魚の燻製

 燻製

趣味の園芸も少々ネタ切れで、釣りを含めて燻製の話題を取り入れました。 食物を長期保存するために色々な方法が昔から成されて来ました。 干物よりも更に保存性を高めるために考え出された知恵が燻製です。「脂の酸化防止」や「細菌の発生防止」これを解決してくれますし、燻製にしかない独特の風味や味わいは格別です。 燻製の製造は大きく分けて、低温で長時間燻煙する「冷燻」少し温度を高めて短い時間で燻煙する「温燻」80度以上の高温で短時間いぶす「熱燻」この三種があります。 今回は誰でも出来る簡単な「温燻」です。 自己流で全くの素人が作る燻製ですから、出来上がりも少々不安があります。

 材料調達

10/26日・27日に釣行、今回も投げ釣りで二日間の釣果は、イシモチ6尾・キス1尾・ヒメジ1尾でありました。 25㌢オーバーは塩焼きにしいただきました。 白身で淡白なイシモチは実に美味しい魚です。 残り小さめのイシモチ3尾とヒメジ1尾を燻製の材料としました。 エラとお腹を丁寧に取り去り良く水洗いし、強めの塩水に30分程漬け込み、吊るして天日干ししました。 本来正しい下ごしらえの仕方があるのでしょうが、全く適当な仕込み方です。 ちなみに写真の小出刃包丁は、以前グラインダーでヤスリを加工した自作のものです。 刃が12㌢程で使い易いのですが、ハガネばかりで硬過ぎ欠け易いのが欠点です。 柄の部分は竹で出来ています。

        準備完了

さて半日以上も天日に干して置くと、写真のような半生の状態に仕上がっています。 燻製器は昔釣具やで買った古いもので、高さ40㌢幅が22㌢の角型で、扉と上のフタが開けられるようになっており、中は吊るす網と置く網が付いた簡単なものです。 いずれ慣れて来たら大きな燻製装置を自作するつもりです。 今回の「温燻」程度の温度なら、あり合わせのダンボール箱でも充分間に合います。 燻すチップは魚類用と肉類用で色々使い分けるのですが、以前買ったチップが沢山残っているので構わず使いました。 別に煙が出れば良いので、油気の無い木材を乾燥させて使ったりもします。 我が家ではハーブ類も枯らせて使いました。

 スモーク開始

いよいよスモーク開始です。 魚を間隔を置いて吊り下げます。 既に底に置いた容器には着火した炭火が入れてあり、その上の皿(菓子の空き缶のフタ)に、チップをばら撒いてあります。 扉を閉めるとチップが焦げ、モクモク煙が容器の中に充満しています。 30分も過ぎる頃には中の魚の水分や油分が滴り、外に香ばしい香りが漂って来ました。 50分も経てばもうすっかり熱が身に通って出来上がり状態ですが、最後にチップ皿にザラメ(砂糖)を一掴み放り込みます。 これによってあめ色に仕上がって出来栄えが良く見えます。

 完成

イシモチの燻製が出来上がりました。 さて照りの出たイシモチの試食タイムです。 感想はと言いますと… こんな雑な作り方でも先ず美味い!の一言、ビールや酒の肴にぴったりですねぇ♪ 残念な事にもっと燻製時間の短縮と、塩気が薄かったのが反省材料です。 これからは魚屋で新鮮な魚介類を見付けたら、何でも燻製材料にして、手当たり次第スモークしちゃいます。 一度始めると奥が深く、ドップリはまりそうですねぇ。 昔は肉のブロックを買って来ては、下手なハムも作りましたし、大根も(イブリガッコ)燻製にしたのを覚えています。

                        にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                  最後までご覧戴き感謝します。
              ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 


[ 2011/10/30 15:17 ] 付録の話題 | TB(0) | CM(4)

レッドドラゴンの記録

  レッドピタヤ

待ちに待ったドラゴンフルーツ(レッドピタヤ)、外皮がやっと色付いて来ました。 勿論我が家で素敵な花を見たのも、果実を見るのも収穫する事も初めての経験です。

 蕾

8/26日 蕾が見られたのはこれが2度目、最初は途中まで蕾が膨らみ花を見ずに萎んでしまいました。 1度目の失敗からとても開花するまで行かないと、大方期待はしておりませんでした。 しかし良い方に期待を裏切り、日毎に蕾が膨らんで来たではありませんか… そして9/11日の満月の日を迎え、純白の大きな花を咲かせました。 それは感動の瞬間でした。

 結実

開花時に駄目もとで一応受粉させておきましたところ、何とそれが功を奏して結実しました。 やがて花柄が落ち果実が少しずつ膨らみ始めます。 約40日経過で果実の外皮が徐々に赤くなり始めました。 ドラゴンフルーツとは、一体何時が旬なのかこれも不思議です。

 色付くドラゴン

まだ収穫までには至りませんが、果実全体が色付くのも間近でしょう。 蕾が出来待望の花が咲き、受粉にまさかの結実と収穫間近までの記録を載せて見ました。

                       にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                  最後までご覧戴き感謝します。
              ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 


