パッションフルーツの味

       追熟5日目のパッションF

パッションフルーツ (クダモノトケイソウ) を、前回に続き紹介させて戴きました。 収穫した果実を数日間追熟し、表皮にややシワと果実から出る香りが目安で、いよいよ楽しみな試食の時がやって来ました。

  パッションFジュース

2つ割にした果実からは独特の香りが漂い、濃厚な果汁が滴り落ちるほどです。 興味と期待感でスプーンでまずは一口、トロッとした甘酸っぱい香りと濃厚な味は、何と例えればいいのでしょうか… 初めての不思議な食感と味は言葉に言い表し難いです。 若干酸味が強いのと小粒で硬い黒い種が少々口の中に違和感があります。 慣れればキウィのようにそのまま種を飲み込んでも大丈夫ですし、濾器で種を取り出せば立派なジュースの出来上がり、数倍に薄め砂糖やハチミツをを加え美味しくいただけます。 好き嫌いはあるでしょうが、大人の味とでも言いましょうか、試食結果私自身はなかなか美味しい果物との判断でした。
 
   パッションFの種

黒い1~2㎜の小粒の黒い種は硬く1つの果実から沢山取れます。 取り出した種は細めのザルで果肉やヌメリをよく洗い流し、水を張ったボールに移し浮いてくる種は全て捨て、底に沈む種だけを選り分けます。 この種を蒔けばよく発芽すると聞いていますが、 しかし種蒔きより挿し木の方が早く花を咲かせられます。

                         にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
      本日もお越し戴き感謝します。ぜひポッチンと押して戴けると更にさらに嬉しいです。 


[ 2009/08/24 08:59 ] 南国果樹 | TB(0) | CM(28)

パッションフルーツを育てませんか

     Passionfruit_20090818200251.gif

前回6/18日に 「鉢植えパッションフルーツ」 で紹介しました其の後の様子です。 約2ヶ月が経ってようやく果実が赤くなり、初めて生った6個の実が熟し内4個が自然落果を迎えました。 パッションフルーツ (クダモノトケイソウ) には色々種類がありますが、花を観賞するのが目的で、他花の花粉を必要としたり結実し難い種類もあります。 我が家のパッションFは、開花時に受粉さえしてやれば単体で良く結実します。

     完熟

大変成長の早いパッションFは、前年度春に挿し木した苗を上手く育てると、翌年初夏には早くも花を咲かせ、果実を収穫するまでにもなります。 事実我が家のパッションFがまさにそれです。 この果実をしばらく追熟させから食べるのですが、実は rick papa は今回が初めてで、まだその味を全く知りません。

    挿し木苗

初夏に掛けて旺盛に延びる込み合った蔓を整枝、捨てるべく枝を試しに葉を2枚~3枚付けた枝を、赤玉土に挿し木して日陰に置きました。 忘れ掛けた約半月を過ぎた頃になって思い出し、挿し木した鉢から静かに抜いてみると、写真のようにしっかり発根していました。 この苗を今年いっぱい養生して育てると、また来年か再来年には花と果実を楽しめるでしょう。 寒さに若干弱いようで室内の取り入れが必要かも知れません。 もし試しに栽培してみたい方が居られましたら、ある苗を3名様にご連絡戴ければ差し上げます。

                           にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
      本日もお越し戴き感謝します。ぜひポッチンと押して戴けると更にさらに嬉しいです。 


[ 2009/08/18 21:06 ] 南国果樹 | TB(0) | CM(24)

ぶどうの季節

 ぶどうの季節

日除け代わりに育てたぶどう 巨峰) が、今やスダレからヨシズに変ったようです。 ここ数年管理や養生手入れを怠り大粒のぶどうは収穫出来なくなりましたが、それでも毎年房を付けています。 ぶどう棚がないので2階ベランダの支柱に横棒二段を取り付け、貼り付けるように仕立ててあります。 素人のぶどう栽培ですが、こんな簡単な工夫をすれば、何処のご家庭でもブドウ栽培が出来、居ながらにしてぶどう狩りも楽しめます。

  巨峰

  ぶどうの木

リンゴの木の横に当初仮植えした巨峰も其のまま10年を経過、今ではとても移植が出来ないほど根
を張り居座っています。 

  一昨年の巨峰

                            にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
      本日もお越し戴き感謝します。ぜひポッチンと押して戴けると更にさらに嬉しいです。 
[ 2009/08/11 21:53 ] 果樹栽培 | TB(0) | CM(20)

きゅうり自家採種

  imageきゅうり種採取

果菜の中でもきゅうりの自家採種は比較的簡単に出来ます。 自己流種取りを紹介します。 取り忘れると直ぐに大きく育って食べ頃を逸してしまうのもきゅうりですが、それほど成長が早く収穫の最盛期は、毎日見回る必要があります。 拘る必要はありませんが、出来れば種にするきゅうりは1果目以降で、2~3果目のきゅうりが種数も多く過去良い結果のようでした。 種取りに目星を付けて表皮が黄色くなるまで放って置きます。 

