ぶどうの花穂

ぶどう の栽培は初めてではありませんが、当初美味しい果実を収穫するのが目的ではありませんでした。 この地に来てから夏の日差しが大変強く、日除けとしてスダレ代わりにツルを誘引したのが始まりです。 元々どの果樹の栽培も全くのド素人で、参考書や人様の栽培を見よう見真似で戴くのと、独自の栽培法から得た知識だけで今日に至っています。 勿論店頭に並ぶような立派なぶどうには到底及びませんが、しかしこんないい加減な栽培でも毎年甘い実を付けてくれるんですから嬉しいですねぇ… 肥料の大半はお勝手で出る生ゴミ堆肥でを埋め込んでいます。 それが甘さの秘訣かな…  ぶどうは挿し木でも梅雨時期なら取り木でも種からでも簡単に増やせますし、鉢植えでも栽培出来る果樹ですから何方でもお試しを…

  巨峰

 は春新芽が出てから1ヵ月半の花房の姿です。 花と言うか実と言うのか言葉で説明のし難いぶどうの花穂ですが、早い話がぜんぜん面白みのない花です。 特に大粒の巨峰は花の咲く前後に、花穂の摘果が後の実を止める大切な作業なのですが、何せズボラな栽培者は目の前にありながら忘れてしまいます。

  巨峰の花穂

 は鉢植えにされたデラウェアの花穂ですが、まるで線香花火のようにパチパチした花です。

  デラウェアの花穂

 は階下より2階のベランダ手摺まで、本線の幹枝から三段にツルを誘引した様子ですが、この通りぶどうは這わせるといい気になってツルを延ばして行きます。 物干し竿に rick papa の船釣り竿まで総動員して、何とかツルを収めているような始末です。 

  キョホウC

 これが出発点の巨峰の樹です。 ここから物置横を通り、庭を数メートル経てベランダへ延びています。 後ろに見えるゴツゴツした太い木はリンゴふじですが、何度も太い枝を切った痕がコブのように凸凹しています。 改めて見ると痛々しいですねぇ… 

  キョホウD

     ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
 本日もお越し戴き感謝します。ついでにぜひポッチンと押してね 
[ 2008/05/31 16:13 ] 果樹栽培 | TB(0) | CM(24)

竹島百合

ゆりには色々な種類が多くありますが、我が家にある3種の中のタケシマユリを紹介します。 竹島に源を発する百合と聞きました。 今は亡き叔父から土産に貰ったもので、7年経っても花が増えも減りもせず、毎年この時期になるとすももの木の下で花開きます。 黄色いやや分厚い6~7㌢の花弁が、反り返って咲く地味なゆりであります。 

  竹島百合


  タケシマユリA

     ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
 本日もお越し戴き感謝します。ついでにぜひポッチンと押してね 
[ 2008/05/30 09:18 ] 草花栽培 | TB(0) | CM(14)

玉葱の収穫

玉ねぎ 栽培は今年で2年目です。 一昨年は玉ねぎ苗は園芸センターで200本購入し植え付けましたが、翌年になって玉が膨らみ始めた寸前、植え付けた半数以上にトウ (ネギ坊主) が立ってしまいました。 収穫の時期を待たずに大半を抜き取る結果となり、悔しいかな大失敗に終わりました。 これは苗を売るために種蒔きが早過ぎた苗で、逆に遅過ぎた苗は霜の害を受けたり育ちが悪くなります。 苗を見ただけでは分からないんですよねぇ。 そんな経験から自分で種蒔きから苗を400本作りました。 トウが立ったのは僅か全体で20本位で済み、今年は結果的にバカ採れの大正解でした。 ちなみにトウ (ネギ坊主) が立ってしまった玉ねぎは、玉葱の芯が花の方に栄養を取られ、玉の中がスカ付いて来たり固くなりますから、早抜きして利用するしかありません。 玉ねぎの種蒔き適期は地域にもよりますが、9月になってから僅か10日間位しかありません。 早過ぎても遅過ぎても収穫に影響が出るんですねぇ…
  
  たまねぎ

 玉葱の収穫の目安は、作付けした玉ねぎが自然に倒れるのを待ち、7~8割がた倒れたのを見計らってから収穫します。 右側に倒れている細いネギはワケギですが、これも同じく掘り上げる時期が来ました。 玉ねぎは2ヵ所に分けて植えましたが、こちらには100本強ができてます。 

  タマネギB

 こちらは300本の玉ねぎを植え付けた場所です。 腰にきてるぅ… さすがに400本も抜くと疲れますねぇ! 計量して見ると1個が平均が350㌘前後もあり、中玉としてはまぁまぁの出来と自己満足してます。 このままここに放置して2~3日間天日干し、葉を乾かし茎が柔らかくなるのを待ちます。 ところでこんなに沢山どうしよう… あぁ! また思案橋ブルースが聴こえて来る…

  タマネギA

     ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
 本日もお越し戴き感謝します。ついでにぜひポッチンと押してね 
[ 2008/05/28 18:45 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(8)

あけびの実

あけび の鉢植えを前回ブログ アケビの花 で紹介しましたが、あけびは花は咲けども単体ではなかなか結実し難い性質で、三つ葉あけびと五葉あけびを抱き合わせて植えてあります。 しかし我が家のあけびはかれこれ7~8年実を見ていません。 今日ツルの整理をしていて、偶然三つ葉あけびに1個実が付いているのを発見しました。 たかがこんな事で喜んでるのが恥ずかしいようですねぇ。

          あけびの実

 まだ4㌢足らずの小さな実ですが、我が家では久し振りの快挙、どうやら開花中の人工授粉が功を奏したようです。 この実が薄紫色になり、パックリと口を開ける秋が楽しみです。  

 あけびB

     ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
 本日もお越し戴き感謝します。ついでにぜひポッチンと押してね 
[ 2008/05/25 18:37 ] 果樹栽培 | TB(0) | CM(12)

すもものこども

すもも (ソルダム) が開花してから2ヶ月が経ちました。 前回 すももの幼果 を紹介しましたが、本日で早2回目の摘果を済ませました。 幼果から大分実も膨らんで、早口言葉のようですが 「すもものこども」 になりました。 写真では大きく見えますが、まだ2㌢前後の小さな実です。 果肉が赤く熟して来るのは梅雨明けの頃になりそうです。 当初の予想に反して、今年は思いの外沢山収穫出来そうな感じです。

  すもも(ソルダム)


  すもも1


  すもも3

  ここまで大きくなった実を、ボロボロ落として行くのは勿体ないようで忍びないのですが、果実を太らせ大きくて甘い実を収穫するには、どうしても摘果と言う作業が必要です。 このカゴにこれだけいっぱい取りましたが、まだ葉の陰や枝陰に隠れた実を見落としています。 最終的に後一回摘果すればお仕舞いです。 摘果した実は何か利用法はないものですかねぇ… サイトのティーさんが、只今小梅でカリカリ梅を製造中ですが、カリカリすももと言うのはちょと聞いた事がありませんねぇ…

  すもも4

     ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
 本日もお越し戴き感謝します。ついでにぜひポッチンと押してね 

[ 2008/05/23 18:44 ] 果樹栽培 | TB(0) | CM(8)