[ 2011/10/27 17:08 ] 南国果樹 | TB(0) | CM(4)

開花間近皇帝ダリア

         皇帝ダリア

皇帝ダリアはキク科の植物で、別名木立ダリアとも言うそうです。 開花時期 11月(霜が降りる前まで) 成長すると3~4mほどになる大型ダリアです。 我が家のダリアは現在3m弱ですが、日が短くなると開花する「短日性」で、花が咲いた後冬は地上部が枯れ、春に新芽が芽吹きます。 名前の由来 「ダリア」(Dahlia)は、18世紀のスウェーデンの植物学者「Dahlダール氏」の名前にちなんで付けられたそうで、「皇帝ダリア」は、樹木に劣らぬ立派な幹をピンと伸ばし、威風堂々と見上げる姿からの命名です。 それにしても伸びる伸びるは驚きです。

 宿根草

以前も育てた事のある皇帝ダリアですが、冬の寒さで枯死させてしまいました。 こちらへ越して偶然スーパーで見掛けた事から、10㌢ほどの小さな苗を買い植えつけたものです。

 皇帝ダリアの蕾

見る見る成長を続け今では3m弱、まるで竹が生えているような感じです。 来月花の少ない寒くなる時期に、見上げるばかりの高いところで開花します。

                        にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                  最後までご覧戴き感謝します。
              ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 



[ 2011/10/23 18:28 ] 草花栽培 | TB(0) | CM(6)

バナーネの秋果

         いちじく(バナーネ)

我が家で2鉢育てている鉢植えいちじくロングドゥート(バナーネ)が、9/9日に夏果2個を収穫後10/1に1個、そして本日2個で合計5個目の収穫となりました。 やはり秋になると50g~60gと、夏果に比べ小振りになりました。 しかしこの後も順次果実が膨らみ色付いています。 数は少ないものの、まだしばらくは収穫が出来そうです。

 完熟

一週間前より温室に取り込み、朝晩の冷え込みから守っています。 そのせいか果実の熟し方が早まって来たような気がします。 敢えて木で完熟させてからの収穫で、甘味が強く感じられます。 既に熟した実を収穫すると、マシュマロを触るような感触です。

 糖度18度

二つ割にすると中からトロッとした果汁が滴り、見るからに甘そうないちじくです。 糖度を計るため果汁をスポイトで吸い取り、計測して見ましたところ、意外に思ったほどの糖度がない。 糖度は18度でありました。 10/1日収穫の第3果の糖度は21度あり、これはかなり甘くねっとりした感じでした。 肥料や日照時間に温度などの影響のせいでしょうか…

                       にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                  最後までご覧戴き感謝します。
              ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 




[ 2011/10/20 07:15 ] 果樹栽培 | TB(0) | CM(12)

投げ釣りで海の幸

   投げ釣り

果樹野菜と園芸から少々かけ離れた記事を載せ恐縮ですが、宜しかったらご覧下さい。 埼玉から千葉県のこの地に移転して早1年、海に近い場所でもあることから、若い頃から好きだった海釣りへ、久しぶりにこの地へ越して初めての釣行です。 何せ10年ぶりでもあり釣具も古くさび付き、おまけに腕の方もすっかり錆び付いています。 野菜作りとは勝手が違い、釣果のほどは全く自信も無いままに、10/12日午前9時我が家から車で10分の白子海岸に到着、夏は海水浴で賑わうこの場所も、散歩をする人や釣り人の姿を見る以外、今は閑散として人影もまばら、波の音だけが聞こえる海辺でした。 釣り餌を現地で調達 さぁ 釣り開始です。

 第1投目

視力も落ちた昨今 (釣り人は老人rick papaです) 餌付けさえ間々ならず、はやる気持ちを抑え10年ぶりに竿を振りかざす。 体を捻りながらの第一投、気持ちよくシュルシュルとリールから糸が送り出される。 何と1投目から竿先にブルルッと魚信が伝わって来た。 この感触が釣り人を魅了するんですねぇ。 たまには夢中になれるこんな時間もいいもんです。

 イシモチとシタビラメ

10/12日~10/13日の2日間の釣果は、イシモチ(1)・シタビラメ(1)・カイズ(1)・ヒメジ(8)・その他雑魚(8)にフグ2匹でありました。 シタビラメの30㌢は厚みもあって意外に大きい。 これで夫婦二人の晩御飯のおかずは確保出来ました。 午前中の3時間を十分楽しめました。

 クロダイとヒメジ

下処理を済ませ3%の塩水に一時間漬け、干しカゴに入れ1日天日干し乾燥です。 ほど良く水分が抜けると、干し物独特の良い香りがして来ます。 適度な塩気で後はあぶって食べるもよし、燻製にするもよしです。

                       にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                  最後までご覧戴き感謝します。
              ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 






[ 2011/10/16 08:12 ] 付録の話題 | TB(0) | CM(12)