    完熟きゅうり

全体が黄色くなってくるとやがて先端部分が触って軟らかく感じます。 中身が熟している証拠です。 きゅうりがとろけて腐って来るまで置けば完璧ですが、前述の状態で種は充実したものが採取出来ます。 1本もあれば良い種だけ選別してもかなりの種子が取れますし、2~3年間保存しても充分発芽してくれます。

 自家採種

収穫したきゅうりの成育状況や状態で種数はそれぞれ違いますが、2つ割にしたきゅうりの中身をザルに掻き出し、流水で良くもみ洗いしながら、果肉や綿状の繊維質を取り除きます。 簡単に浮いて来るような種はまだ未熟で総て洗い流します。 ヌメリが取れ残った種をボールに入れ、さらに静かに水を上から流し入れ、早くボールの底に沈んで行く種だけを残すように選別します。 こうして選り分けた種子は、ふっくらとした丸みのある物だけが残るはずです。 後は日陰で2日~3日くらい乾せば発芽率の良い種の出来上がりです。

     発芽テスト

今回採種したものはF1品種のきゅうり (シャキット) で、2本の種きゅうりから約120粒程の種子を採りました。 過去の経験を振り返って見て、一代交配種の種ですが翌年似たようなきゅうりを収穫してます。 ただイボイボが特徴のきゅうりが二代目三代と目と続ける内に、イボイボの占める割合が少なくなって来るようでした。 実際に採取した種をテストで即蒔いてみました。 今時期なら3日で発芽して10日でこの通りです。

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
      本日もお越し戴き感謝します。ぜひポッチンと押して戴けると更にさらに嬉しいです。 


[ 2009/08/08 22:25 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(6)

正体はメロンでした

 メロン又はスイカ?

昨年我が家で美味しく食べたメロン3種の種を採取保存し、今年春に種蒔きし苗を作ったのがアールスメロン・キスミーメロンと夕張メロンです。 何れも F1(一代交配) 種の種ですから、親と同じものが出来ない仕組みになっています。 植え付けに当たっては寒冷紗で覆った簡易トンネルに、透明ビニールを更に覆い雨をしのぐ簡単なものです。 自家採種からの苗はアールスと夕張の他に、小玉スイカと黒玉スイカも作り、其の他購入苗でニューメロンとマクワウリも畝幅90㌢に、1㍍間隔幅で今年5月同時に計7本を植えつけました。 トマトの植え付けやら管理に追われ、肝心なメロンとスイカはつい放任状態で、何時の間に横開きしたトンネルをツルが這い出し、互いに重なり合ったツルは四方に広がり、気が付いた時点ではもう収拾の付かない状態でした。

 夕張メロン3

そうした中でトンネル内でメロンが勝手に生長していました。 7/11日  『ネットメロンできたどぉ!』  で既に紹介したスイカともメロンとも付かない実がこの時出来ていました。 アールスメロンもネットが入り、其の横で得体の知れぬ果実もかなり膨らんでいました。 そんな折  「HIDEの家庭菜園でメロン栽培に挑戦!」  メロンに詳しいサイトのhideさんから嬉しいご意見を戴きました。  どうやら夕張メロンの 祖先返りかも? まさに結果は其の通りでした。 緑で縦じま模様のラグビーボールのような物体、今やすっかり黄色く色付きました。 収穫当日トンネルを除いて見ると、既に黄色く熟した実から辺りに甘い香りが漂っていました。

 夕張メロンA

正解は正真正銘の 「スパイシーカンタローブ」 と言う赤肉メロンで、夕張メロンを検索すると品種は「夕張キング」、「スパイシー・カンタロープ」(父)と「アールス・フェボリット」(母)を交配した赤肉のメロンで1961年に誕生… と記されておりました。 4~5日の追熟にほのかな甘い香りが漂い、さて期待と不安と興味が入り混じって入刀… おぉ~! 形と甘さこそ違え、トロッとした食感と品の良い甘さは、昨年食べた夕張メロンそのものだった。 早速種を採取して置きましたが、この種から苗を育てたらまた同じものが出来るでしょうか…

 アールスメロン3

  アールスメロン

アールスメロンは一足先に収穫し、追熟の後に戴きましたが、ジューシーとは言いつつも甘味がイマイチでした。 しかし趣味でネットメロンを育てる上では、後の栽培に参考と教訓を得て大変勉強になりました。

  黄色小玉すいか

                           にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
      本日もお越し戴き感謝します。ぜひポッチンと押して戴けると更にさらに嬉しいです。 


[ 2009/08/05 09:50 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(27)