 

       色付きました

テニスボール程に膨らんだ果実も、朝晩の冷え込みから日毎に表皮が黄色くなって来ました。 不知火(デコポン) の来歴は、みかん「清美」に「ポンカン」を交配して育成された交雑種だそうで、酸味と甘味のバランスが大変良い美味しいオレンヂで、楽しみな収穫が待たれます。

                       にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                  最後までご覧戴き感謝します。
              ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 



[ 2011/11/23 20:48 ] 果樹栽培 | TB(0) | CM(2)

ドラゴンフルーツ初収穫

   ドラゴンフルーツ収穫

一般的にまだ珍しい南国の果物、我が家で育て結実したドラゴンフルーツ (レッドドラゴン) の果実収穫時期がやって来ました。 開花し結実してから50日を過ぎ、外皮もすっかり赤くなりました。 初めての収穫で期待と不安が入り混じっての収穫です。

切り取り

以外に果実がしっかり枝について簡単には取れません。 カッターナイフで切り取ります。

   果肉は真っ赤

収穫した果実の重さは180グラムで、果肉は想像以上に鮮やかで赤く、二つ割にした切り口からは果汁が滴るほどでした。 見るからに甘そうに見える。 糖度を計って見ると思いの他低く、僅か10度と言う糖度であり、食した感想は癖の無い寒天に、少々甘味を加えたような印象でした。 食した後の口の中は赤く染まるほどで、ポリフェノール多く含んでいそうです。

イエドラゴン

 の写真は事を同じくして、沖縄から通販で取り寄せたイエロードラゴンです。 このドラゴンフルーツを初めて食した感想は、ほのかな甘味とジューシーな果実で、とりわけ美味しいと言うものではありませんでしたが、糖度はレッドドラゴンより若干高く12度ありました。

                       にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                  最後までご覧戴き感謝します。
              ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 


                             


[ 2011/11/07 07:15 ] 南国果樹 | TB(0) | CM(12)