りんご【デリシャス】

  redsperdelicious.gif

【林檎デリシャス】 5/22日に 「林檎の子供だよ」 で紹介してから1ヶ月以上が経ちました。 其の中でレッドスパーデリシャスの其の後を取り上げました。 我が家にゴールデンデリシャスとレッドスパーデリシャスの2種類がありますが、デリシャス系の林檎の特徴は、お尻がちょこっと尖ったような形をしています。 りんご栽培には凡そ過酷な気象環境の我が地域にも関わらず、毎年頑張って実を付けてくれるレッドスパーデリシャスは優等生です。 今年は昨年生らせ過ぎから隔年結果でお休みの年、僅か15個と言う寂しさです。 ちなみに昨年はデリシャスだけでも350㌘前後のりんごが55個生りました。 ジャムにしたりアップルパイに干しリンゴと、家族で幾らかじってもジュースにしても自家用では消化仕切れませんね。

  redsperdeliciousA.gif

 5/22 日には2.2㌢だった小さな実も、現在は5.3㌢にまで実が膨らんで来ました。 形だけはすっかりりんごらしくなって来ましたよ。 表皮の汚れや虫食い防止の他、収穫前に赤く奇麗に色付けする為の袋掛けがしてあります。 以前はりんご専用の袋を購入していましたが、狭い我が家の庭でりんごだけでも過去平均200個以上が生りましたので、架け替えする袋代費用もバカになりません。 今は当初に戻って廃物古新聞紙で大中小の袋を冬場に作って置きます。 果実の肥大に合わせ収穫まで3回の袋を掛け直します。 

  redsperdeliciousB.gif

 そんな思いをしてまで何故りんご栽培なんかするの… ただ単に趣味と道楽なんですよ。 りんごには語り尽くせないほどの懐かしい想い出が rick papa にはあるんですねぇ…

     ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
 本日もお越し戴き感謝します。おついでにぜひポッチンと押してね 
[ 2008/06/29 12:31 ] 果樹栽培 | TB(0) | CM(14)

すももが色付く

  すもも

すもも(ソルダム) の実は徐々に表皮がほんのり色付いて来ました。 既に5/23日に ソルダム を紹介してから1ヶ月以上が経った我が家のすもも其の後の紹介です。 当初より小粒になりましたが、ピンポン玉より一回り上の大きさです。 7月の中頃が完熟期を向かえ収穫になりそうです。
 
  すももA


  ソルダムB

 本来果樹栽培出来るような広い畑であれば、果樹自体の枝を開平型に低くして、日光を平均に当てるようにしたかったのですが、何せ狭い庭の一部分での栽培、実の生る場所によってそれぞれ色付きが大分違います。 日の当たる上の方から早いものは熟し始めているようです。 まだ果実は少々硬めですが、かじって見ると甘みも出ています。 

  ソルダムC

     ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
 本日もお越し戴き感謝します。おついでにぜひポッチンと押してね 
[ 2008/06/26 18:23 ] 果樹栽培 | TB(0) | CM(26)

南国フルーツ

南国フルーツ は昨色々な種類がお店に並ぶようになりました。    前回に引き続き我が家で現在育てている 南国フルーツ 7種の紹介です。 rick papa が子供の頃はバナナにパイナップルと言えば、お金持ちの人が食べる果物と相場が決まっており、庶民的なフルーツではありませんでした。 ましてやパパイヤにマンゴーともなれば絵本の中で見るくらいのもので、大人でも見た事も聞いた事も無い人さえいる世の中でした。 今ではパパイヤをスーパーの特売で150円也で売り出しているものさえ見かけましす。 お手頃価格で食べられるデザートとしての果物、食べた後に出る種は大体が捨てられる運命ですが、ちなみにパパイヤの種を蒔いたら、僅か2週間程でゾロゾロ芽が出て  の写真のような幼苗になりました。

  パパイヤ1

 は昨年蒔いた実生のパパイヤですが、寒さに若干弱く冬越しで僅か1本残ったものです。 管理次第ではもっと成長するそうですが、現在樹高が30㌢です。 

  パパイヤ2

 アボカドは比較的寒さに耐える植物で、葉が良く出て現在の樹高は40㌢になりました。

  アボカド

 マンゴーも何とか寒さに持ち堪えますが、管理不足で元気なく成長ストップであります。

  マンゴー

 は寒さに強く、真冬でも室内で管理すれば新しい葉が絶えず出て来ます。 その割には背丈が伸びないのは何故なのか? 樹高は22㌢しかありません。 比較的簡単な南国フルーツ栽培が出来ます。

  ライチ

 ミラクルフルーツの実を食べると、酸っぱいものが酸っぱく感じなくなる… と言われる植物で、温度7℃以下では枯れると説明書には書かれてましたが、実際にこの冬室温5℃に下がった日が何日もありました。 葉の縁が少々枯れてますが何とか生き残ってます。 ちなみに通販で2700円で購入したものです。

  ミラクルフルーツ

 我が家に来てから2年目になるドラゴンフルーツ、園芸店で350円也で買ったときは、僅か10㌢程の小さいトゲトゲのサボテンでありました。 実が生るのは何時のことやらさっぱり分かりません。

  ドラゴンフルーツ

 お馴染みパイナップルですが、昨年冠芽を挿し根付かせたものですが、土が悪いのか管理が下手なのか、期待してるのに一向に伸びもせず変化無しです。

  パイナップル

     ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
 本日もお越し戴き感謝します。ついでにぜひポッチンと押してね 

[ 2008/06/24 21:02 ] 果樹栽培 | TB(0) | CM(31)

スイカの気持ち

スイカ栽培 はプランターや鉢でも出来る事から、最近何方も手掛けるようになりました。 条件さえ整えば決して難しいものではありません。 ここでは素人が 自己流スイカ栽培挑み、それでも甘いスイカが収穫出来た経験と新たな挑戦を綴って見ました。  今年は全部で7本の西瓜を育てています。 内3本は黒スイカ大玉苗1本と小玉苗2本の購入苗です。 @198円×3本で計594円也の苗代でありました。 其の他4本は昨年食べたスイカの種を保存して、今年春に蒔きして苗を作ったものですが、大玉と小玉苗の区別がつかなくなりました。 食べた後のスイカの種も発芽すれば、こんなに立派な苗に成長しますよ。

  西瓜

 スイカ苗を植え付けてから本葉が6~7枚になった頃、可哀相ですが葉を残し親ヅルを摘心してしまいます。  雄花と雌花が同時に咲くようにするための準備で、この作業が後々になって大変大切な事だと分かります。 摘心してから約2週間後、どの苗からも残された葉の付け根から子ヅルが発生し、元気に伸び始めました。 その子ヅルの中の強そうなツルを3~4本残し後は切除し、只今子ヅルを延ばしている状態です。

  黒大玉西瓜

 こうして同じような子ヅルが何本もありますから、花が咲く時は沢山揃って雄花雌花が同時期に開花するようになる訳で、受粉も確実に出来る事になりますよね。 我流栽培法ですが健康優良児で育ってます。

  黒小玉すいか

 こちらは昨年自家採取した種から得たスイカ苗4本です。 葉や花を見ただけでは全く品種の区別は出来ませんね。 何より購入苗との成長過程も同じで、すくすく順調な成育です。 まだ各子ヅルが成長始めたばかりで、花のつぼみはこれから沢山出来てくるでしょう。 結果は出来て見なければ分かりませんが、エリートな購入苗と自家採取した種から育ったへっぽこ苗とはどう違うのか… へっぽこ苗にも意地がある! 大きくなって収穫して見ればスイカの気持ちが分かるかも…

  大小すいか

     ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
 本日もお越し戴き感謝します。ついでにぜひポッチンと押してね 
[ 2008/06/21 20:44 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(26)

メロンは語る

メロン(Melon) は果物か野菜なのか、さて考えた事がありますでしょうか… 誰だってメロンは果物だと思ってますよね。 しかし調べて見ると、農林水産省ではメロンやスイカ・イチゴを 「果物」 と限定せずに 「果実的野菜」 として分類しています。 別にどっちでも良いのですが、ここでは果物として扱いますよ。 メロンの栽培は始めての経験ですが、昨年スイカ栽培は経験しました。 今回のメロンはアンデスメロンとキスミーメロンの2品種を栽培しています。  種を明かせばこのメロン苗の入手経路ですが、先に紹介したように昨年食べたメロンの種を保存し、今年春蒔いて苗を作ったものです。

 melon.gif

 さて問題は果物や野菜から自分で採取した種で栽培し、果たして同じものが出来るかどうか?  これも調べて見ると… 現在の野菜や果実の種は F1 品種と言って、親と同じものが出来ない仕組みになっているそうです。 以前北海道産栗カボチャの種で、2本程実際に畑で栽培した事があります。 ツルが絡まってどちらか判別は出来ませんが、全部で7個のカボチャを収穫しました。 其の内の2個が姿形は悪いものの間違いなく栗カボチであり、残りは同じ煮方をしてもグチャ付いたカボチャでした。 自家用で楽しみ味合うものですからさして期待はしてませんが、どんな実が付き大きくなるのか、先行き結果はメロンが語ってくれるでしょう…

 めろんB

 5本のメロン苗は僅か2週間で摘心後に子ヅルが発生して、ご覧のようにトンネル内はラッシュアワー並みに混み合って来ました。 葉を見るとスイカと違いカボチャみたいに丸型ですね。

 melo1.gif

 花はまだ少なくこれからですが、雄花雌花が各ツルから咲き出せば、受粉作業が待ってます。 この勢いでツルが延びてますから、きっと何個かメロンは出来るでしょう…

 melon2.gif

     ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
 本日もお越し戴き感謝します。ついでにぜひポッチンと押してね 
[ 2008/06/19 17:03 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(16)